Aug 31, 2022 news

本日が命日、ダイアナ元皇太子妃没後25年ドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』ゴシップに負けない強さを感じる、ZARDの名曲「Forever you」が主題歌に決定

A A

“世界で最も愛されたプリンセス”であるダイアナ妃没後25年となる今年秋。ダイアナの人生をあらゆるアーカイブ映像のみで語る、世界初の劇場ドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』が9月30日(金)に公開される。

本作の日本版主題歌がZARDの「Forever you」に決定。楽曲を使用したMVもあわせて解禁された。

悲劇の死から今年で没後25年となる、ダイアナ元皇太子妃。36歳という若さでこの世を去ったダイアナの19歳での婚約から死までの17年間を数千時間にのぼるアーカイブ映像をつなぎ合わせた本作で描かれるのは、ダイアナと メディア、そして大衆の熱狂。

様々な困難の中でも自身の道を歩み続け、世界中に愛と希望を届けたダイアナは今でも人々の心に残っている。

数々のヒット曲を残したZARDのボーカルの坂井泉水は、2007年に他界。彼女の歌声、そして楽曲は今でも人々に聴かれ、歌われ続け、そして人々を励まし続けていいる。

今もまだ多くの人に愛され続ける、ダイアナとZARD・坂井泉水。自分の道を後悔なく歩み続けた2人の女性の想いから、今回のコラボレーションが実現。

主題歌に決まった「Forever you」は坂井泉水本人が、自分の歩んできた道に後悔はない、という強い想いを歌詞に込めた楽曲で、アルバム収録曲にも関わらず、ファンの間では根強い人気を誇っている名曲だ。

この曲について、ZARD のプロデューサー、長戸大幸氏が語る。

「坂井泉水は、自らの歌に対して言葉を大切にするアーティストでした。ZARDが評判になって来た頃、彼女がレースクイーン時代の情報がマスコミに流れ出しました。いわゆるゴシップ、虚実入り混じる暴露ネタのニュースです。

誹謗中傷めいたそういった言葉の暴力に対して彼女自身も深く傷つけられたに違いありません。これは何とかしなければ、とある時プロデューサーの私は『そういった心境を歌詞に表してみれば?』と提案してみました。ところが、彼女が表現した言葉(=歌詞)は、意外にも私の想像を覆すものでした。

彼女は「その過去があったからこそ、現在の自分がいるのだ」と。それどころか、その時関わってくれた方々に対して感謝すら感じていました。そうして出来上がった歌詞が「Forever you」という曲になりました。

あの歌詞には本当に感心させられました。周囲の方々に対する謙虚な配慮と自分自身の弱さに負けない意志の強さを持ち合わせた詞(ことば)の表現力、だからこそ、ZARD坂井泉水の歌詞(=言葉)はあれだけ多くの大衆の支持を集める存在になり得たのではないかと、そう思うのです」

ダイアナ元妃もまた、婚約から死の瞬間までカメラに追われ続けた人生だったが、坂井と同様、強い意志でそれに立ち向かった女性だったことも共通している。

本日が命日、ダイアナ元皇太子妃没後25年ドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』ゴシップに負けない強さを感じる、ZARDの名曲「Forever you」が主題歌に決定

9月28日(水)に「Forever you」が収録された、ZARD 最新ベストアルバムの“映画「プリンセス・ダイアナ」コラボ記念『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』-ROSE-バージョンジャケット”(数量限定生産)の発売も決定。ダイアナ元皇太子妃をイメージしたバラが ZARD のジャケットを彩る。
※アルバム詳細はこちら https://wezard.net

映画『プリンセス・ダイアナ』は9月30日(金)より全国公開。

作品情報
本日が命日、ダイアナ元皇太子妃没後25年ドキュメンタリー映画『プリンセス・ダイアナ』ゴシップに負けない強さを感じる、ZARDの名曲「Forever you」が主題歌に決定
映画『プリンセス・ダイアナ』

世界中で大フィーバーを巻き起こし日本でも高い人気を誇ったダイアナ元皇太子妃のドキュメンタリー。歴史に残る結婚式、子供が生まれた日、離婚にまつわるスキャンダル、AIDSの子供を抱きあげる姿、そして彼女が亡くなった日‥‥世界中で25億人が見たという、「ダイアナ妃の葬儀」。むきだしの映像が、ダイアナ元皇太子妃の人生を物語る。

監督: エド・パーキンズ

配給:STAR CHANNEL MOVIES

2022年9月30日(金) TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国公開

公式サイト diana-movie.com