Oct 27, 2022 news

浅野いにお原作 漫画家の“極限の業”を描いた衝撃作! 映画『零落』

A A

「ソラニン」から約11年後に連載され、漫画家として残酷なまでの“業”を描き浅野いにおの新境地となった“極限”の衝撃作「零落(れいらく)」が完全映画化。この度、2023年3⽉17⽇(⾦)よりテアトル新宿ほか全国公開決定。

カリスマ漫画家として活躍する浅野いにお。週刊ヤングサンデーにて連載された「ソラニン」は、2010年に宮﨑あおい主演、三⽊孝浩監督により映画化され⼤ヒットを記録。そして2021年には2作⽬の映画化となる『うみべの⼥の⼦』が公開。2023年3⽉からビッグコミックスペリオールにて新連載が開始予定、さらには「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」の⾃⾝初アニメ化も決定している。

本作の原作「零落」は、圧倒的な空虚感という極限状態を経験して初めて現れる、人気漫画家の本当の姿、漂流する“表現者”の魂の喪失と覚醒が描かれている。10⽉28⽇に発売となるビッグコミックスペリオールには、原作者・浅野いにおのコメントと映画の場⾯写真が独占で掲載される。

浅野いにお原作 漫画家の“極限の業”を描いた衝撃作! 映画『零落』

監督を務めたのは、俳優、歌⼿として活動する⼀⽅、映画監督もこなすなどマルチに活躍をしている⽵中直⼈。1992年に主演も務めた初監督作『無能の⼈』をはじめ、『119』『東京⽇和』『サヨナラ COLOR』『ゾッキ』などがあり本作で監督作10本⽬となる。

売れっ⼦漫画家から落ちこぼれ漫画家となった主⼈公の深澤薫役を演じるのは、俳優のみならずプロデューサーや映画監督としても幅広く活躍をしている、斎藤⼯。表現者なら誰もが共感する“業”に真っ正⾯から挑み、敗北感にとらわれ孤⽴する漫画家像に、リアルな魂を宿している。

そして、物語の鍵を握るつかみどころのないミステリアスな⾵俗嬢・ちふゆを演じるのは、2022年に『流浪の⽉』、『もっと超越した所へ。』など出演映画が⽴て続けに公開しているほか、NHK2023年度後期連続テレビ⼩説「ブギウギ」ヒロインに決定するなど近年活躍が⽬覚ましい、趣⾥。いつも何かに漠然と苛⽴ち、蜃気楼のように実態があるようでないような不思議な⼥性像を、リアルかつ刺激的に熱演している。

また、夫の深澤薫と衝突を繰り返しながらも、漫画家としての彼の才能を信じ、⼀途な愛を貫こうと葛藤する漫画編集者・町⽥のぞみを演じるのは、MEGUMI。本作のプロデューサーも兼任する彼⼥は、⾃分の出番のシーン以外でも⾜繁く撮影現場に通い、作品そのものにも⼀途に寄り添っていたという。

そして、映画化を記念して浅野いにお描き下ろしイラストも解禁。主人公が無性に惹かれてゆく、ミステリアスな風俗嬢・ちふゆを描いた、「歓楽街に佇む、ちふゆ」

浅野いにお原作 漫画家の“極限の業”を描いた衝撃作! 映画『零落』
© 浅野いにお/小学館

【キャスト・監督 コメント一覧】

■斎藤工
私の中で「零落」は浅野作品の中でも特別な位置付けにある作品。浅野いにおさん自身の根幹部分に最も近付けた様な気がするからだと思います。浅野作品が何故こうまでも内臓に響くのか、その理由の様な”苦しみの原動力”が赤裸々に描かれている。
映画『零落』は、その得体の知れない人間の業、感情に、生身の人間達が挑んだ記録なのかも知れません。竹中組の皆で『零落』に向かい、作り上げる中、深澤と言う概念は、全ての人の中に“心当たり”がある気もしました。この感覚は竹中監督の『無能の人』を観た時に近いのかも知れません。無条件で己の奥にあるモノを引っ張り出されると言うか。
映画館は未知の世界と出逢える夢の場所であると同時に、目を逸らし続けて来た現実と、自分自身と対峙する場所なのだと、試写を観て思いました。これはあなたの物語なのかも知れません。劇場で味わって頂けたら幸いです。

■趣里
いにお先生の描く世界の中で、ちふゆとして生きられたこと、本当に嬉しく、光栄でした。ちふゆは今どこでなにをしているのか、撮影が終わった今でも想像してしまうほど、濃密で、素敵な時間でした。その一瞬一瞬が、悲しいけれど、美しく、自分以外の誰にもわかってもらえないことに寄り添ってくれている、そんな感覚になりました。素晴らしいキャスト、スタッフの皆様と紡いだ「零落」、参加することができてとても幸せでした。楽しみにしていただけたら嬉しいです。

■MEGUMI
若い時に描いた自分とは明らかな違い。少しづつ堕ちていく感覚。複雑すぎる日々。大人の思春期に真っ直ぐ向き合った今作が、観た方の日々をそっと照らします様に。

■竹中直人監督
とある日、本屋さんに立ち寄るとひとりの少女に出会った。その少女はじっとこちらを見つめてる。その少女をそっと手に取った。少女から目を逸らすと《零落》という文字が浮かび上がった。「れ・い・ら・く」その言葉が思わず口を衝いて出る。そして‥‥原作がなんと【浅野いにお】!その文字に脳が震える!
一枚、一枚ゆっくりとページをめくってゆく‥‥どれくらいの時間が経ったのか最後のページを閉じた時、「‥‥映画にしたい‥‥!《零落》を絶対に映画にしたい!」と心が叫んでいた。浅野いにおが描いた《零落》を絶対に映画にする!それだけの思いでぼくは一気に走り出した!うおー!!!

作品情報
浅野いにお原作 漫画家の“極限の業”を描いた衝撃作! 映画『零落』
映画『零落』

8年間連載してきた漫画が完結を迎え、“元”売れっ子漫画家となった深澤。次回作のアイデアも浮かばず、担当編集者からはぞんざいに扱われ、募る敗北感。すれ違いが生じていた妻との関係は冷え切り、漫画家として切望されることのない現実が始まった。時間を浪費するだけの鬱屈した日々は深澤を蝕んでいく。虚無感を抱えたまま立ち寄った風俗店で、深澤は猫のような眼をした「ちふゆ」と名乗る風俗嬢と出会う。自分のことを詮索せず、ただ「あなたはあなた」と言って静かに笑う「ちふゆ」に、急速に惹かれていく深澤。ある日、深澤は「ちふゆ」とともに彼女の故郷へと向かうことになり‥‥。

監督:⽵中直⼈

原作:浅野いにお「零落」(⼩学館 ビッグスペリオールコミックス刊)

出演:斎藤⼯、趣⾥、MEGUMI

製作幹事・配給:⽇活 / ハピネットファントム・スタジオ

©2023 浅野いにお・⼩学館/「零落」製作委員会

2023年3⽉17⽇(⾦) テアトル新宿ほか全国公開

公式サイト happinet-phantom.com/reiraku

SHARE