Oct 30, 2021 news

ジェニファー・ハドソンがアレサを完全再現 映画『リスペクト』キャスト/監督などのインタビュー特別映像が公開

A A

映画デビュー作『ドリームガールズ』でアカデミー賞助演女優賞受賞という快挙を成し遂げ、歌手としてもグラミー賞を制したジェニファー・ハドソンが、その圧倒的な歌声と演技力で主演を務める話題作、映画『リスペクト』が、11月5日(金)より全国公開される。

ジェニファーが演じるのは、ローリング・ストーン誌が選ぶ「史上最も偉大な100人のシンガー」の第1位にも選ばれたソウルの女王アレサ・フランクリン。今回の映画化にあたっては、アレサ本人が生前にジェニファーを指名し、この運命的なキャスティングが実現。『ドリームガールズ』でジェニファーがオスカーを手にした直後から、長期間にわたりプロジェクトを進めてきた。

ジェニファー・ハドソンがアレサを完全再現 映画『リスペクト』キャスト/監督などのインタビュー特別映像が公開

この度、ジェニファー・ハドソンや監督、そしてアレサのいとこといった本作やアレサにまつわる人々のインタビュー映像が収められた特別映像が公開された。

「誰にでも物語がある。アレサの人生は音楽とともにある」と、ソウルの女王と呼ばれたアレサ・フランクリン役を本作で演じたジェニファー・ハドソンは語る。また、監督を務めたリーズル・トミーが「撮ろうと考えていたのは世界一の声を持つ女性。でもソウルの女王としての才能は、埋もれていた」、そして脚本を務めたトレイシー・スコット・ウィルソンが「歌手として人としてソウルの女王になる物語」と語るように、本作では才能を持ちながらも売れずに苦悩した若き日々や、父や夫との関係への葛藤を乗り越え、大スターとして花開いていくストーリーが描かれていく。

本作でのジェニファーのアレサ役への抜擢はアレサ本人たっての希望であり、「彼女たちの絆が感じられた」とアレサのいとこであるブレンダ・フランクリンもこのキャスティングが素晴らしかったと明かしている。アレサからのオファーを受けたジェニファーは「自分のキャリアを考えるとアレサを演じるのは運命だった」とコメントを寄せており、監督もまた「ジェニファーにためらいはなかった。彼女は全力でアレサを演じていた」と語る。まさに運命的な抜擢によって本作の役が決まったジェニファーが全身全霊で役を演じたという。実際に本作での歌唱シーンは全てジェニファーが歌い上げるだけでなく、「アレサの歌を(ピアノで)弾けなければならないと感じた」というジェニファーは約半年前から動作とピアノを自発的に練習したそう。

「見た目も歌もアレサを完全に再現していた」「信じがたいほどの努力だ」「きっとアレサは彼女を誇りに思っている」など、製作陣や共演者だけでなくアレサをよく知るいとこからも絶賛のコメントが寄せられているジェニファーは、「厳しい人生だけど称えたい」と、アレサにリスペクトを込めたメッセージを贈った。

そんなジェニファー・ハドソンが全力で演じ切った、人として女性としての真の自由を求めて戦った力強いアレサ・フランクリンの物語、映画『リスペクト』は11月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

作品情報
ジェニファー・ハドソンがアレサを完全再現 映画『リスペクト』キャスト/監督などのインタビュー特別映像が公開
映画『リスペクト』

少女のころから抜群の歌唱力で天才と称され、煌びやかなショービズ界の華となったアレサ。しかしその裏に隠されていたのは、尊敬する父、愛する夫からの束縛や裏切りだった。極限まで追い詰められる中、すべてを捨て自分の力で生きていく覚悟を決めたアレサは、ステージに立ち観客にこう語り掛ける。「この曲を、不当に扱われている全ての人に贈ります」自らの心の叫びを込めたアレサの圧倒的な歌声は、やがて世界を歓喜と興奮で包み込んでいく。

監督:リーズル・トミー

出演:ジェニファー・ハドソン、フォレスト・ウィテカー、マーロン・ウェイアンズ、メアリー・J. ブライジ

配給:ギャガ

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

2021年11月5日(金) TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開

公式サイト gaga.ne.jp/respect/