May 28, 2019 column

トニー賞直前!注目ミュージカルBest3レビュー

A A

トニー賞が6月9日(日本時間6月10日)に発表される。今年、新作ミュージカル部門で最優秀作品賞にノミネートされたのは『ハデスタウン』、『トッツィー』、『エイント・トゥー・プラウド』、『プロム』、『ビートルジュース』の5作品だ。2016年にミュージカル「ハミルトン」が勝って以降、一作品に高い評価が集中し、発表前からどの作品が受賞するか判ってしまっていたが、今年は様子が違う。優秀なミュージカルが出揃い、接戦が楽しめる。華やかな舞台の裏側では、プロデューサーや広報による激しい競争が行われていることだろう。

どの作品も甲乙付け難いが、トニー賞で最優秀作品に選ばれ、その他の部門賞も数多く獲得しそうな3作品を紹介したい。

最多ノミネートの『ハデスタウン』

まず『ハデスタウン』。演出、脚本、助演男優、オリジナル楽曲、装置デザイン、照明デザインなど14部門でノミネートされている。ギリシャ神話を投影して現代的に仕上げたミュージカル作品。舞台は昔のニューオリンズなどのアメリカ南部の富豪の屋敷を改造したようなバーだ。工夫に富んだ立体的な大道具や、珍しい照明デザインに目を奪われる。せり上がりや盆舞台も豊富に取り入れられている。地の底にある死の世界や、それをモチーフにした炭鉱で働く坑夫のシーンでは、スモークが頻繁に使われ、現代の物語が神々の語りと調和し、観ているこちらを詩の世界に引き込む。楽曲はフォーク・ロックにソウル・ミュージックやブルースを含む多数の異なるスタイルとジャンルが盛り込まれていて新鮮だ。

photo by Matthew Murphy

作品はヘルメスというバーの仕切り役が、ストーリーの進行役を務めている。ヘルメス(エルメス)はバッグのブランドとして有名だが、ギリシャ神話では神々と読み手の間で、客観的な解説を交えながらメッセージを伝える役割を与えられていることがある神様だ。演ずるアンドレ・デ・シールズは、50年の長きに渡って俳優、演出、作家、振り付けをしてきた73歳の大ベテラン。演劇では始まりのところで如何に観客の心を掴んでストーリーに引き込むかが非常に重要だ。ネタバレになってしまうので詳細は語れないが、幕が上がりアンドレ・デ・シールズがゆっくりと登場し、見事に観るもの心を掴む技は一見に値する。また運命の三女神が唄うアカペラの迫力と歌唱力も楽しんでもらいたい。

photo by Matthew Murphy

冥界の王ハデスは、妻にしようと地上世界からペルセポネをさらってきた。一方オルフェイスは恋人エウリュディケを追って冥界へ赴くが…。それぞれの神々は、人間的な弱さから愚かな選択をしてしまう。そんな彼らに観客の気持ちが自然と寄り添う。手の込んだジョークに笑ったり、アメリカ的豪華さを楽しむ、というよりは、洗練されたセンスと芸術性に浸れる作品に仕上がっている。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10