Aug 05, 2022 news

“説明は許しではない” 映画『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』監督が作品込めた想いを語るメッセージ映像が公開

A A

ヒトラー率いるナチス支配下のドイツ“第三帝国”が犯した、人類史上最悪の戦争犯罪“ユダヤ人大量虐殺【ホロコースト】”を実際に目撃した人々。終戦から77年を迎える今、「現代史の証言者世代」と呼ばれる高齢になったドイツ人やオーストリア人など加害者側の証言と当時の貴重なアーカイブ映像を記録したドキュメンタリー映画『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』。

この度、故ルーク・ホランド監督からのメッセージ映像が公開された。

イギリス出身のドキュメンタリー監督ルーク・ホランドは、10代になって初めて、母がウィーンからのユダヤ人難民で、祖父母はホロコーストで殺害されたというルーツを知った。2000年代になり “祖父母を殺した人間を捜す”という目的でこのプロジェクトに着手したという。「すぐに無理だとわかりました。しかし、彼らの仲間には実際に会うことができる。ヒトラーのために腕や銃を振り上げた人たち、残虐な犯罪を犯した人たちを通して、ホロコーストが繰り広げられた背景をよりよく理解できるかもしれないと考えたのです」。

ホランドは2008年から10年の歳月をかけて250以上のインタビューを行い、本作完成直後の2020年6月、71歳で癌で亡くなった。“今”起きていることを語っているかのような、時代を超えたメッセージが本作には込められている。

“説明は許しではない” 映画『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』監督が作品込めた想いを語るメッセージ映像が公開

メッセージ映像では、14歳の時に自身がユダヤ人で、祖父母をホロコーストで失ったことを知ったホランド監督が「母は生き延びた罪悪感から、私たちには何も言わずユダヤのルーツを伝えなかった」といい、「祖父母の運命を深く知るためこの作品を作るという旅に出た」と本作を制作するきっかけについて語っている。

そして、何百人ものドイツ人たちと向き合いインタビューを行ったホランド監督は「戦時下のベルリンでしたことを老婦人に尋ねたら“頼まれれば何でもしたわ”と言った」と明かし、「加害者側からこの問題を語れる証言者は大勢いるはずだ」と確信。「説明は許しではない、恐るべき犯罪の実態を明らかにすることなんだ」と本作に込めた想いを語っている。

映画『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』は、TOHOシネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほかにて公開中。

作品情報
“説明は許しではない” 映画『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』監督が作品込めた想いを語るメッセージ映像が公開
映画『ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言』

イギリスのドキュメンタリー監督ルーク・ホランドは、アドルフ・ヒトラーの第三帝国に参加したドイツ人高齢者たちにインタビューを実施した。ホロコーストを直接目撃した、生存する最後の世代である彼らは、ナチス政権下に幼少期を過ごし、そのイデオロギーを神話とするナチスの精神を植え付けられて育った。戦後長い間沈黙を守ってきた彼らが語ったのは、ナチスへの加担や、受容してしまったことを悔いる言葉だけでなく、「手は下していない」という自己弁護や、「虐殺を知らなかった」という言い逃れ、果てはヒトラーを支持するという赤裸々な本音まで、驚くべき証言の数々だった。監督は証言者たちに問いかける。戦争における“責任”とは、“罪”とは何なのかを。

監督・撮影:ルーク・ホランド

配給:パルコ ユニバーサル映画

©2021 Focus Features LLC.

公開中

公式サイト universalpictures.jp/micro/finalaccount