May 10, 2022 news

映画『バブル』宮野真守・梶裕貴・畠中祐・千本木彩花による朗読特別映像が公開

A A

NETFLIX版が全世界配信中の映画『バブル』。5月13日(金)より劇場全国公開されることを記念して、童話「にんぎょ姫」を本作の声優を務める豪華声優陣で読みつなぐ「にんぎょ姫」リレー朗読特別映像が公開となった。

本作の監督はアニメ「進撃の巨人」のアクション映像で瞬く間にその名を轟かせた荒木哲郎。「SPY×FAMILY」のWIT STUDIOが制作を担う、超大型オリジナルアニメで、日本が世界に誇るトップクラスのクリエイターが集結した話題作だ。
今回、公開となった映像では、本作と大きな関わりを持つ「にんぎょ姫」の物語を声優を務めた、宮野真守・梶裕貴・畠中祐・千本木彩花らがそれぞれの想いで読みつないでいる。

なぜ「にんぎょ姫」リレー朗読がなされたかというと、映画『バブル』の世界は荒木監督が描いた「腐敗した東京を背景に、近未来的な雰囲気を感じさせる1人の人魚姫」という1枚のスケッチがアイデアのもとになっているからだ。
そのスケッチから着想を得て、本作の脚本を手掛ける虚淵玄と共に、少女が恋をした末に泡になるという「にんぎょ姫」の物語にオリジナリティを加えた。
そして「ある少年に泡が恋して少女になる」という軸を構築し、「にんぎょ姫」で描かれる王子様とにんぎょ姫にあたる、ヒビキとウタのラブストーリーが描かれた。

映画『バブル』宮野真守・梶裕貴・畠中祐・千本木彩花による朗読特別映像が公開

また童話「にんぎょ姫」は、一般的に悲恋の物語の印象が強い。
しかし、脚本に携わった佐藤直子によると本作はそうではないそうだ。
「『バブル』では、にんぎょ姫の魂の在り方や、センス・オブ・ワンダーな要素をヒロインのウタに重ね描いています。異種族のにんぎょ姫の決断は、人間である私たちに愛の本質を教えてくれます。承認も見返りも求めず想いを全うする純潔さ。そこがこの物語が普遍的に愛される魅力だと思います」と、愛の本質をテーマにストーリーを紡いでいったと明かしている。

日本が誇る最高峰のクリエイター人が手掛ける、現代の「にんぎょ姫」の物語。
さらに、そこに圧巻のアクションシーンと至高の音楽が加わり描かれる唯一無二の映画『バブル』。
この世界観を劇場で体感できるのが待ち遠しい。

作品情報
映画『バブル』宮野真守・梶裕貴・畠中祐・千本木彩花による朗読特別映像が公開
映画『バブル』

舞台は世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。ライフラインが閉ざされた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救った。そして、2人にだけ特別な音が聞こえた‥‥。なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。二人の出会いは、世界を変える真実へとつながる。

監督:荒木哲郎

脚本:虚淵玄[ニトロプラス]
キャラクターデザイン原案:小畑健
音楽:澤野弘之
制作スタジオ:WIT STUDIO

声優:志尊淳、りりあ。、宮野真守、梶裕貴、畠中祐

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2022「バブル」製作委員会

劇場版:2022年5月13日(金) 全国公開
NETFLIX版:全世界配信中

公式サイト bubble-movie.jp