Oct 21, 2022 news

香川照之の繊細で複雑な演技に謎が深まる‥‥監督「5月」ディレクションの特別版予告映像解禁 映画『宮松と山下』

A A

“新しい手法が生む新しい映像体験”を標榜し、過去に2本の短編映画がカンヌ国際映画祭から正式招待を受けた監督集団「5月」。数多くの名作CMや教育番組「ピタゴラスイッチ」を手掛けてきた東京藝術大学名誉教授・佐藤雅彦、NHKでドラマ演出を行ってきた関友太郎、多岐にわたりメディアデザインを手掛ける平瀬謙太朗の3人からなる「5月」が、名優・香川照之を主演に迎えて制作した初の長編映画『宮松と山下』。

この度、監督「5月」自らがディレクションを担当し、「名もなき誰かを演じ、名もなき自分を演じる」というキャッチコピーの通り、野次馬の1人となったり、叫び声をあげたりと、劇中のあらゆる宮松を捉えたこだわりの特別版予告映像が公開された。

特別版予告映像は、大勢の野次馬と共に本作の主人公・宮松(香川照之)が、事件現場らしき場所をのぞき込むシーンから始まる。その後もスタッフに合図され道影から飛び出したり、弓矢で射られたかと思えば、突然叫び声をあげたり、バッティングセンターでフルスイングしたりと矢継ぎ早にあらゆる宮松の姿が映し出される。その後、中越典子、津田寛治、尾美としのりが登場することで、平凡なエキストラ俳優生活を送っていた宮松の人生が揺らいでいくことが示唆される。

時代劇の衣装部屋に立つ宮松が、カメラに向かって「宮松と山下」と意味ありげに呟くとタイトルが現れる。そして、煙草を旨そうに吸いながら振り返る宮松の笑顔で予告は閉じられる。笑顔を向けた宮松は名もなきエキストラを演じているのか、それとも自分自身を演じているのか、謎が深まる予告映像が完成した。

あらゆる宮松を演じる、香川照之の繊細で複雑な演技にも注目の特別版予告映像は、主人公自らがカメラに向かってタイトルを呟くなど、通常予告映像にはない仕掛けが施された。

香川照之の繊細で複雑な演技に謎が深まる‥‥監督「5月」ディレクションの特別版予告映像解禁 映画『宮松と山下』

【「5月」関友太郎・平瀬謙太朗・佐藤雅彦 コメント】

監督という立場から見せたいシーンを詰め込み、特別版予告として編集しました。この映画らしい場面ばかりです。なかなか見てもらう機会がありませんでしたが、この度、公開できることになりました。短い特別版予告ですが、堪能してください。

作品情報
香川照之の繊細で複雑な演技に謎が深まる‥‥監督「5月」ディレクションの特別版予告映像解禁 映画『宮松と山下』
映画『宮松と山下』

宮松はエキストラ俳優。ある日は時代劇で弓矢に打たれ、ある日は大勢のヤクザのひとりとして路上で撃たれ、またある日はヒットマンの凶弾に倒れ‥‥来る日も来る日も死に続けている。真面目に殺され続ける宮松の生活は、派手さはないけれども慎ましく静かな日々。そんな宮松だが、実は彼には過去の記憶がなかった。なにが好きだったのか、どこで何をしていたのか、自分が何者だったのか。なにも思い出せない中、彼は毎日数ページだけ渡される「主人公ではない人生」を演じ続けるのだった‥‥。

監督・脚本・編集:関友太郎、平瀬謙太朗、佐藤雅彦

出演:香川照之、津田寛治、尾美としのり、野波麻帆、大鶴義丹、尾上寛之、諏訪太郎、黒田大輔、中越典子

配給:ビターズ・エンド

©2022『宮松と山下』製作委員会

2022年11月18日(金) 新宿武蔵野館、渋谷シネクイント、シネスイッチ銀座ほか全国公開

公式サイト bitters.co.jp/miyamatsu_yamashita

SHARE