Nov 02, 2022 news

“まさかの地声!” 総勢24キャラクターを武内駿輔がひとりで熱演 Netflixシリーズ『ぐでたま ~母をたずねてどんくらい~』

A A

株式会社サンリオの世界的に大人気の卵キャラクター「ぐでたま」を主人公にした実写作品、Netflixシリーズ「ぐでたま ~母をたずねてどんくらい~」が12月13日(火)より世界独占配信される。

この度、本作の主演を務める世界一やる気のないたまご「ぐでたま」の声を人気実力ともに兼ね備えた今注目の声優・武内駿輔が、しっかり者の相棒「しゃきぴよ」を期待の子役・福島星蘭が務めることが発表された。そして、ぐでたま以外の本作に出てくる【全24キャラクター(厳密には24種40たまご!?)】にものぼるたまごキャラたちの声も武内がひとりで演じていることが、キャスト発表映像とともに解禁となった。

本映像では、ぐでたまからの「オリジナリティなくね~?」と厳しいツッコミや、豪華たまごキャラクターたちとナレーションの全てがオール武内駿輔で特別に制作された。そして、15分茹でられた かた茹でゆでたまご【ぐでたま ハードボイルド】や、派手なデコレーションで個性的に見えるが振動に弱く常に不安定な【ぐでたま プリン】、蒸されていていつも暑苦しそうな【ぐでたま 茶碗蒸し】など、本作の脇を固める豪華たまごキャラたちのビジュアルも初解禁。

“まさかの地声!” 総勢24キャラクターを武内駿輔がひとりで熱演 Netflixシリーズ『ぐでたま ~母をたずねてどんくらい~』

ぐでたまは、2013年にサンリオが開催した食べ物をテーマにした新キャラクターの一般人気投票企画「食べキャラ総選挙」から誕生(第2位)。翌2014年から2020年まで朝の情報番組でショートアニメが放送された。Twitterフォロワーは100万人を超えるほどの人気にもかかわらず、本人はやる気がない。

そんなぐでたまを、最新のCG技術で主演キャラクターとして迎え制作される本作は、ぐでっとしていたい全ての人に贈る、脱力と共感の親探しロード・トリップ。どうせ食べられるだけだと自分の運命を諦め、いつもぐでっとしていたいぐでたまが、前向きで暑苦しいひよこのしゃきぴよに巻き込まれ、冷蔵庫から外の世界へ。正反対のデコボココンビは、母親探しの旅に出ることに‥‥。

旅の途中で多種多様なたまごたちと出会い、それぞれの調理法があることを知っていく、ぐでたま。ぐでたまが自分の行く先を考え始めた時、このままだと腐ることが判明。果たして、動きたくも働きたくもない主人公ぐでたまは、母親のもとにたどり着くことができるのか?

SHARE