Apr 13, 2023 news

南沙良主演!MIRRORLIAR FILMSが贈る “Z世代が語りたくなるラブストーリー” 短編映画『恋と知った日』

A A
SHARE

南沙良が偶然出会った“運命の⼈”に恋する⼥⼦⼤⽣を熱演する、オリジナル短編映画『恋と知った日』。

原案・監督を務めるのは、2016年公開の短篇映画『溶ける』で日本人最年少での第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門の正式出品を果たし、その後も長篇映画『真っ赤な星』『NO CALL NO LIFE』『あの娘は知らない』や、マカロニえんぴつのミュージックビデオ、ドラマ「隣の男はよく食べる」など数々の作品を手掛け、次世代を担う若手映画監督として注目を集める、井樫彩。

本作は、映画プロデューサーの伊藤主税、俳優の阿部進之介、山田孝之らが発起人となり、2020年から自由で新しい映画製作に挑戦している短編映画制作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」と「ABEMA」が初めてタッグを組み、“Z世代が語りたくなるラブストーリー”をテーマに制作された。

主人公の吉乃渚役には、2018年公開の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で映画初主演ながらも第61回ブルーリボン賞・新人賞などを受賞し、ドラマ「ドラゴン桜」(2021)、Netflixシリーズ「君に届け」(2023)など話題作へのに出演が続く、南沙良。渚の恋人となる長谷川啓太郎役は、映画『HiGH&LOW THE WORST X』(2022)などに出演し、舞台「エヴァンゲリオン ビヨンド」への出演も控える板垣瑞生。さらに、渚が出会う年上の魅力的な男性、篠田陸役を毎熊克哉が務め、「MIRRORLIAR FILMS」のプロジェクト発起人の1人でもある山田孝之もカメオ出演する。


【コメント】

▼南沙良
オファーを受けた時、MIRRORLIAR FILMS にまた携われること、とても嬉しく思いました。
愛は許すことだと、どこかで読んだことがあるのですが、台本を読んで、愛のことは分かりませんが、恋は許さないことなのかもしれないな、と感じました。今作は、「繊細な恋心を描いた、儚いラブストーリー。」で 1 粒 1000 円の小さなチョコが口の中で一瞬で溶けてしまった時はあまりにも儚かったです。また井樫監督の作品を以前から拝見していて、いつかご一緒させていただけたらと思っていたので、今回ご一緒できて率直に嬉しかったです。

▼板垣瑞生

長谷川啓太朗役を演じました板垣瑞生です。
人の出会いや別れは依存でも、言葉でも説明しきれないこと。
人が出会って一緒にいてしまうこと、それが必要なのか不必要なのかを考えさせられました。
南さん演じる吉乃渚と啓太朗はお互い自分の知らない顔を持っており、当たり前に生活してるにも関わらず、そんなことも軽々しく超えて一緒にいたいと思ってしまう。今、誰かとの出会い方が変わってきた世の中でどう人を愛して生きていくのかが伝わるような素敵な作品となっております。ぜひご覧ください。

▼山田孝之
南さんとは、映画「ゾッキ」、短編映画「沙良ちゃんの休日」でもご一緒させて頂きましたが、俳優としての共作は初めてだったので短くも嬉しい時間でした。とはいえ、役設定的に共演時間が短い上に、ほとんど相手の目を見ずに芝居をしていたので、次回ご一緒できる際はお互いの役を深く知れる設定に期待しています。
頼むぜ!井樫監督!

▼毎熊克哉
井樫監督のチームとは約 6 年ぶり。お互いに年を重ね、また笑顔で再会できたのが嬉しかったです。僕は主人公の渚が”寄り道”した先で出会う男で、ちょっと大人の香りがする役どころ。初めて共演させていただいた南沙良さんは澄んだ瞳の持ち主で、彼女を前に「自分はもうおじさんなんだな」と実感しつつ、ただ向き合うことを大事に演じました。良いシーンになってると思います!お楽しみに。

▼井樫彩(原案・監督)
オリジナルで恋愛映画を」とのお話をいただき、今までの恋愛や現在までをも考え直す作業となりました。今回の作品では恋愛のみならず、誰かを好きになるという『切なさと愛おしさ』というようなことを描いています。主演の南沙良さんを始めとして、素敵なキャストの皆さん、同世代のスタッフ陣とこの作品を作ることが出来て本当に嬉しいです。過去の恋愛を懐かしんだり、今の恋愛を見つめ直したり、どんな形であれこの作品が届きますよう願っています。ぜひご覧ください。

映画『恋と知った日』は4月22日(土)よりABEMAにて独占配信。

作品情報
南沙良主演!MIRRORLIAR FILMSが贈る “Z世代が語りたくなるラブストーリー” 短編映画『恋と知った日』
映画『恋と知った日』

大学2年生の吉乃渚。恋人のいない渚は「たくさん人が住んでいる街で、このまま自分だけひとりぼっちなのではないか」と不安な気持
ちを抱え、マッチングアプリで手当たり次第に相手を探すもなかなか出会えず、恋を諦めかけていたが、マッチングアプリはこれで最後にしようと決めた日に、同い年の大学生、長谷川啓太郎に出会う。一緒にいると心地良く、まるで運命の人のようで、気がつくと自分の生活に彼が溶け込み、相性の良い啓太郎と過ごす毎日を宝物のように感じている渚。でも、始まりがあれば終わりがある。突然やってきた悲しい現実の先に、浮かび上がってくる“別れ”という選択。果たして、渚が出した答えとは?

監督:井樫彩

出演:南沙良、板垣瑞生、山田孝之、毎熊克哉

©2021 MIRRORLIAR FILMS PROJECT

2023年4月22日(土)よりABEMAにて独占配信

2023年4月22日(土)18:30〜 表参道ヒルズ 本館地下3階 スペース オーにて開催される第1回ミラーライアーフィルムズ・フェスティバルにて先行上映

公式サイト films.mirrorliar.com/festival2023/