Sep 17, 2019 interview

今泉力哉×三浦春馬、初タッグ作で「別の世界が現れた」「ここだけは引かなかった」シーン秘話を明かす

A A

二人が影響を受けた人とは?

――お二人のルーツになった作品や影響を受けた人物を教えてください。

今泉 僕はジャン=ウジェーヌ・アジェというフランスの写真家です。写真も素晴らしいんですけど、その方の人生がすごくおもしろいんです。もともと役者を希望したり、旅芸人みたいなことをしたり、画家に憧れて画家になろうとするんですけど全部がうまくいかない。で、その当時、画家が絵を描くための下絵を撮るという職業写真家がいたんですよ。どちらかというと芸術表現よりも食べるために写真を撮っていた人たち。アジェはそういう写真を撮る一方で、フランスの街の――しかも日常の、絵になるというよりは本当にただの日常の写真をめちゃくちゃ撮っていたんですけど、それが“近代写真の祖”みたいに言われるようになって、最終的には芸術家として評価されるんですよ。

――画家でも死後に評価される人がいますよね。

今泉 そうです。表現者になりたくてもがいていた時は全部挫折したのに、仕事のために写真家になってから、死後、表現者として評価された話を聞いた時、人生でうまくいかないこととかたくさんあるし、自分はいまなんで映画監督をやれているのかとか考えたりすることもあって。ふと、いまキツいなとか不幸だなって感じる時にアジェの人生を思うと、いまがつらくても何か糧になるんじゃないかなと思ったりもします。その人の人生の皮肉な部分も含めて、表現者としてすごく興味深いなと思います。

三浦 僕は以前、床剥がしと床貼りの体験をさせてもらったことがあって、ある職人さんについてその技術を身近で見させてもらったんです。そういう仕事はだいたい夜にすることが多いとのことなのですが、その時、僕たちが寝静まっている間にも、こんなにもたくさんの人たちが稼働しているんだっていうことを痛感したんですよね。よく落ち込んだ時に空を見上げろとか言われるけど、上じゃなくて下にも仕事って広がっていて、僕たちが踏みしめているコンクリートだって実は人の手で作られているし、人の汗や想いがあっていろいろなものが作られているんだってことをその体験があったからこそ感じられるようになったんです。仕事に対する価値観も変わったし、今度、そういう役どころが来たら役に立つかもしれないし。僕にとって、その職人さんが影響を受けた人ですね。

取材・文/熊谷真由子
撮影/中村彰男

プロフィール
Advertisement
今泉力哉(いまいずみ・りきや)

1981年生まれ、福島県出身。2010年に『たまの映画』で長編映画監督デビュー。2012年、恋愛群像劇『こっぴどい猫』を発表し、2013年の『サッドティー』の出品を機に、東京国際映画祭に5度参加。ほかの監督作に『知らない、ふたり』(16年)、『退屈な日々にさようならを』(17年)、『パンとバスと2度目のハツコイ』(18年)、『愛がなんだ』(19年)など。今後は映画『街の上で』(10月13日に下北沢映画祭にてプレミア上映)、『his』(2020年1月24日公開)、10月期ドラマ『時効警察はじめました』が待機している。

Advertisement
三浦春馬(みうら・はるま)

1990年生まれ、茨城県出身。1997年にNHK連続テレビ小説『あぐり』でデビュー。近年の主な映画の出演作に、『君に届け』(10年)、『永遠の0』(13年)、『進撃の巨人』2部作(15年)、『銀魂2 掟は破るためにこそある』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(18年)、『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』(19年)など。映画・ドラマのほか『罪と罰』(19年)、ミュージカル『キンキーブーツ』(16年・19年)など舞台でも活躍している。主演ドラマ『TWO WEEKS』が放送中。

公開情報
『アイネクライネナハトムジーク』

仙台駅前。大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季(多部未華子)と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司(原田泰造)や、分不相応な美人妻(森絵梨佳)と可愛い娘を持つ佐藤の親友(矢本悠馬)、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師(貫地谷しほり)らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす─―。
原作:伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』(幻冬舎文庫)
監督:今泉力哉
出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造
主題歌:斉藤和義『小さな夜』(スピードスターレコーズ)
配給:ギャガ
2019年9月20日(金)公開
©2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
公式サイト:https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

書籍情報
Advertisement
『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎/幻冬舎文庫
SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10