Dec 21, 2017 interview

松岡茉優インタビュー「生きづらさを痛感している全ての人に響くように、演じました」

A A

 

山田詠美さんの小説が中高時代のバイブルです

 

──原作を読むともう少しイチの人となりがわかるような気がします。原作者である綿矢りささんとお会いになられたそうですね。

綿矢さんの作品はどれも女子達の叫びやスカっとする部分、グズグズするものなど魅力的に書かれていて、一体どんな半生を送ってこられたのだろうかと以前から興味を抱いていたんです。今回お会いできて嬉しかったですし、とても可憐で可愛らしい方でした。

──どんなお話をされたのでしょうか?

私の中高時代のバイブルが山田詠美さんの小説なんですけど、綿矢さんも山田詠美さんがお好きとおっしゃって、その話で盛り上がりました。綿矢さんの小説を読んでいると、山田詠美さんの小説を想像させられるような場面や一文が出てくるので、きっとお好きなんだろうなと勝手に思っていたんです。好きな作家さんが同じだと共通言語も増えるので、それが凄く嬉しかったですし“あの本のあそこのシーン好き!”と二人でキャピキャピしました(笑)。綿矢さんがどんな学生時代を過ごしたのかという話をもっと聞きたかったので、またお会いできたらいいなと思います。

 

 

──otoCotoではお気に入りの本や漫画を紹介していただいているのですが、最近お気に入りの恋愛漫画を教えて頂けますか。

最近は「路地恋花」という漫画が凄く好きです。京都を舞台にした作品で、読んでいると京都にいるような気分が味わえるんですよ。オムニバス形式なんですけど、全てがリンクしていて最後に色んなことの意味がわかったり繋がったりするところが面白かったです。京都人の強さや可憐さ、品の良さが詰まっていてとても美しい漫画なので、続編の「小路花唄」も合わせて是非読んで頂きたいです。

──松岡さん激推しの漫画をもう1作品教えて頂きたいのですが。

「約束のネバーランド」は激推しです! いまの小中学生はこの漫画をどう捉えているのか気になりますし、“友情・勝利・努力”はどこへいった?っていうぐらいダークな世界観の漫画で(笑)。話が進むごとにどんどん白熱していってるので、新刊が出たら真っ先に読みたいランキング1位と言えるぐらい面白いです。こちらも是非読んでみてください!

 

取材・文 / 奥村百恵
撮影 / 大川晋児
ヘアメイク/松田美穂(アルール)
スタイリスト/中井綾子(クレープ)

 

 

プロフィール

 

松岡茉優

1995年、東京都生まれ。2008年テレビ東京「おはスタ」でおはガールとして本格デビュー。2012年に映画『桐島、部活やめるってよ』、2013年NHK連続テレビ小説『あまちゃん』などで注目される。昨年はNHK大河ドラマ「真田丸」に出演し、映画『猫なんかよんでもこない。』、『ちはやふる』で第8回TAMA映画賞・最優秀新進女優賞、第40回山路ふみ子映画賞・新人女優賞を受賞。来年は映画『blank13』や『ちはやふる -結び-』の公開が控えている。3月3日からは舞台『江戸は燃えているか』(作・演出三谷幸喜)に出演。

 

作品紹介

 

映画『勝手にふるえてろ』

24歳のOLヨシカ(松岡茉優)は中学の同級生“イチ”(北村匠海)に10年間片想いし続けてきた。ある日、会社の同期の“ニ”(渡辺大知)から突然告白され「人生で初めて告られた!」とテンションがあがるが、“ニ”との関係にいまいち乗り切れない。思いを引きずり続けている脳内彼氏の“イチ”と、リアルな“ニ”との恋愛の同時進行に戸惑うヨシカは、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこう」と思い立ち、ありえない嘘をついて同窓会を計画する。そしてついにヨシカとイチの再会の日が訪れるが……。ヨシカ役に今作で映画初主演の松岡茉優、イチ役をDISH//の北村匠海、二役を黒猫チェルシーの渡辺大知が演じている。

原作:「勝手にふるえてろ」(綿矢りさ/文春文庫刊)
監督・脚本:大九明子
出演:松岡茉優 渡辺大知(黒猫チェルシー)石橋杏奈 北村匠(DISH//)古舘寛治 片桐はいり 他
配給:ファントム・フィルム
2017年12月23日(土・祝)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
 ©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
公式サイト:http://furuetero-movie.com/

 

原作本紹介

 

「勝手にふるえてろ」綿矢りさ/文春文庫

「インストール」「蹴りたい背中」「夢を与える」など女性のリアルな感情を描く人気作家の綿矢りさが発表した妄想力爆発の恋愛小説。中学時代からの片思いをしている脳内彼氏の“イチ”と、会社の同期で暑苦しい“ニ”とのリアルな恋愛の間で揺れる不器用なOLヨシカを主人公にした切なくもコミカルな恋愛模様が描かれている。

■電子書籍で購入する

Reader Storeはこちら
ブックパスはこちら

綿矢りさ作品はこちら

Reader Storeはこちら
ブックパスはこちら

 

松岡茉優さんおススメ紹介

 

「路地恋花」麻生みこと/good!アフタヌーン

京都の街外れに物作りで生計を立てている多くの若者が集まる長屋。そこには絵描きや布小物屋などを営む人達が居住していた。小春が営む手作り本工房「綴」には老人ばかりが訪れていたが、ある日ミュージシャンの十和田がやって来る。「譜面と詞を本にしてほしい」という彼のオーダーに応えるべく奮闘する小春は、彼のある秘密に触れてしまい……。

■電子書籍で購入する

Reader Storeはこちら
ブックパスはこちら

 

「小路花唄」麻生みこと/good!アフタヌーン

Reader Storeはこちら
ブックパスはこちら

 

「約束のネバーランド」白井カイウ、出水ぽすか/週刊少年ジャンプ

グレイス=フィールドハウスで暮らす主人公のエマ、ノーマン、レイ。いたって平穏なこのハウスでささやかながらも幸せな日々を送っていた3人だったが、彼らの日常はある日、突然終わりを告げる。子ども達を待つ数奇な運命とは…。彼らがなぜそこにいるのか、絶望に立ち向かう子供たちの雄姿を描いた衝撃の脱獄ファンタジー。

■電子書籍で購入する

Reader Storeはこちら
ブックパスはこちら

 

山田詠美作品はこちら

■電子書籍で購入する

Reader Storeはこちら
ブックパスはこちら

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10