Oct 19, 2022 news

音楽は世界的ピアニスト・上原ひろみ!トップランナーと新世代をけん引する才能が集結 映画『BLUE GIANT』

A A

2013年に石塚真一が「ビッグコミック」(小学館)で連載を開始した漫画「BLUE GIANT」(シリーズ累計:880万部超)。その圧倒的表現力は多くの読者を魅了し、“漫画から音が聞こえてくる”とも評され、現実のジャズシーンにも影響を与えている。その「BLUE GIANT」が、「最大の音量、最高の音質で、本物のジャズを届けたい」というスタッフの想いから、映画化される、映画『BLUE GIANT』。

監督は、「モブサイコ100」シリーズや劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』(18)で注目の立川譲。脚本は、連載開始前からの担当編集者で、現在はstory directorとして作品に名を連ねるNUMBER 8。アニメーション制作は「幼女戦記」(17)などで注目のスタジオ・NUTが手掛ける。

この度、特報映像&最新ビジュアルが公開された。

音楽は世界的ピアニスト・上原ひろみ!トップランナーと新世代をけん引する才能が集結 映画『BLUE GIANT』

アニメーション映画化発表時より注目を集め、期待を寄せられた劇中の音楽は、日本でジャズといえばこの人・グラミー賞受賞歴を持つ世界的ピアニスト、上原ひろみが担当。上原は、主人公たちが結成するトリオ“JASS”のオリジナル楽曲も、本作のために書き下ろした。

そして、世界一のジャズプレーヤーを目指す大のサックスを演奏するのは、馬場智章。ユニバーサル・ミュージック協力のもと、国内外の有力奏者を集めたオーディションを実施。応募があった世界中のプレーヤーの中から満場一致で馬場が選ばれた。力強い演奏が聴く人すべてを圧倒する大のサックスを、音で演じる。

また、仙台出身の大とは高校で同級生だった玉田俊二のドラム演奏はmillennium paradeのドラマーとしても活躍する石若駿が担当。石若はジャズのみならず様々なジャンルで活躍するいま最も引く手あまたなドラマーの一人であり、楽器未経験ながら大の情熱に突き動かされバンドに熱中する玉田の表現を託し上原が指名した。

大が東京で出会うピアニスト・沢辺雪祈の演奏は上原ひろみが担当する。圧倒的な技術と感情を揺さぶる演奏が世界中を熱狂させて止まない上原が、10代にして、情熱を内に秘めたクールな雪祈のピアノをどう表現するのか、世界的ピアニストの音の演技にも注目したい。ジャズ界のトップランナーと、新世代をけん引する才能が集結し、劇中で大・雪祈・玉田が結成するトリオ“JASS”の演奏に命を吹き込む。

特報映像では、石若のドラムに上原のピアノ、そして馬場のサックスが重っていく、“始まり”を感じさせる演奏にのせ、ジャズに魅せられ夢に目を輝かせる大の様子、雪祈、玉田の情熱に満ちた表情が映し出され、演奏シーンなど、今後への期待が高まる。

音楽は世界的ピアニスト・上原ひろみ!トップランナーと新世代をけん引する才能が集結 映画『BLUE GIANT』
SHARE