Dec 30, 2017 column

「べっぴんさん」「ひよっこ」「わろてんか」2017年の朝ドラヒロインは脱・元気

A A

新たなヒロイン像に、新たな相手役

『べっぴんさん』の場合、より高度な挑戦をしていたといえるだろう。口下手な主人公ゆえに、笑おうと言葉にしていたわけではなく、すみれのつくった手芸品や洋服、後半の赤ちゃんたちの仕草など、見ているとなんだか心が癒やされ、自然と口角が上がっているというふうに作ってあった気がする。

『べっぴんさん』と『わろてんか』はヒロインの相手役も大人しい。とりわけ『わろてんか』の藤吉(松坂桃李)は、朝ドラ名物ダメ男がアップデートされ、飲む・打つ・買うというようなハメを外すこともなく、ダメさに面白みのない男として、視聴者を戸惑わせた。

『ひよっこ』の相手役(磯村勇斗)も、勤勉な善人で、ヒロインと同じく平凡だ。これまでの朝ドラだったら、初恋の御曹司(竹内涼真)と反対を押し切って結ばれて、嫁ぎ先で苦労してという波乱万丈なドラマが描かれそうなところ、それを回避したのだった。ヒロインだけでなく、相手役もそろって大人しめ。これが2017年の朝ドラの特徴だ。

「がんばれ」と言う言葉をかけられると辛くなる人がいるという。頑張れば報われる。元気に前を向いて。そんなことが空疎に響くほど、人生に疲れ、途方に暮れてしまったら、どうしたらいいのだろうか。言葉ももちろん大事だけれど、SNSの発展によって、直接的な言葉がひとを刺激したり煽ったりすることが増えたからこそ、非言語のコミュニケーションや、結論を求めない、あまり意味のない会話や、直接的でない、ひねった表現を工夫することなども忘れずに。2017年の朝ドラヒロインたちから、そんなことを感じさせてもらった気がしている。『明るく、元気に、さわやか』でなくてもいい、『何かを成し遂げる』ことなくてもいい、そんなヒロインの形が受け入れられるようになってきたのかもしれない。少なくとも2017年は。

2018年も、いい年、いい朝でありますように。

木俣冬

文筆家。主な著書に「ケイゾク、SPEC、カイドク」(ヴィレッジブックス)、「SPEC全記録集」(KADOKAWA)、「挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ」(キネマ旬報社) 、共著「おら、あまちゃんが大好きだ! 1、2」(扶桑社)、「蜷川幸雄の稽古場から」、構成した書籍に「庵野秀明のフタリシバイ」、ノベライズ「マルモのおきて」「リッチマン、プアウーマン」「デート?恋とはどんなものかしら?」「恋仲」「IQ246~華麗なる事件簿」など。 初めて手がけた新書『[みんなの朝ドラ]』(講談社現代新書)が発売中! その他、エキレビ!で[毎日朝ドラレビュー] 連載。[ヤフーニュース個人] でも執筆。 otocotoでの執筆記事の一覧はこちら:[ https://otocoto.jp/ichiran/fuyu-kimata/ ]

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10