Jan 13, 2023 interview

山崎育三郎インタビュー 実は大好きな入間みちおの“取り扱い説明書”的立場を演じた『イチケイのカラス』

A A

東京地方裁判所第3支部第1刑事部〈通称:イチケイ〉を舞台に、自由奔放で型破りな裁判官・入間みちおと、超ロジカルなエリート裁判官・坂間千鶴らイチケイメンバーが活躍する姿を描いたドラマ「イチケイのカラス」。その2年後を描いた劇場版が、1月13日(金)より全国公開

ラマ版に続き、主人公の入間みちおを演じるのは、正統派な二枚目からコミカルな役までこなす竹野内豊。他職経験制度により弁護士になった坂間千鶴黒木華、さらに〈イチケイ〉ではおなじみの小日向文世桜井ユキ、水谷果穂らに加え、映画版で重要な役割を担うキャストに斎藤工と向井理が参戦し、国家機密に関わる重大事件に挑む

今回は、学生時代から勉学もスポーツもマルチにこなし、司法試験でもトップクラスの成績を収め〈Mr.パーフェクト〉という異名をもつ井出伊織を熱くコミカルに演じた山崎育三郎さんに、演じた役への想いや映像と舞台の難しさと面白さ、さらに最近のプライベートまで語ってもらった。

井出はみちおさんのことが大好きなんですよ

―― 正義感の強いクールなエリート検事・井出伊織役は、ドラマ版からの続投となりましたが、どんな思い出がありますか?

井出は完璧主義者なので、事件の説明をしたり、難しい長セリフを覚えたりするのが毎回大変でした。裁判のシーンは早朝から深夜までかかることが多くて、みんなで何時間もこもって撮影していたから、なかなか過酷な現場だったという印象が強いのですが、井出は俊足といったコミカルな描写も多いので、全身が筋肉痛になるまで何本もダッシュをしたこともありましたね。

―― 自由奔放で型破りな裁判官・入間みちおに振り回されながらも、井出さんはみちおさんと出会ったことで自身も仕事のやり方や価値観が変化していきます。この2人の関係性を演じられていてどのように感じましたか?

僕も初めは対立しているような関係性かなと思っていたけど、基本的にはそれぞれの正義の中で生きている人たちなのだと思います。でも実は、井出はみちおさんのことが大好きなんですよ。

もちろんそれを表には出さないけれど、「自分の中の正義」というものをしっかり持って生きるみちおさんに対して憧れや尊敬を感じているし、「自分もそうありたい」というところは、みちおさんから教わった部分が多い気がします。

山崎育三郎インタビュー 実は大好きな入間みちおの“取り扱い説明書”的立場を演じた『イチケイのカラス』

今回の映画の中では連ドラの時のメンバーとの共演シーンがあまりなかったので、入間みちおさんの取り扱い説明書的な存在というか、「入間さんってこういう感じなんですよ」といったことを周囲に伝えることが、井出の役割なのかなと思いました。

―― 「みちおさんに振り回される井出さんが見たい!」という人も多いかと思います。映画でも前半にちょっとした掛け合いのシーンがありましたが、竹野内さんとは現場で何か話し合ったことはありましたか?

みちおさんとの関係性は連ドラで積み重ねて出来上がったものがあるので、今回改めて話し合うということはなかったですね。あの2人の空気感は現場で実際にやりながら生まれていったという感じでした。

―― 井出さんはセリフが多い役どころですが、テンポよく話されているのも印象的でした。

そうなんです。ドラマ版の時から田中亮監督に「井出さんは早口でしゃべってほしい」とずっと言われていたんです。井出は事件の説明をものすごいスピードでまくし立てるので、そこを今回も意識しました。

山崎育三郎インタビュー 実は大好きな入間みちおの“取り扱い説明書”的立場を演じた『イチケイのカラス』
SHARE