Jul 02, 2019 interview

岡田惠和×峯田和伸、世代の違う2人が“意識低い系男子“への共鳴&音楽との出会いを語り合う

A A

作品の応援にたくさんのカメオ出演者

——ラーメン屋さんは、小説の時から峯田さんが演じることを予定して書いていたんですか?

岡田 いやいや、小説を書いていたときはそんなふうに想定してなかったです。ただ、映画化の企画が具体化していく中で、「峯田くんにも出てほしいよね」という話がプロデューサーなどから出たときに、客観的に「ここ(ラーメン屋)かな」って気はしたんですよ(笑)。結果的にちょうどいい感じになりましたね。あの役は映画のなかでも唯一2人を見守っている役なので。僕としては、峯田くんにいい役をやってもらったと嬉しく思っていますが、本人にしてみると、音楽と同じで、ちょっと出過ぎかなあと思っているかもしれないね(笑)。

峯田 ははは。確かに。ストリートミュージシャンくらいでよかったかな。曽我部恵一さんがやっていましたよね。あんな感じにちらっと出るだけで。

岡田 そうは言っても、せっかくですから(笑)。それと、偶然、髪の毛が短かい時だったから良かったんですよね。あれがいつもの髪型だと違和感があったかもしれないです。

峯田 ははは。

——野球好き設定ですが、あれを考えたのは。

峯田 衣装合わせの時にスタイリストさんに「こういうのもありますがどうでしょうか」と野球帽の提案をいただきまして。むき出しの坊主頭で出ても良かったんですが、何かアクセントが欲しいな、帽子かぶってみようかなと、かぶってみたら、こういう人、ラーメン屋さんにいそうだねとなって。それで決めました。

岡田 いそうですね。とくに中央線にね。それと、水道橋にもいそう。

峯田 ははは。

——ラーメン屋にブロンソンズ(みうらじゅんと田口トモロヲ)がいますよね。ブロンソンズとして出ているのかは定かではないですが、2人一緒だとブロンソンズと思ってしまって(笑)。

岡田 そのキャスティングに関して、僕はノータッチです。客のキャラ指定も脚本に書いてありません(笑)。

峯田 出てくれて楽しかったけれど、大変でしたよ(笑)。2人とも勝手なことばかりしているから。役者だったらこうするかもしれないけど「ブロンソンズならこう言うね」って感じで勝手にやっていて。でも2人には誰も何も言えないし、たとえ言っても聞かないし(笑)。

岡田 あの場面、けっこう大事な芝居も行われているにもかかわらず、みうらさんと田口さんの存在感でカオスなシーンになっていましたね。

峯田 そうなんですよ。

岡田 カメオ出演の話を聞いた時「大丈夫?」 って思ったんですよ。田口さんはご自分で監督もやっているから、菅原くんはやりづらいんじゃないかと(笑)。

峯田 この2人にオファーするのはやめたほうがいいんじゃないですかと僕は言いましたよ(笑)。想像しているのと実際違って本当に現場がややこしくなりますよって(笑)。でも、楽しかったです。出番の前は、控室でずっと三人で世間話をしてました。「本番始まります」ってなっても「まだいいじゃない」「もう行くの」と引き止められて。僕が出ていった後もずっとしゃべっていて。何しに来ているんだよ、この人たちって思いました(笑)。

——ほかにも、宮藤官九郎さん、麻生久美子さんなど峯田さんがこれまで出演された映画に関わった方々がたくさん出ていますね。

峯田 嬉しいですね。でも、みうらさんと田口さん以外は現場で一緒になってないんですよ。僕も撮影に参加したのは一日だけでしたし。

——髪型からすると、大河ドラマ『いだてん』の撮影と重なっていたのでしょうか。忙しいですね。

峯田 いやそんなこともないんですよ。『いだてん』も撮影は月に3~4日くらいですし。朝ドラや大河に出ると、それ以外のドラマや映画に出ている時とは周囲の反応が違いますね。「最近、いっぱい出てますね」とよく言われるんですよ。実際は一年間でお芝居に費やしている時間はここ5年くらいで変わってないんですけどね。

岡田 そうだろうね。とくに大河は大人数が出ていて、それぞれのエピソードがあるから、1人の役者さんはそんなに拘束されないのかもしれないね。

峯田 そうなんです。

岡田 朝ドラや大河って多分、ほかのドラマや映画に比べて世間が受け取る情報量が多いんですよね。

峯田 Yahoo!ニュースとかに突出して記事も出ますよね。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10