Dec 24, 2021 news

知られざるロイヤルファミリーのクリスマス休暇とは?映画『スペンサー』場面写真が公開

A A

ダイアナ元皇太子妃の没後25年となる2022年に公開する映画『スペンサー』。本年度のヴェネツィア国際映画祭、トロント映画祭と名だたる主要映画祭で上映し、話題をさらった本作。アメリカ最大の映画評論サイト、RottenTomatoでも84%の好意的評価を獲得。

1997年8月31日、ダイアナ元皇太子妃が交通事故で亡くなったというニュースは世界中に衝撃を与えた。スペンサー伯爵家の令嬢として誕生し、両親が7歳で離婚、チャールズ皇太子と恋に落ち、20歳で結婚すると瞬く間に人気者となったダイアナ。世界中で「ダイアナ・フィーバー」を巻き起こし、2人の息子を育て、死の直前まで人道支援活動に心を注いだ「愛の人」。36歳という短い生涯を駆け抜けた彼女の生き様は世界中の人々に希望と共感を与え今なお愛され続けている。

英国王室の伝統的な習わしのひとつでもあるクリスマス。休暇中にはロンドンから北に160キロ離れたノーフォーク州にあるサンドリンガム・ハウスにロイヤルファミリーが全員集合し、家族団らんを楽しむのが恒例。ダイアナ元皇太子妃がチャールズ皇太子との離別を決意したといわれる1991年のサンドリンガム・ハウスでの出来事を描いた本作でも、クリスマスの記念に家族写真を撮影するシーンが登場し、その場面写真公開された。

知られざるロイヤルファミリーのクリスマス休暇とは?映画『スペンサー』場面写真が公開
©Pablo Larrain

一見すると、家族水入らずで過ごすクリスマスの幸せな様子が切り取られているようだが、ダイアナとチャールズの顔に笑顔はなく、2人の関係性に緊張感が見える。この時すでにチャールズとカミラの関係について知っていたというダイアナだが、幸せの象徴であるクリスマスを、彼女は一体どんな思いで過ごしていたのか。また映画では王室の華やかであると同時に厳かなクリスマスの様子も描かれており、一般家庭から皇族入りをしたダイアナには息苦しさを覚える驚くべき習慣の数々も明かされる。

ダイアナを演じるのは、 『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』のクリステン・スチュワート。キャリア史上最高の演技と称された渾身の演技は、アカデミー賞最有力との呼び声も高い。脇を固めるのは、ジャック・ファーシング(「風の勇士 ポルダーク」)、『英国王のスピーチ』のティモシー・スポール、『シェイプ・オブ・ウォーター』のサリー・ホーキンス、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のショーン・ハリスら名優たち。

そして監督を務めるのは、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』でジャクリーン・ケネディの知られざる姿を描き、主演のナタリー・ポートマンをアカデミー賞ノミネートに導いたパブロ・ラライン。鋭い洞察力と確かな手腕でダイアナの孤独と苦しみを静かに浮き彫りにする。

知られざるロイヤルファミリーのクリスマス休暇とは?映画『スペンサー』場面写真が公開
©Frederic Batier

知られざるロイヤルファミリーのクリスマス休暇とは?映画『スペンサー』は、2022年に全国公開。

作品情報
知られざるロイヤルファミリーのクリスマス休暇とは?映画『スペンサー』場面写真が公開
映画『スペンサー』

1991年のクリスマス。ダイアナ妃とチャールズ皇太子の夫婦関係はもう既に冷え切っていた。不倫や離婚の噂が飛び交う中、クリスマスを祝う王族が 集まったエリザベス女王の私邸サンドリンガム・ハウス。ダイアナ以外の誰もが平穏を取り繕い、何事もなかったかのように過ごしている。息子たちとのひと時を除いて、ダイアナが自分らしくいられる時間はどこにもなかった。ディナーも、教会での礼拝も、常に誰かに見られている。彼女の精神はすでに限界に達 していた。追い詰められたダイアナは、生まれ育った故郷サンドリンガムで、今後の人生を決める 一大決心をする。

監督:パプロ・ラライン

主演:クリステン・スチュワート、ジャック・ファーシング、ティモシー・スポール、サリー・ホーキンス、ショーン・ハリス

配給:STAR CHANNEL MOVIES

© 2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED

2022年 全国公開