Dec 02, 2022 news

聖なる夜をブッ壊す!『ブレット・トレイン』の製作集団が贈る“おじさんシリーズ” 映画『バイオレント・ナイト』

A A

ブラッド・ピット主演『ブレット・トレイン』やボブ・オデンカーク主演の『Mr.ノーバディ』でスタイリッシュかつド派手なハリウッド製アクションの最先端を独走中の製作集団「87ノース・プロダクションズ」が、“運の悪いおじさん”“平凡なおじさん”に続き、ナーメ・テーター(※一見弱そうなおじさんが実はとんでもなく強い、ギンティ小林氏命名のサブジャンル)シリーズ第3弾は、武装集団3億ドル強奪計画に巻き込まれたリアル“サンタのおじさん”が繰り広げる、聖なる夜のアクション・エンターテイメント、映画『バイオレント・ナイト』。

この度、予告映像&ポスタービジュアルが公開された。

聖なる夜をブッ壊す!『ブレット・トレイン』の製作集団が贈る“おじさんシリーズ” 映画『バイオレント・ナイト』

本作は、2023年2月3日(金)より待望の日本公開が決定(全米公開:2022年12月2日)。クリスマスイブの日、子供たちにプレゼントを届けに来て強奪計画に巻き込まれるという不運なサンタクロース役には、世界的大ヒットドラマシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のホッパー署長で大ブレイクしたデヴィッド・ハーバーが務め、ワイルドでメタボ体形・大酒呑みにも関わらず、ビュアなハートを持つ魅力あふれる“リアル“ならではの風刺の効いた聖人サンタクロースを好演。緻密で横暴な武装集団を率いるリーダー・スクルージ役は、名バイプレーヤーのジョン・レグイザモが演じる。

予告映像は、物欲主義な子供たちに嫌気がさし、場末のバーで呑んだくれるサンタクロース(デヴィッド・ハーバー)が、プレゼントを届けるため、トナカイを引くソリでクリスマスの空を駆け巡るシーンから始まる。

とある富豪ファミリーが盛大にパーティを開いていた大豪邸の敷地に黒い影。「史上最悪のイブにしてやる」というスクルージ(ジョン・レグイザモ)の指令とともに、スノーモービルの武装集団が突入を開始し、地下の金庫に眠る3億ドル強奪を目的に、大富豪ファミリーを人質に、この豪邸を完全支配する。

そんなこととは露知らず、この大豪邸に降り立ち、プレゼントを置いて帰ろうとするサンタだったが、運悪く武装集団の一味と鉢合わせになってしまう。プレゼントを届ける能力は高いが、戦闘力ゼロの“リアル”サンタは、無我夢中で辺りにあったクリスマスオーナメントを駆使して反撃に出る。

「あのサンタは何者だ?」困惑するスクルージ。人質の少女とつながったトランシーバーで「サンタがマジにやって来たぜ」と戦闘モードにスイッチが入った様子のサンタクロース。畳みかけるド派手なアクションシーン。果たして、少女を救出し、富豪ファミリーのクリスマスを取り戻すことが出来るのか?

作品情報
聖なる夜をブッ壊す!『ブレット・トレイン』の製作集団が贈る“おじさんシリーズ” 映画『バイオレント・ナイト』
映画『バイオレント・ナイト』

物欲主義な子供たちに嫌気がさして久しく、少しばかりお疲れ気味のサンタクロースは、体に鞭を打ち良い子にプレゼントを届けるため、トナカイが引くソリでクリスマスイブの空を駆け回っていた。とある富豪ファミリーが盛大にクリスマスパーティーを開く豪邸に降り立ち、煙突から部屋へ入ったサンタが偶然鉢合わせたのは、金庫にある3億ドルの現金を強奪するため潜入したスクルージー率いる武装集団だった。戦闘能力ゼロのサンタは、多勢に無勢の大ピンチを孤軍奮闘切り抜け、無事子供たちにプレゼントを届けることができるのか‥‥。

監督:トミー・ウィルコラ

出演:デヴィッド・ハーバー、ジョン・レグイザモ、アレックス・ハッセル、アレクシス・ラウダー、ビヴァリー・ダンジェロ

配給:東宝東和

© 2022 Universal Studios. All Rights Reserved.

2023年2月3日(金) 全国公開

公式サイト universalpictures.jp/micro/violentnight

SHARE