Jul 20, 2019 regular
#04

『ジャッキー・ブラウン』:タランティーノとブラック・ヒロイン

A A

若林 ゆり

映画・演劇ジャーナリスト。90年代に映画雑誌『PREMIERE(プレミア)日本版』の編集部で濃い5年間を過ごした後、フリーランスに。「ブラピ」の愛称を発明した本人であり、クエンティン・タランティーノとは’93年の初来日時に出会って意気投合、25年以上にわたって親交を温めている。『BRUTUS』2003年11月1日号「タランティーノによるタランティーノ特集号」では、音楽以外ほぼすべてのページを取材・執筆。現在は『週刊女性』、『映画.com』などで映画評やコラムを執筆。映画に負けないくらい演劇も愛し、『映画.com』でコラム「若林ゆり 舞台.com」を連載している。

少年時代の憧れ、パムのタフな魅力

脚本を執筆するにあたり、タランティーノはまず配役を考えた。オデールの運び屋をやっている三流航空会社の中年キャビンアテンダント、ジャッキーをやれる女優は誰か? そのとき、ひらめいた。パム・グリアだ! タランティーノは少年時代、場末の2本立て映画館でパム・グリア主演の黒人向けB級バイオレンスお色気アクション映画(=ブラックスプロイテーション映画)を見ていて、パムの大ファンだったのだ。彼の育ったサウスベイは黒人の多い地帯で、近所の映画館にはそういう映画がよくかかっていた。『残虐全裸女収容所』や『コフィー』、『フォクシー・ブラウン』といった映画の強いヒロインたちは、彼を夢中にさせた。

「パム・グリアは我ながら完璧なアイディアだったよ」と、タランティーノは言う。「彼女は44歳なのに35歳に見えて、崖っぷちにいる。だけどオデールと互角に渡り合い、麻薬取り締まり捜査官やFBIまで出し抜くだけの貫禄と知恵、タフさがあるんだ」。原作ではこのヒロインは白人のジャッキー・バークだったが、『フォクシー・ブラウン』にちなんで名前を変えることにした。そして映画はサントラも含め、’60~’70年代ブラックスプロイテーションへのオマージュがたっぷり盛り込まれることになった。ジャッキーが空港を早足で歩き、動く歩道を経て仕事場へ駆け抜くオープニングは「いつも歩くパムを追っていた過去作のオープニングを超えたくて奮闘した」シーンだ。

パムは『レザボア・ドッグス』でもMr.カラーズの話題にのぼっていたが、実は『パルプ・フィクション』のオーディションに来て、落ちたという過去がある。受けたのは、パトリシア・アークェットが演じたランスの妻、ジョディ役。だが「エリック・ストルツ(ランス役)に怒鳴られて言い負かされるように見えない」ため、落とされてしまった。しかし、この役ならうってつけだ。パムは打ち合わせのためタランティーノのオフィスに呼び出されたとき、壁に何枚も自分の映画ポスターが貼られているのを見て驚いたという。「私が来るからわざわざ貼ったの?」と問われたタランティーノは答えた。「あなたが来るから剥がそうか、迷ってたんだよ」。

パムを迎え入れるというアイディアに満悦する一方で、タランティーノには気がかりなことがあった。原作の改変について、エルモア・レナードに言い出せずにいたのだ。舞台もレナードが馴染みのマイアミから、タランティーノ自身が熟知しているサウスベイに変更していた。レナードに打ち明けたのは、撮影が始まってからだった。「ヒロインの人種と名前を変えたから、言い出せなかったのか?」とレナードに聞かれ「そうです」と白状したタランティーノは、最高にうれしい言葉をかけられる。「私は気にしないよ。いい映画を作ってくれればそれでいいんだ」。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10