Feb 12, 2018

インタビュー

笠井信輔アナウンサーが語る、アナウンサーになってからも映画の仕事が出来るようになった理由。

 

映画が大好きで、映画の仕事に関われてなんて幸せもんだと思っている予告編制作会社代表の池ノ辺直子が、同じく映画大好きな業界の人たちと語り合う「新・映画は愛よ!!」

どうしてアナウンサーになってからも映画の仕事が出来るようになったのか?映画愛溢れるフジテレビのアナウンサー笠井信輔さんが、その秘密を語ります。

→前回までのコラムはこちら

 

 

池ノ辺直子
(以下 池ノ辺)

笠井さんが映画を観るきっかけって何だったんですか?

 

笠井信輔
(以下、笠井)

最初にインパクトがあったのは『日本沈没』ですね。

小学校の時に観て、凄い、こんな世界があるんだと。

それからテレビで放送される映画を観ていたら、ドラマと違うなと思って、劇場に行ってみようと思うようになったんですよ。

「東宝チャンピオンまつり」とか観に行くと、ゴジラなんて面白いわけですよ。

映画館で観ることの興奮を子どもの時からすごく持っていて。

中学生の頃は年間20本ぐらい観てたんですよ。

 

池ノ辺

すごいですね。

 

笠井

ほとんど安い「名画座」。

というのも先輩から「映画好きならこれ読んだらいいよ」って雑誌『ぴあ』を教えてもらったんです。

その時の『ぴあ』がテイタム・オニールの『がんばれ!ベアーズ』が表紙。

「何これ?」と思って開いたら、映画のスケジュールがいっぱい書いてある。

 

池ノ辺

いや〜、もう興奮しちゃいますね。

 

笠井

興奮しましたよ。

これを見れば分かるんだと思って。

それで映画を名画座に観に行くようになったんです。

だから僕は『ぴあ』が好きなんですよ。

とにかく好きで、『ぴあ』のポスターまで集めてた。

 

池ノ辺

それって表紙をポスターにしたものですよね。

 

笠井

近所の書店に、『ぴあ』を宣伝するために、その週の表紙をポスターにしたやつが貼ってあるんです。

次の号が出ると貼り替えるんだけど、その時に「すいません!貰っていいですか?」と言って貰ってきたのが溜まり溜まってこれですよ。

僕の一番の自慢が『ブレードランナー』が表紙のやつ。

ハリソン・フォードじゃなくて、ヒロインのレイチェルをメインに持ってくるイラストを描いた及川(正通)さんのセンスの良さ。

それで、『ぴあ』が休刊になる時に、この本屋さんからもらって集めたポスターを『とくダネ!』で見せたんです。

それを『ぴあ』の表紙イラストを描かれていたイラストレーターの及川正通さんが見ていて連絡をくれて、それから本を送ってくれたり、トークショーの司会に呼んでくれたりしたんですよ。

 

池ノ辺

もう、好きだったからこそですね。

 

笠井

まだ自慢していい?(笑)

 

池ノ辺

いいですよ〜。

たくさん自慢してください(笑)。

 

笠井

僕は映画館に通うようになって、チラシを集め始めたの。

今日はそれも持ってきました。

 

 

 

池ノ辺

素晴らしい。

すごく綺麗に保存されてる。

いっぱいありますけど、笠井さんにとっての一番はどれですか?

 

笠井

一番?やっぱり、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』のヤマトの後姿を使ったチラシが大好き。波動砲ついてる前じゃない、後ろ姿ですよ!!

 

池ノ辺

それは作品じゃなくて、チラシが良いってこと?

 

笠井

そうですよ。

今、チラシの話をしてるんじゃないですか(笑)。

 

池ノ辺直子

予告編制作会社バカ・ザ・バッカ代表/映像ディレクター。

フリー後「池ノ辺事務所」を設立。
10周年を記念して、バカばっかりの職人集団の意味で 株式会社バカ・ザ・バッカに社名変更し、代表取締役社長に。
今年で創立31周年を迎える。

2004年マックスファクタービューティースピリット受賞。 著書に「映画は予告篇が面白い」(光文社刊)がある。 イマジカBS審議委員 ニューシネマワークショップ講師。 予告編上映カフェ「 Café WASUGAZEN」の運営もしている

これまでに手がけた予告篇は、『ボディーガード』 『フォレスト・ガンプ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ』 『マディソン郡の橋』『トップガン」『博士と彼女のセオリー』 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 『ドリーム』『僕のワンダフル・ライフ』ほか1100本以上。

最新版は、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ 』、『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』。

プロフィール詳細を隠す表示する