Jul 02, 2019 interview

岡田惠和×峯田和伸、世代の違う2人が“意識低い系男子“への共鳴&音楽との出会いを語り合う

A A

意識低い系男子に共感?

——この映画はネットニュースでどう書かれたいですか。

岡田 映画を観てどう思いました?

——すごく泣けました、っていうよりかは生きることを肯定してもらえるような。そっと抱きしめたいみたいな映画でした。

岡田 そう、いいですね。ほんと、それはそう思います。静かに肯定したい感じなんですよ。

峯田 そうですね、ほかの取材でも言いましたけど、主人公が意識低い系の男の子という珍しい映画。

岡田 そんなふうだから、コウタと千日が映画のラストシーンの後、うまくいくかというとわからない。

峯田 うまくいくとは思えないですよね(笑)。

——意識低い系に共鳴しますか?

岡田 それはそうだと思います。ちっちゃな感情を書きたいと思うし、世間的に大きな存在でない人の人生を書きたいと思っているので、そういう意味じゃ僕も意識低い系作家かもしれない(笑)。

峯田 おお。金の斧と銀の斧でいうと、銀の斧?

岡田 うん、銀の斧でいい。それがいいのかどうかわからないけれど(笑)。音楽の人はパイ(全体量のなかで自分の獲得する分量)に対する意識はあるの? 

峯田 意識はしているかもしれないですね。

岡田 バンドの究極の目標は何になるの? 

峯田 どうなんだろう?

岡田 ウェンブリー・スタジアムでやりたいとか?

峯田 ……なのかなあ。確かにウェンブリーなのかな。

——ミュージシャンの方はファンをライブで目の当たりにして、どれだけの人に支持されているか実感がありますよね

峯田 うんうん。

——作家は数の可視化ができない。いや、いまはネットがあるからできますか。

岡田 ネットの反響は、高評価も見える代わりに負の部分も見るので、ライブで自分を愛してくれている人だけを見るような瞬間は作家にはないですよ。もちろん、見える分、ミュージシャンは厳しいと思うんですけど、支持者は熱狂的で、ニュートラルではないだろうから。

峯田 そうなんですよ。作家は作品に対する評価をされるけれど、ミュージシャンは、ステージに出ただけで「キャー!」 となりますからね。だからこそ、ミュージシャンは気が大きくなりがちですよね。おれ、モテるんだって錯覚してしまう(笑)。役者の場合、例えば舞台に出ただけでは拍手されないですよね。観客は芝居をじっと観ている。そんな俳優と作家の気持ちがわかるので、たとえ、ステージでキャーとされても、「みんなにキャーって言ってるんだろ」と言っちゃうんですよMCで。

岡田 なるほどねえ、そういう勘違いを僕らはあまりできないですね(笑)。それどころか、30年近くこの仕事をやっているけど、いまだに「脚本家ってセリフも書くんですか?」なんて言われるほど、仕事を理解されていない(笑)。

峯田 それはひどいですね(笑)。岡田さんはSNSやっているんですか?

岡田 いや、だから、負の面を見たくないからやれないですね。

峯田 インスタグラムは負の面があまりないみたいですよ。漫画家さんってSNSをやっている方が多いじゃないですか。普段、たくさんの人と接することがないから発信するのが楽しいらしいですね。

——おふたりのコラボが小説から映画になった今、これからの野望はありますか。

岡田 役者としての峯田くんにこれからも僕は時々、球を投げるんで、3割くらい返してもらいたいと思っています。大切な役者さんなので、本当は僕のどのドラマにも出てほしいけれど、そうもいかないので。日々の暮らしはそれぞれあるとして。またなんか企みごとを一緒にできたらいいなあと思っています。

峯田 そう言ってもらえて嬉しいです。来た仕事を1つ1つ堅実にやりながら、いいタイミングでまた何か一緒にやりたいですね。

【岡田惠和&峯田和伸 ロングインタビュー】大人の遊びを楽しみたい

取材・文/木俣冬
撮影/名児耶洋

プロフィール
岡田惠和(おかだ・よしかず)

1959年東京都生まれ。脚本家。近年の主な作品にテレビドラマ『ひよっこ』、『奇跡の人』、『泣くな、はらちゃん』、『最後から二番目の恋』、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『雪の華』など。NHKの朝ドラこと連続テレビ小説は『ちゅらさん』『おひさま』『ひよっこ』と3作描いている。橋田賞、向田邦子賞、文化庁芸術祭賞テレビドラマ部門大賞などを受賞。7月から『セミオトコ』(テレビ朝日)、8月から『そして、生きる』(WOWOW)放送される。

峯田和伸(みねた・かずのぶ)

1977年山形県生まれ。ミュージシャン、俳優。99年バンドGOING STEADYでデビュー。解散後2003年新たに銀杏BOYZとしてデビュー。2017年と2019年には日本武道館ライブを行った。俳優としては、映画『アイデン&ティティ』で主役デビュー。そのほか、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』、ドラマ『奇跡の人』(NHK BSプレミアム)、『ひよっこ』(NHK)、『高嶺の花』(日本テレビ)に出演。19年大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(NHK)に出演中。『いちごの唄』は銀杏BOYZとして1年7ヶ月ぶりのシングルとなる。

公開情報
『いちごの唄』

コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。唯一の親友だった伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトのあーちゃん(天野千日)を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会し環七通りを散歩する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日・・・また。」コウタはカレンダーに印をつけ、この日だけを楽しみに一年を過ごす。次の年も、その次の年も2人は会い、他愛ない話で笑いながら環七通りを散歩する。しかしある年、千日は自分と伸二の過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる。
原作:岡田惠和・峯田和伸「いちごの唄」(朝日新聞出版)
監督:菅原伸太郎  
脚本:岡田惠和
音楽:世武裕子・銀杏BOYZ 
主題歌:「いちごの唄」(歌:銀杏BOYZ)
出演:古舘佑太郎 石橋静河 和久井映見 光石研 清原果耶 小林喜日 大西利空 しゅはまはるみ 渡辺道子 ポール・マグサリン 山﨑光 蒔田彩珠 泉澤祐希 恒松祐里 吉村界人 岸井ゆきの 峯田和伸 宮本信子
配給:ファントム・フィルム  
2019年7月5日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。
©2019「いちごの唄」製作委員会
公式サイト: ichigonouta.com

書籍情報
小説『いちごの唄』
岡田惠和 峯田和伸/朝日新聞出版

幅広い層から絶大な人気を誇るロックバンド・銀杏BOYZの詞曲をもとに、NHK朝ドラ『ちゅらさん』『ひよっこ』などで知られる脚本家・岡田惠和が書き下ろす青春物語。峯田和伸(銀杏BOYZ)描き下ろしの絵も収録。
定価:1512円(税込)

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10