Jul 20, 2019 regular
#04

『ジャッキー・ブラウン』:タランティーノとブラック・ヒロイン

A A

若林 ゆり

映画・演劇ジャーナリスト。90年代に映画雑誌『PREMIERE(プレミア)日本版』の編集部で濃い5年間を過ごした後、フリーランスに。「ブラピ」の愛称を発明した本人であり、クエンティン・タランティーノとは’93年の初来日時に出会って意気投合、25年以上にわたって親交を温めている。『BRUTUS』2003年11月1日号「タランティーノによるタランティーノ特集号」では、音楽以外ほぼすべてのページを取材・執筆。現在は『週刊女性』、『映画.com』などで映画評やコラムを執筆。映画に負けないくらい演劇も愛し、『映画.com』でコラム「若林ゆり 舞台.com」を連載している。

いぶし銀のような、成熟した世界

この映画にはもうひとり、“復活俳優”がいる。ロバート・フォスターだ。彼もまた、「実力はあるのに忘れられた俳優」のひとりだった。’67年の『禁じられた情事の森』でデビューし、いい仕事もしているのにいつの頃からか「出演候補リストに名前が載ることが稀になってしまった」。ここへきてやっと多くの人々に実力を披露できたフォスターだが、彼にもタランティーノ関係で苦い過去があった。『トゥルー・ロマンス』のココッティ役に内定していたのにクリストファー・ウォーケンにさらわれ、『レザボア・ドッグス』のオーディションではジョー役にトライしたがローレンス・ティアニーに負けていた。「いつかまた組めるよ」と言っていたタランティーノの言葉は現実になった。

『パルプ・フィクション』でジョン・トラヴォルタが見せた復活劇のように、今回もロバート・フォスターを“復活”させたタランティーノだが、「別に“復活”を目論んでいるわけじゃない」という。「ただ、俺は決まり切った候補者リストになんか捕らわれず、自分がいいと思った俳優たちを記憶して、独自のリストを持っているってだけさ。そこから役に合った俳優を選んでいるんだ。でも俺が成功したおかげで、ロバート・フォスターのような俳優を起用できたことはうれしいね」

この作品はパム・グリアとロバート・フォスターのおかげで、いぶし銀のような魅力が際立った。ふたりとも人生に少々疲れた中年だが、出会った途端、そこに生まれるのはラブ・ストーリーだ。たとえばふたりが出会う場面。歩くジャッキーが少しずつその全貌を見せるとき、保釈金融業者マックス・チェリーの表情と、そこにかかる曲「Natural High」が、彼の恋情を見事に表現している。彼の表情には、やれなかったことへの想いがいつも貼り付いているようで、やるせなさを誘う。

一方で、サミュエル・ジャクソンのオデール、ロバート・デ・ニーロのルイス、ブリジット・フォンダのメラニーという小悪党3人組は、マヌケさが鈍く光る。デ・ニーロにこの役を振るなんて! こんなふうに応えるデ・ニーロを想定できるというのがすごい。もうひとつのチームは、マトリ(麻薬取締官)とFBI捜査官のコンビ。この3組のキャラクターが、映画をじわじわと面白くする。これが、エルモア・レナードのスタイルであり、ムードなのだ。「前半でキャラクターがどんな人間なのかをわからせるのがエルモア・レナードのやり方だ。キャラクターは誰もが人間的で深みがあり、一面的ではない複雑さを持っているんだけど、わかりやすくもある。観客はメラニーとパイプを吸い、パムと一服してマックスのオフィスにたむろし、楽しみながら行く先をハラハラと見守る。とんでもない爆弾が落とされてビックリしたり、思わぬ深さを感じたりもする。レナードの映画的な魅力を、映画的に語れたって自負があるんだ」

レナード自身も喜び「とてもいい出来だ」と太鼓判を押してくれた。「私の小説のスピリットをうまくすくい取って映画として表現し、彼独自のテイストも入っている。感心したよ」。30代の前半で、誰もが予想していなかった成熟を見せたタランティーノは、映画作家としてまた一歩前進した。

『ジャッキー・ブラウン』

麻薬密売人の運び屋に手を染めたキャビンアテンダントのジャッキー・ブラウンは、保釈金金融業者のマックスの力を借り、生き残りを賭けて大勝負に出る。エルモア・レナードの原作を、タランティーノが最高の形で映画化。


原作 エルモア・レナード
脚色・監督 クエンティン・タランティーノ
出演 パム・グリア、サミュエル・L・ジャクソン、ロバート・フォスター、ブリジット・フォンダ、ロバート・デ・ニーロほか

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10