May 24, 2018 interview

声優・矢尾一樹が赤裸々に語る 「やってやるぜ!」とはいかなかった涙の主演デビュー作

A A

矢尾

当時は素直だった矢尾少年は、その言葉に従って、中学高校をきちんと卒業し、そして卒業と同時に劇団に入るわけです。

平野

実際に劇団に入ってみてどうだった?

矢尾

初日は、稽古場の雰囲気に感動しましたよ。自らをとことん追い詰めて役作りをしている役者の姿に鳥肌が立ちましたね。最初は見学からって話だったんですけど、その場ですぐ「入りたいです!」って。

古川

当時の演劇人は特にストイックだったよね。

平野

それからしばらくは下積みと勉強?

矢尾

それが、座長の方針で次の舞台に立つことになって……。「芝居は理屈じゃない」っていう方針の人だったんですよ。ちなみに、座長は演出家の平光琢也さん。平光さんが俳優の赤星昇一郎さん(月曜ドラマランド『ゲゲゲの鬼太郎』子なき爺役など)、声優の郷田ほづみさん(『装甲騎兵ボトムズ』キリコ・キュービィ役など)と一緒にやっていたコントユニット「怪物ランド」の番組には、俺もちょくちょく出させてもらいました。

 

だって男のコだもん、涙がでちゃう……な声優デビュー1日目

 

平野

舞台俳優に憧れていた矢尾さんが、アニメの仕事をし始めたのはいつ頃? どんなきっかけがあったの?

矢尾

俺が生まれて初めてやったアニメは、いわゆる「OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)」のはしりの作品で、当時VHSのビデオ作品が何万円もした頃に、ビクターが社運を賭けて制作した『BIRTH』(1984年)。事務所から指示されてオーディションを受けたら受かっちゃって、主役のシュルギ・ナムを演じることになりました。いや、うれしかったですよ。いきなり主役って、俺、大スターじゃんって(笑)。

 

 

古川

わかるわかる。最初の主役ってそんな感じだよね(笑)。

平野

でも、それまで声の仕事なんてやったことなかったんでしょう? そのあたりの作法とか、ルールみたいなものは大丈夫だったの?

矢尾

そんなの全然知らなかったので、大変でしたよ!! まず現場に行ったら、台本の直しから始まってね……これが決定稿じゃなかったのかよってびっくり。もう、そういうところから大騒ぎでしたね。ただ、そのときたまたま、十代の頃から一緒に芝居をやっていた戸田恵子さん(『機動戦士ガンダム』マチルダ役など)がいてくれて「いいから言われた通り写しておけ」って教えてくれたんです。

平野

マイクワークなんかはどうしたの? 限られた本数のマイクを役者全員で共有するから、経験がないと交代するタイミングで身体がぶつかったり、マイクの前に行けなかったりするのよね。

矢尾

そこは主役だったので、専用のマイクがあって助かりました。まあ、後はもう見よう見まねですよ。

古川

当時はそういうことを教えてくれる声優の養成所なんかもなかったもんね。

矢尾

収録は2日に分けて行われたんですけど、そんな調子だったので、初日はボロボロ。その日の夜には懇親会も兼ねた飲み会があったんですけど、その輪に加わることもできなくて、悲しさのあまり、涙がぽろっと……。

古川・平野

ええええっ!?

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10