Mar 24, 2017 interview

「原作と作品をつなぐ触媒でありたい」映画『PとJK』土屋太鳳インタビュー

A A
WEBメイン

 

警察官(POLICE)と女子高生(JK)との恋愛を描いた大ヒット少女コミック『PとJK』。10歳上の警察官に恋をする一途な女子高生を演じたのは、国民的女優としての道を一歩一歩進んでいる土屋太鳳。初恋の感情を思い起こさせる胸キュン描写はもちろんのこと、親と子、一筋縄ではいかない友情と恋、そして人を思い続けることの重さ、人生における大切な要素が詰まった、大人も楽しめる作品になっている。本作でヒロインのカコを演じた土屋太鳳さんに、作品について、そして念願だったという廣木隆一監督との作品作りについて、語っていただきました。

 

カコちゃんは呼吸をするように愛情を与えられる女の子

 

──土屋さんがカコを演じる上で、特に大切にされたことはなんですか?

カコちゃんは、亀梨和也さん演じる功太くんにも、友達にも、家族にも、大切なお花に水をあげるように愛情を注ぐことのできる女の子だな、と原作を読ませていただいたときに思ったんです。まっすぐに、呼吸をするように誰にでも愛を与えることのできる子だからこそ、どうしたらうまくカコちゃんの持つ愛情深い部分を伝えていけるのかは大事にしましたし、演じる上での目標としていました。そこへ辿り着けるよう、監督、功太くん、スタッフさん、皆さんに引っ張っていただいたからこそ、私はカコちゃんとしてそこにいることができました。

──そんなカコちゃんに似ているな、と感じる部分はありました?

友達を大切にするところでしょうか。友達に何か辛いことがあったらすぐに駆けつけてあげたいし、もし時間が必要だったらいくらでも待ちますし、そういう部分は似ているかな、と。カコちゃんにきちんと共感したいと思っていたのですが、彼女が次にどういう行動に出るのか想像しきれないこともありまして。そういう場合は、現場で補完していくようにしました。私がきちんとカコちゃんと共鳴し合っていないと、その迷いが映像に現れてしまう気がしたので、なるべく丸ごと理解できるようにしていたいな、と。もちろん迷ったり悩んだりしたこともあったのですが、功太くん役の亀梨さんの存在がとても大きくて。私が空回りしてしまうときも、“こうした方が伝わるんじゃない?”と一緒に考えてくださったんです。人としても、役者さんとしても、本当に素晴らしい方でした。

 

_TKB0230

 

──亀梨さんは現場でも、主役として皆さんを引っ張っていってくれたそうですね。

そうなんです。大神役の高杉真宙くんが撮影中に二十歳の誕生日を迎えたときも、みんなをご飯に誘って、ワインの飲み方、おいしいお食事との組み合わせ方などを教えてくださいました。現場でもみんなに的確なツッコミを入れたりして盛り上げてくださったりするのですが(笑)、間違っているときはきちんと指摘してもらえるのがとてもありがたかったです。主役という役割の大切さ、心構え、そして誇りを持つということを亀梨さんに教えていただきました。お会いする前はクールな方なのかなと思っていたのですが、面倒見が良く、いろんな人へ興味を持って接してくださる方でした。