Jan 18, 2022 news

日本初公開の作品も上映!《食》にまつわるアジア映画を味わう 「CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭」が開催

A A

2022年1月21日(金)~2月3日(木)に東京国際映画祭(TIFF)と国際交流基金アジアセンターの共催で《食》にまつわるアジア映画と東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」部門のアンコール特集「CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭」が、オンラインで2部構成の特別編として復活開催される。

2014年から2019年の6年間にわたり、さまざまな切り口でアジア映画の特集上映を行ってきた本映画祭。今回は、「CROSSCUT ASIA特別編“おいしい”アジア映画特集」部門と「CROSSCUT ASIAアンコール」部門として東南アジアを代表する映画監督たちによる《食》をメイントピックとした映画7作と、これまでのTIFF「CROSSCUT ASIA」部門で上映され好評を博した作品6本の計13プログラムを無料配信。

さらに、これらの《メインメニュー》とは別に「国際交流基金東南アジア拠点のスタッフのリアルなランチ報告の各国ランチレポート 」「在日の各国大使館での料理にまつわる大使館インタビュー」「各作品監督とのオンライントーク」「東南アジア各国の食文化を掘り下げた記事」などを《スペシャルメニュー》として動画やテキストの記事で公開する。

日本初公開の作品も上映!《食》にまつわるアジア映画を味わう 「CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭」が開催

《メインメニュー》第一部:CROSSCUT ASIA特別編 「おいしい」アジア映画特集

『アルナとその好物』
鳥インフルエンザの調査旅行に出かけることになったアルナが、友人らとインドネシア各地の名物料理の食べ歩きを計画する男女4人のロードムービー。

『バロットの大地』
亡父の遺言で広大なアヒル農場を相続することになった息子。家を出て都会でミュージシャン暮らしの彼は売却するつもりで農場を訪れるが、雄大な風景の中で心が揺れはじめる。

『カンパイ!日本酒に恋した女たち』
長らく「女人禁制」と言われてきた日本酒の世界。そんな伝統的かつミステリアスな世界で新しい世代の女性たちが輝く姿を通じて、観る者たちに今を生きる勇気と、さわやかな感動を与えてくれるドキュメンタリー。

『愛のスープ』
料理が苦手であるにもかかわらず、高級レストランで働くことになったミニー。自分のミスで下げてしまった店の評価を挽回するため、宮廷料理人だった曾祖父の秘伝のスープのレシピを求めて奔走する。レストランの厨房事情も覗ける、ハートフルコメディ。日本初上映作品。

日本初公開の作品も上映!《食》にまつわるアジア映画を味わう 「CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭」が開催

『デリシャス!』
フィリピンのネグロス島・バコロドにて、借金のカタとしてイタリアンレストランが郷土料理の店に転身。鮮やかなプレゼンテーションのネグロス料理にグルメも唸る、目にも美味しいロマンティックコメディー。日本初上映作品。

日本初公開の作品も上映!《食》にまつわるアジア映画を味わう 「CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭」が開催

『川は流れを変える』
カンボジアの3人の若者の暮らしを追うドキュメンタリー。漁村での魚の乱獲、借金と貧困、森林破壊といった社会問題をあぶり出しながら、人々が日々食べ、働き、生活を紡いでいく姿を映し出す。

『ワンタンミー』
中年料理評論家が、食の取材を通じてシンガポールの伝統と発展、そして自身のキャリアや人生も見つめ直す。ワンタン麺、ラクサ等の多様な麺料理、フィッシュヘッドカレーやナシレマといった多民族性が垣間見える料理等ストリートフードの数々を、ドキュフィクションとして描く意欲作。日本初上映作品。

日本初公開の作品も上映!《食》にまつわるアジア映画を味わう 「CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭」が開催