Apr 06, 2017

インタビュー

マイクの代わりにハンマーを握りしめて熱唱!?ハジけた尾野真千子が観られる『ブルーハーツが聴こえる』インタビュー

thebluehearts_m-02

 

伝説のロックバンドTHE BLUE HEARTSをモチーフにした映画「ブルーハーツが聴こえる」。その一編「ハンマー(48億のブルース)」に主演したのは、多くの作品で確かな演技力と存在感を発揮してきた実力派・尾野真千子さん。わずか3~4日という短い撮影期間でも監督やキャストと濃密な時間が過ごせたという彼女に話を聞いた。

──THE BLUE HEARTSはよく聴かれていましたか?

はい、昔から聴いていて大好きですね。いつくらいから聴いてたかなあ…。私は田舎育ちなので流行りなどは全く知らなくて、後追いで知ったと思います。CDを買ったのも東京に出てきてからですから。特にこの曲が好きということはなく、全部聴いて、全部が好きです。

──この企画をお聞きになったときはどう思われましたか?

お話をいただいて出演を即答しました。音楽と何か共有できるものを作れたら面白いだろうなあと思っていて。演技するうえで何かできないかなと考えていたんです。なので、今回はまさにドンピシャ!と何の迷いも躊躇もしなかったです。

 

thebluehearts_m-03

 

──すごい会話劇で、4人でのテンポの良さがまるでコントのようでとても面白かったです。脚本を読んだ感想は?

飯塚(健)監督は発想がすごく面白い方なんですよ。クランクイン前の本読みで「こういう言い方に変えてみて」とか「このセリフを付け足してみて」とか、けっこう変わった点があったので現場ではどうなるかなと思ったりもしましたけど(笑)、信頼できる監督だと短い時間でも感じれたので、そういう修正や追加も心地よく、入ってくる感じで楽しかったです。本読みで他のキャストとも自然と仲良くなれました。伊藤沙莉ちゃんと萩原みのりちゃんもパワーがある子たちですごかったんですよ。大人の角田(晃広)さんと私がついていくのが大変で必死というくらいで(笑)。撮影終わった今でも監督も交えてみんなご飯を食べに行くこともよくありますね。

──4人の掛け合いは現場で生まれたものやアドリブなどもあったのでしょうか?

いえ、ほぼ台本通りです。テンポを作ったり引っ張っていくのもふたりの女の子たちでした。ふたりは現場に入ったときから完璧にできていて、「こういうことやってみて」って監督から言われたら、速攻でできてしまうんです。私と角田さんはそこに引っ張っていってもらって、そういうテンポで行くのね、うん、わかった、みたいな(笑)。

 

thebluehearts_m-04

 

──すごいですね。4人が信頼しあってるからこそ、その会話劇が成立しているんだろうなという雰囲気はすごく伝わってきました。

短編なのでそんな何日も撮影していたわけじゃないし、撮影中はまだそこまで仲良くなれていなかったんですけど(笑)、飯塚監督だからということはあるかもしれないですね。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加