Aug 07, 2017

ニュース

TOKYO IDOL FESTIVAL2017 奥津マリリ「ここにいる全員のオタクを落として帰りたいと思います」 フィロソフィーのダンス レポート

思想的には「哲学」を、音楽的には「Funky But Chic」をキーワードに活動を行なっているフィロソフィーのダンス。「TOKYO IDOL FESTIVAL2017」3日目、この日最初のライブがフジテレビ本社屋1階広場に設けられたDREAM STAGEで行われた。十束おとは、日向ハル、奥津マリリ、佐藤まりあの4人が登場。白を基調にしたステージ衣装がとても爽やか。「フィロソフィーのダンスです。TIF2017盛り上がってますか?」と煽り、ライブがスタート。

1曲目は「DTF!」。“Don’t think, Feel(考えるな、感じろ)”という言葉がタイトルになっていて、まさに感じるままに楽しもうと呼びかけてくれているような楽曲だ。ステージ上を走り回ったり、観客にウェイブをさせるなど、1曲目にして楽しさをみんなで共有することができた。2曲目に披露したのは「バッド・パラダイム」。ゆったりとしたテンポの楽曲なので、身体を揺らしながら聴いている人も多かった。

 

IMG_9044-2

 

2曲を歌い終わったところで自己紹介タイム。「リーダーの奥津マリリです。ここにいる全員のオタクを落として帰りたいと思います。よろしくお願いします」という奥津の挨拶に会場は大盛り上がり。そしてラストは「夏のクオリア」。夏の海と砂浜が見えてくるような爽やかなサウンドに乗せて、伸びやかな歌声がとても心地よく響いていた。「それでは以上、フィロソフィーのダンスでした」という言葉を残してステージを後にした4人。その魅力的なステージパフォーマンスに奥津の言葉どおり“落とされた”人も多かったはず。

このステージのほか、DOLL FACTORYでのナツ☆イチ!やSMILE GARDENでのsora tob sakanaとのコラボステージ、SMILE GARDENでのアコースティックステージへの日向ハルの出演、SKY STAGEでのライブ、そしてHOT STAGEでのグランドフィナーレへの出演や特典会など、TIF最終日もフル回転で活躍していた。

文 / 田中 隆信
撮影 / 渡辺 愛理