Apr 26, 2019 regular
ブロードウェイ here and now

カム・フロム・アウェイ / COME FROM AWAY

ミュージカル
ブロードウェイ
A A

2001年9月11日、同時多発テロ事件が起きアメリカの領空は閉められた。アメリカに向かう38の飛行機が、強制的にガンダー空港に降ろされた。カナダのニューファンドランド島のガンダーの街に隣接したこの空港は、普段は米国からヨーロッパへの飛行機が燃料補給をする為の国際空港だった。自然に囲まれ漁村が連なる小さいこの街に、9.11のテロにより、様々な国籍の乗員乗客およそ7000人が降ろされ、わずか1万人というこの静かな街の人口は一瞬にして2倍近くに膨れ上がった。タイトルは、「遠くから来た」という様な意味である。

1日目は機内に待機させられた乗客達は、2日目にガンダーにある学校や公共施設に移された。おしめが必要な赤ちゃんから80歳にもなる老人、そして17匹の猫や犬、動物園に向かう2匹のチンパンジーもいた。街の人々は驚きながらも、彼らに服や食べ物や電話を提供し、インターネットも繋いで、街を挙げて乗員乗客の7000人余りが快く過ごせる様にと限りを尽くす。宿泊場所から街にも出向くようになった訪問者達を、ガンダーの街の人たちは暖かく迎え、自宅に招待して食事を共にしたり、車まで貸してあげる人々もいた。5日目にやっと彼らはアメリカや各々の自国に戻れることになるが、それまでに多くの友情と愛が生まれた。

乗客達は帰途につく時、感謝の印にガンダーの街にお金を置いていこうとする人々も多くいたが、皆それを受け取らなかった。アトランタで大学で奨学基金調達を営んでいた女性は、アメリカに戻る機内で、ガンダーの街の子供達の為の奨学基金を作る決心をし、飛行中にそれを手配し、アトランタに到着した時には既に2万ドルの資金が集まっていた。今でもその基金のおかげで、学費が必要な何百人ものガンダーの子供たちが、この大学で勉強している。他にも、その後企業の社長になった男性は、毎年9月11日が訪れると、全社員に「人の為に使うように」と100ドルを渡している。中には、世界貿易センタービルの人々を助けようと命を落とした消防士の息子を持つ母親もいた。彼女は苦しむ自分を支えてくれたこの街に、毎年9月11日に戻ってくる。

事実に基づいて描かれた辛い9.11から生まれた心温まるミュージカルで、人を破壊するのも人間だが、同時に人に生きる勇気を与えてくれるのも人間なのだと希望を与えてくれる。 ニューヨーカーにとって、当時ニューファンドランド島で起こっていた出来事を知る面白さもあるが、それだけではない心温まる作品となっている。 

文/井村まどか

Gerald Schoenfeld Theatre
236 W 45th St
New York, NY 10036
上演時間:1時間40分(休憩なし)
SCORES
New York Times
7
Time Out
8
Variety
6
舞台セット
7
作詞作曲
7
振り付け
7
衣装
7
照明
7
総合
8
今、観れるブロードウェイ作品一覧へ

井村 まどか

ニューヨークを拠点に、ブログ「ブロードウェイ交差点」を書く。NHK コスモメディア社のエグゼクティブ・プロデューサーで、アメリカの「ドラマ・デスク賞」の審査・選考委員も務める。 協力:影山雄成(トニー賞授賞式の日本の放送で、解説者として出演する演劇ジャーナリスト)

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10