Jul 08, 2022 news

母は別人?父が催眠?妹は死亡? 映画『この子は邪悪』ゲスの極み乙女の主題歌にのせた本予告映像が公開

A A

『嘘を愛する女』『哀愁しんでれら』などのクオリティが高い作品を輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト、TSUTAYACREATORS’ PROGRAM FILM 2017の準グランプリ作品を映画化した、映画『この子は邪悪』。監督・脚本を務めたのは、「ネメシス」『ノイズ』などの脚本を手掛け、「さよなら、ムッシュ」などの小説も執筆し、本作が長編3本目となる新鋭・片岡翔。本作は、世界三大ファンタスティック映画祭の一つ、第42回ポルト国際映画祭のファンタジー部門にて審査員スペシャルメンションを獲得した、みんなおかしい世にも奇妙な家族の話。

この度、本予告映像&本ビジュアルが公開された。

母は別人?父が催眠?妹は死亡? 映画『この子は邪悪』ゲスの極み乙女の主題歌にのせた本予告映像が公開

主人公・窪花(くぼ はな)役を演じるのは、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で数々の新人賞を受賞し、「ドラゴン桜」「鎌倉殿の13人」などで女優として注目を集める南沙良。本作ではシリアスな役柄を繊細に演じている。また、主人公の幼馴染・四井純(よつい じゅん)役を演じるのは、「初心LOVE」で念願のCDデビューを果たし、「鹿楓堂よついろ日和」「彼女、お借りします」などで俳優としても人気を誇る大西流星(なにわ男子)。本作が初の単独映画出演。そして、主人公の母・窪繭子(くぼ まゆこ)役に、『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』「真犯人フラグ」などの桜井ユキ、主人公の父・窪司朗(くぼ しろう)役に、『極主夫道 ザ・シネマ』「マイファミリー」などの玉木宏が顔を揃え、演技派と実力派が脇を固めている。

本予告映像は5年前の夏、家族4人で遊園地に行った帰り道に不慮の事故に遭うシーンから始まる。そして、心に傷を負った少女・窪花の前に幼馴染の少年・四井純が突然現れる。そんなある日、脚に障害が残った心理療法士の父・司朗が、植物状態から目を覚ました元気な母・繭子を連れて帰って来る。ところが、花は嬉しそうな家族の雰囲気に馴染めず、「お母さんが帰ってきた時、何か違和感があったの」と純に打ち明ける。すると、純は繭子に対し、「あの人、お母さんのふりをしているんじゃない?」と言い、花はそれを聞いて、“まさか”と笑うが、純は司朗に対しても、「退行催眠について調べたんだ。洗脳みたいな事も出来るんじゃないの?」と話す。

さらに、純は顔に火傷を負ったマスク姿の妹・窪月(くぼ るな)に対しても、「事故の後、月ちゃんの顔をしっかりと見た事ある?」と聞き、「調べたい事がある。これで5人目。もしかしたら全部繋がっているのかもしれない」と続け、花は一緒に謎を解いていくが‥‥。母は別人?父が催眠?妹は死亡?予想外のストーリーと想定外のラストという、驚きを感じさせる。

主題歌は2012年5月にindigo la End のボーカルでもある川谷絵音を中心に結成された独自のポップメロディを奏でる4人組バンド、ゲスの極み乙女が書き下ろした「悪夢のおまけ」に決定。

母は別人?父が催眠?妹は死亡? 映画『この子は邪悪』ゲスの極み乙女の主題歌にのせた本予告映像が公開

今回の発表に際して、ボーカル/ギターの川谷絵音は、「ゲスの極み乙女では“泣きながら踊る”をテーマに曲を書いてきましたが、今回は“壊れながら踊る”が根本にあります。それは映画を見ればわかります。〈どちらも正しくないとしたら壊すしかなくなる〉。歌詞の一節。新しい「ゲスの極み乙女」と『この子は邪悪』、期待してください」とコメント。

映画『この子は邪悪』は、9月1日(木)より新宿バルト9ほかにて全国公開。

作品情報
母は別人?父が催眠?妹は死亡? 映画『この子は邪悪』ゲスの極み乙女の主題歌にのせた本予告映像が公開
映画『この子は邪悪』

心理療法室を営む窪司朗の娘である花はかつて一家で交通事故に遭い、司朗は脚に障害が残り、母は植物状態に、妹は顔に火傷を負った。その事故で心に傷を負った花のもとに、自身の母の心神喪失の原因を探る少年・四井純が訪れる。花は純と次第に心を通わせていくが、ある日突然、司朗が5年間の植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくる。司朗は「奇跡が起きた」と久しぶりの家族団らんを喜ぶが、花は違和感を覚える。「この人、お母さんじゃない」。

監督・脚本:片岡翔

出演:南沙良、大西流星(なにわ男子)、桜井ユキ、渡辺さくら、桜木梨奈、稲川実代子、二ノ宮隆太郎、玉木宏

配給:ハピネットファントム・スタジオ

© 2022「この子は邪悪」製作委員会

2022年9月1日(金) 全国公開

公式サイト konokohajyaaku