Oct 17, 2020 interview

ニコール・キッドマンが迫真の名演、ネオ・ノワールの衝撃作『ストレイ・ドッグ』を鬼才カリン・クサマ監督がオンライン インタビューで語る

A A

切なく力強い動作にこめられた意味とは?

池ノ辺 この作品はアクションも多いのですが、私はドキドキしつつ、切ない気分にもなりました。そして彼女が立ち向かう姿に応援したくなりました。アクションシーンでは、どんなエピソードがありますか?

カリン 銀行強盗のシーンは、撮影に4日かかりました。あの時のニコールは熱があったんです。

池ノ辺 今だったら、直ぐに撮影中止になりそうですね。

カリン そう、今の世の中だったらありえない。彼女は熱っぽくて辛そうでした。熱のせいでアドレナリンが出てパニックを起こしかけていたり、吐き気がしたり……。

池ノ辺 じゃあ、嘔吐するシーンは本当に?

カリン ああ、あれは熱があって本当に吐いているわけじゃなくて演技なので安心してください(笑)。でも彼女は、そういう行為を取る反抗的なキャラクターを演じることを楽しんでいました。

池ノ辺 じゃあ、ニコールの動作がフラフラしていたのも熱があったからじゃないのね?

カリン あれは彼女とたくさん話し合って作り出したもので、エリン・ベルは傷ついた野獣のようで、だけど傷を負っていてもパワフルな感じがあるという話をしたことから、それが彼女の動作にも表れるように演出したんです。

池ノ辺 そうでしたか。だから、あんなに切ないのに力強く感じたんですね。

カリン 彼女は映画のアクションヒーローのような存在ではなく、感情的な衝動に駆られる人間らしい存在だと思います。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10