Mar 17, 2017

コラム109

第1回:『3月のライオン』は、読み終わった瞬間に大友啓史とやりたいと何かが湧き上がりました。

ikenobe_banner

池ノ辺直子の「新・映画は愛よ!!」

Season14  vol.01
アスミック・エース株式会社 
配信企画プロジェクト推進室長 兼 コンテンツ事業部コンテンツ企画グループ長
谷島正之 氏

 

 

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

映画が大好きで、映画の仕事に関われてなんて幸せもんだと思っている予告編制作会社代表の池ノ辺直子が、同じく映画大好きな業界の人たちと語り合う「新・映画は愛よ!!」

今回からは、話題の映画『3月のライオン【前編】』公開を間近に控えたアスミック・エース(株)の谷島正之さんをお迎えして、映画『3月のライオン』について、また谷島さんのこれまでの映画人生から、プロデューサーの信念や想い等、様々なお話を伺っていきます。

→前回までのコラムはこちら

 

 

池ノ辺直子
(以下 池ノ辺)

谷島さん、今日は忙しい中、ありがとうございます。

谷島さんのことは、かなり前から存じておりましたが、映画の話や人生の話をするのは、これが初めてですね。

よろしくお願いします。

予告編制作では、うちの若手スタッフがお世話になっています。

谷島さんとの予告編制作は、普通の仕上がりじゃダメ。

いい意味で谷島さんを裏切らないと良しとしないから、気を抜けない。

そんな話もしていきたいと思います。

さて、話は変わって、いよいよ明日は『3月のライオン』の初日ですね。

 

谷島正之
(以下、谷島)

すごいね、MCみたい(笑)。

 

池ノ辺

今日は最初に『3月のライオン』のお話をお聞きしたいんですが、どうして映画化しようと思ったんですか?

 

谷島

難しいところからきましたね(笑)。

 

池ノ辺

前後編で作るということは、「映画化すると大ヒットするだろう」という読みがあったわけですよね?

 

谷島

そもそも羽海野チカさんが描いた漫画がベストセラーになっていました。

この人は原作の将棋の棋士達と同じで、自分の身を削りながら漫画を描く人なんです。

だから長編は『ハチミツとクローバー』と『3月のライオン』のたった2本しかない。

 

池ノ辺

『ハチミツとクローバー』は映画にもなりましたよね?

 

谷島

ウチでアニメもやっているし、実写映画もやってる。

だから、やっぱり羽海野原作にはこだわりたいと僕らも思っていたんだけど、『3月のライオン』はいまだ連載中、未完なんです。

それだけ心血注いで漫画を描く人と対峙するにはそれなりの覚悟がいるなということで、結局7年間やっていたんですよ。

 

池ノ辺

漫画の連載を?

 

谷島

いや、映画化しようと企画してから7年。

原作の単行本で第4巻が出た2010年春の時点でやりたいと思ったわけです。

結局、映画が出来た時には第12巻が出ていました。

 

池ノ辺

それだけ時間がかかっているということですよね。

 

谷島

第4巻発売の時点で、「物語が途中で終わってしまう映画でもいいから映画化したい」と思ったんです。

それだけ魅力的でした。

たまに、途中で終わっても粋な映画ってあるじゃないですか?

 

池ノ辺

ありますね。

 

谷島

そんな感じでもいいから、一人の少年が何か“大きなもの”に気づいて、それでもまだ少年の物語は始まっていない・・・そんな感じの映画を作りたかったんです。

でも、7年もやっている間、企画開発していた間、コツコツと脚本を作っている間に、原作もどんどん積み重なっていって、それじゃあ前後編でやろうかという話になったんです。

第4巻のラストが、ちょうど前編の終わりになりました。

池ノ辺直子

予告編制作会社バカ・ザ・バッカ代表/映像ディレクター。

フリー後「池ノ辺事務所」を設立。
10周年を記念して、バカばっかりの職人集団の意味で 株式会社バカ・ザ・バッカに社名変更し、代表取締役社長に。
今年で創立30周年を迎える。

2004年マックスファクタービューティースピリット受賞。 著書に「映画は予告篇が面白い」(光文社刊)がある。 イマジカBS審議委員 ニューシネマワークショップ講師。 予告篇上映カフェ「 Café WASUGAZEN」の運営もしている これまでに手がけた予告篇は、「ボディーガード」「フォレスト・ガンプ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ」 「マディソン郡の橋」「トップガン」「博士と彼女のセオリー」「リリーのすべて」「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 ほか1100本以上。   現在進行中の作品は、オダギリジョー主演、阪本順治監督の「エルネスト」

プロフィール詳細を隠す表示する