Feb 04, 2022 interview

土屋太鳳が語る 『大怪獣のあとしまつ』で体現する特撮ヒロイン像

A A

三木聡監督最新作『大怪獣のあとしまつ』が2022年2月4日(金)に公開を迎える。倒された巨大怪獣の死体処理をめぐって描かれる国家の混乱と、主人公・帯刀アラタ(山田涼介)の極秘ミッションを描いた空想特撮エンターテインメントである本作。そのヒロインである雨音ユキノ役を演じた土屋太鳳に、本作での経験を振り返っていただいた。

土屋太鳳が語る 『大怪獣のあとしまつ』で体現する特撮ヒロイン像

憧れの特撮ヒロインとして

――まず、松竹、東映創立以来史上初の二社共同幹事作品として製作が始まった本作。それだけでもスペシャルな印象ですが、出演されたご感想は?

すごく、ありがたいと思います。やはりこういう時代だからこそできるタッグの仕方だと思うし、そういう機会に恵まれて良かったなと心から思います。私自身特撮が好きなので、ヒーローだけでなく倒された怪獣の後始末というテーマは、「あの壊れたビルどうなったんだろう」とか、普段映画を観ていてちょっと思うじゃないですか(笑)そういう小さくひっかかっていた部分が物語として成りたっているし、実話かのように皆さん真剣な様子でそれに取り組んでいて面白いです。主演の山田涼介さんがインタビューでお話されていましたが、本作では“誰も戦っていない”んですよね。それでもある意味で戦っているかのようなお話なので、そこも楽しんでいただけるかと思います。

――土屋さん自身、大の特撮ファンだとお聞きしました。

はい、弟の影響で子供の頃から好きです。特に「ウルトラマンティガ」や「仮面ライダー龍騎」に思い入れがあって、家族で映画を観に行ったり握手会に行ったりもしました。なので『ウルトラマンゼロ THE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国』の時もそうですが、本作でも自分が“特撮ヒロイン”という立場に立てるなんて夢のようで。

あの時も、ただ陸上クラブの通り道に円谷プロダクションがあった、という感じでした。だから改めて自分が幼い頃から勇気をもらっていたジャンルの作品でヒロインを演じることができるのは嬉しかったです。『ウルトラマンゼロ THE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国』のエメラナ、本作で演じたユキノが、観てくれた子供達に「今度は自分がこんなヒロインになりたい」と思ってもらえるよう、私自身ちゃんと生きようって気持ちになれました。

――ご自身が好きな特撮ヒロインは誰ですか?

『仮面ライダーアギト』の真魚ちゃん(風谷真魚)です。日常生活で大切なことをたくさん教えてくれる、なおかつ自分の特殊能力を活かすことのできる点が理想的だなと思いました。

――そのうえで、改めて本作で演じられたユキノのヒロイン像について教えてください。

まず本作のような特撮作品には、ユーモアの中にやはり一貫して社会風刺というものが表現されています。そこでのヒロインとなると、アラタ、つまりヒーローと同僚のヒロインか、ヒーローと全く違う普通の環境で日常を過ごしている子がヒロインとして成長するかのどちらかだと思うのですが、ユキノは前者ですね。また、雨音さん(濱田岳)と結婚していて、アラタとは元恋人である。その愛情と恋の違いのような部分を、女性としても、女優としてしっかり表現できたらと考えました。

やはり知性がある方って落ち着いていると思って。言葉だったり行動だったり、ちゃんと自分が納得してから行なっているのがわかるので、そういう冷静な部分を映画の前半戦で見せています。逆にアラタへの気持ちが押し出されて感情的になっていて、その振り幅でヒーローの持つ宿命、切なさや人とは一緒に過ごせない悲しさみたいなものが表現できたらいいなと思っていました。

――ユキノはアラタにまだ恋心を抱きつつ、雨音と結婚している点でも厚みのある女性キャラクターですよね。

ユキノは雨音さんをすごく尊敬していたと思うんですよ。人に対する姿勢や、仕事面でも。だから色んな思いがあったと思います。アラタに恋をしていたけど、彼が数年間いなくなって、そんな彼に最後何ができるかと考えた時、彼の追いかけた夢を応援しつつ、自分自身も幸せになることだと思って雨音さんと結婚したんだと思うんです。

ただ、やはり仕事を一緒にしていくうえでもギクシャクするより、お互い協力しあうことで生まれる絆や恋の方が心には残るものだから、アラタと再会してそれがまた前面に出てきたんじゃないかな。彼女の気持ちがわかるかと言われたら、本来は一人の人を愛し続けるべきだと思いますが、ちゃんと“自分の人生も進める”という選択は、アラタに対する愛情表現の一つでもあると思います。

土屋太鳳が語る 『大怪獣のあとしまつ』で体現する特撮ヒロイン像