Dec 26, 2021 news

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

A A

素敵な「おうち時間」を過ごしながら、そろそろ外での楽しみも増やしていきたい‥‥そんな気持ちにこたえる、映画館のスクリーンで楽しめる、冬休み&2022年の注目大作映画をまとめてご紹介。 今回は《洋画》編。 伝説作品初の映像化や、豪華キャスト陣が集結した天才監督の記念すべき10作目、人気シリーズの最新作など、超待望の豪華ラインナップが目白押しとなっています。

作品ラインナップ
日本語劇場版『サンダーバード55GOGO』 / 『ハウス・オブ・グッチ』 / 『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』 / 『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』 / 『シラノ』 / 『ナイトメア・アリー』 / 『マリー・ミー』 / 『トップガン マーヴェリック』 / 『ザ・ロストシティ』 / 『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』 / 『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』


日本語劇場版『サンダーバード55GOGO』

1月7日(金) 劇場上映 / 1月8日(土) オンライン上映

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いマリオネット・エンターテインメント「サンダーバード」。なかでも日本での人気は絶大で、「ウルトラセブン」をはじめとした黎明期から、今日では『シン・ウルトラマン』監督の樋口真嗣や『シン・仮面ライダー』監督の庵野秀明がファンであることを公言するなど、数々の日本特撮、ロボット・SF アニメ作品にも多大なる影響を与え、世界でも、『2001年宇宙の旅』『スター・ウォーズ』『007』など錚々たる作品に影響を与えた伝説的作品として知られている。その伝説が、当時の技術を再現した奇跡の完全新作として帰ってくる。

本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に一本化した日本語劇場版である本作。3話のエピソードはオリジナルシリーズ放送当時音声ドラマとして書かれた脚本をもとに、はじめて映像化されたもの。オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影された。オリジナルの撮影手法を完全再現した新作3話を、日本の特撮を牽引する樋口真嗣が日本公開用に構成。大のサンダーバードファンである樋口真嗣が、イントロダクション・各話間・カーテンコールを新たに制作。

今作の中心人物の国際救助隊員、ペネロープは、モデルもこなす貴族の娘で元スパイ。その日本語キャストに満島ひかりが決定。初代ペネロープの声は黒柳徹子が務めていたが、「トットてれび」で黒柳役を演じた満島ひかりが黒柳徹子からバトンタッチ。ほか井上和彦、大塚芳忠、森川智之、日野聡、櫻井孝宏、江口拓也、堀内賢雄、立木文彦ら大ベテランから大人気声優まで豪華日本語キャスト陣が集結。1965年の劇場版でスコット・トレーシーを演じた大塚芳忠が、半世紀の時を経てパパ、ジェフ・トレーシーを演じるのもファン感涙もの。

『ハウス・オブ・グッチ』

1月14日(金) 全国公開

冬休み&2022年の注目新作映画を一挙紹介!【洋画編】

ブランドの元祖と呼ばれ、世界屈指のファッション・ハイブランド“GUCCI”。グッチ家の光と影を描いたサラ・ゲイ・フォーデン『ハウス・オブ・グッチ 上・下』を原作に、グッチ一族の確執とその中で起きたマウリツィオ・グッチ殺害事件が描かれる。グッチ家崩壊を招くパトリツィア・レッジャーニにレディー・ガガ、夫のマウリツィオ・グッチにアダム・ドライバーが扮するほか、アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジャレッド・レトなどハリウッドを代表する豪華キャストが勢ぞろい。アカデミー賞作品賞を受賞した『グラディエーター』など幅広い作品を世に送り続けるハリウッドの巨匠リドリー・スコット監督が、華麗なるグッチ一族崩壊の闇に包まれた衝撃の実話を暴き出す。

本作はアカデミー賞の前哨戦ともいえる第79回ゴールデングローブ賞にて、レディー・ガガが主演女優賞(映画・ドラマ部門)で見事ノミネート、更にレディー・ガガがニューヨーク映画批評家協会賞を受賞。サテライト賞では<ドラマ部門>の主演女優賞、ならびにジャレッド・レトが助演男優賞にノミネートされているほか、全米各地の映画批評家協会賞で本作が続々と受賞およびノミネートされている。