Dec 23, 2022 interview

中川大志インタビュー ぶっ飛んでいるキャラクターを演じる“意外性”にチャレンジした『ブラックナイトパレード』

A A

『聖☆お兄さん』の中村光の同名漫画を『今日から俺は!!劇場版』などコメディ映画の鬼才・福田雄一監督が映画化した『ブラックナイトパレード』が、クリスマス直前の12月23日(金)より全国公開。

コンビニでアルバイトをする冴えない男・日野三春は、ある日、突然、黒いサンタ服を着た男に連れ去られ、悪い子供たちにプレゼントを配るブラックサンタとして雇われるというクリスマスコメディで、豪華キャストの共演も話題となっている。主人公を演じるのは『キングダム』を始め、様々な役に挑戦する吉沢亮。そんな三春と共にブラックサンタとして活動する仲間たちに橋本環奈、中川大志、渡邊圭祐らが顔を揃え、強烈なキャラクター達を見事に演じきっている。

今回は、中でも特異なキャラクターとして原作でも人気の田中カイザー(皇帝)を熱量高くコミカルに演じた中川大志さんに役への取り組み方などを語ってもらった。

―― 福田雄一監督の作品に出演されるのは、日本テレビドラマ『親バカ青春白書』(2020年)以来2回目となりますね。今回の映画『ブラックナイトパレード』もとても面白かったです。ストーンウォッシュの衣装などとても個性的な役柄でしたが、いかがでしたか。

ありがとうございます。衣装は衣装合わせの時に何着か着て、原作(中村光著「ブラックナイトパレード」)に近い感じの洋服が選ばれました。全体の雰囲気も含めてビジュアル(歯が抜けているのも)は、原作通りなんです。

―― 原作を読み込まれたりもしたのですか。

原作ものに出演する時は、僕はいつもそうしています。映画化する際は、美術も衣装も髪型も原作の持つ世界観が強いものになりますからイメージを崩さないようにと意識しています。今回のファンタジックな世界観を作り込んでいく作業は楽しかったです。

―― 登場シーンからテンションも高くて釘付けでした。

コンビニのシーンですね(笑)、お陰で撮影中は毎日どっと疲れていました。僕が演じる田中カイザーという人物は、あんな感じでテンションが高いキャラクターなんです。普段の自分にはないテンションだったので、毎日撮影が終わる度にぐったりしていましたね。ずっとハイテンションでしたから(笑)。

―― 田中カイザー役のオファーが来た時、どう思われましたか。

福田組には一度ドラマに出演させて頂いていましたが、正直、何故この役でオファーが来たのか、僕自身とも違うしと思い、不思議でした。最初に原作漫画を読ませて頂いたのですが、それで更に驚きが大きくなりました。“福田監督がこの役を僕に?僕でOKを出してくれているんだ”というのが、正直嬉しかったですし、意外性にチャレンジしなければと思いました。

登場人物が全員キャラが強いのですが、その中でもカイザーはかなりぶっ飛んでいるキャラクターなんです。何度も組んで信頼と実績を福田監督に持ってもらえるほどのものが僕にはない中で、このカイザーを演じさせてもらえることに驚きました。カイザーは原作ファンにも人気があるキャラクターなので“出来るかな”というプレッシャーはもちろんありました。福田監督は「一番、カイザーが心配だった」とおっしゃっていましたが、僕がどう演じるのか、一番想像出来なかったからだと思います。

中川大志インタビュー ぶっ飛んでいるキャラクターを演じる“意外性”にチャレンジした『ブラックナイトパレード』
SHARE