Feb 13, 2018

ニュース

「漢字欅さん(欅坂46)の今泉佑唯さんと小林由依さんも『おもてなし会』でギターを披露して“ゆいちゃんず”になったらしいから、私たちもユニットができるといいね」けやき坂46 富田鈴花

2月12日、けやき坂46の2期生による「おもてなし会」が千葉・幕張メッセイベントホールで開催された。けやき坂46は欅坂46の妹分的なグループで“ひらがなけやき”の愛称で親しまれており、1月30日から3日連続での日本武道館公演を成功させたばかり。半年前に加入した2期生9人も武道館公演や昨年のツアーにも参加していたが、2期生だけの単独イベントは今回が初めて。「おもてなし会」は欅坂46の伝統的イベントで、メンバーそれぞれが自分の特技などを披露し、ファンの人たちをおもてなしするというコンセプトがある。

 

 

開演時間が近づき、影アナを務める金村美玖と丹生明里が諸注意事項を伝えた後、「ひと足早いバレンタインのおもてなし、みなさん受け取ってください!」と会場を盛り上げる。「ひらがな2期生による『おもてなし会』始まるよ!」と呼びかけると、音楽に合わせてメンバーが一人ずつステージに登場。金村はサックスで「NO WAR in the future」の1節を演奏。河田陽菜は最近ハマっているものというテーマでパンダのイラストを描いた。小坂菜緒は「大阪、小坂」と呼びかけ、ファンが「けやき坂!」と応えるコール&レスポンス。富田鈴花はラップで自己紹介。丹生明里は特技の巻き舌を、濱岸ひよりはバレエを披露。松田好花もコール&レスポンスで「好きな花は?」「好花」と。宮田愛萌は角度46度の最敬礼。そして最後は渡邉美穂がバスケットボールをドリブルしながら自己紹介を行った。

続いて、放送部・宮田が司会進行役を務めて、音楽部、運動部、ダンス部の発表会が行われた。音楽部はサックスの金村、ピアノの河田、アコースティックギターの富田と松田による4人。富田が「おもてなし会の音楽部といえば、漢字欅さん(欅坂46)の今泉佑唯さんと小林由依さんがおもてなし会でこうやってギターを披露して、それが“ゆいちゃんず”になったらしいよ。だから私たちもユニットでできるといいよね。鈴花の“花”と好花の“花”で“はなちゃんず”でよくない?」と、意欲が感じられるコメントを。金村と河田の頭文字をとって、4人で“はなちゃんず with K”という名前を考えるなどトークで盛り上げ、ゆいちゃんずの「チューニング」をカバー。さらに4人が和太鼓を披露し、早くも意外な一面を垣間見ることができた。

運動部は小坂、丹生、濱岸、渡邉の4人が一輪車と縄跳び(ダブルダッチ)を披露。最後は、バスケットボールのゴールが登場し、渡邉がフリースローを見事に決めて締めくくった。ダンス部はメンバー全員がタップやバレエ、バトントワリングなど個性あふれるダンスで魅せる。前半最後はこちらもメンバー全員による「ファッションショー」。私服に着替えたメンバーがスタンド席の通路をランウェイがわりにして、会場を沸かせた。

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加