Oct 28, 2021 news

三姉妹の癒しと成長の物語 映画『花椒の味』長女役サミー・チェンと監督が語るインタビュー&メイキング映像が公開

A A

香港、台北、重慶、別々の土地で育った三姉妹は、父親の死でお互いの存在を初めて知り、出会う。父の火鍋店を継ぎ、秘伝のスープを再現する過程を通して、家族の温かさを知り、家族と自分自身と向き合う、癒しと成長の三姉妹の物語の映画『花椒(ホアジャオ)の味』が11月5日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開される。

三姉妹の長女ユーシューを演じるのは、香港のトップスター、サミー・チェン(鄭秀文)。次女ルージーは、台湾の女優メ―ガン・ライ(賴雅妍)。三女ルーグオは、リー・シャオフォン(李曉峰)。ユーシューが心を開く麻酔医チョイ・ホーサン(蔡浩山)に、リッチー・レン(任賢齊)。元婚約者クォック・ティンヤン(郭天恩)に、アンディ・ラウ(劉德華)。ルージーの母親ジャン・ヤーリン(張雅玲)役に、台湾のベテラン、リウ・ルイチー(劉瑞琪)。ルーグオの祖母リウ・ファン(劉芳)役に、中国国家一級俳優のウー・イエンシュー。三姉妹の父親ハー・リョン(夏亮)役に、歌手・俳優のケニー・ビー(鍾鎮濤)など、豪華キャストが集結している。

三姉妹の癒しと成長の物語 映画『花椒の味』長女役サミー・チェンと監督が語るインタビュー&メイキング映像が公開

ロングの黒髪とメガネ姿、落ち着いていて頑固な性格だが、愛情深く、時にはおちゃめな一面も見せる長女ユーシューのメイキング&インタビュー映像が公開された。映像では、サミー・チェンとヘイワード・マック監督が、父との関係によって愛に執着してしまったユーシューの心情を語っている。

サミー・チェンは「ユーシューは感情を抱え込んでいる人。父親を恨んでいるせいで、いい関係を築けていない。子供の頃にしばらく父親が不在だったから、世の男性を信頼できずにいる。」と、ユーシューは父のせいで誰とも心を通わせられなかったと話す。また、撮影している間も脚本に感動したそうで「三姉妹のうち、私が一番父の近くにいたのに、心は一番離れていた。その境遇に同情した。」と、涙する場面も。ヘイワード・マック監督は「父親が亡くなってからユーシューは一年かけて気持ちを整理する。本当は父が大好きだったと認め、そして長い間、抑圧していた感情を吐露する。」と、最後は自分が解放されるユーシューの気持ちに寄り添う。

第39回香港電影金像奨にて11部門ノミネートされ、最優秀美術指導受賞、第26回香港電影評論学会大奨では最優秀女優賞にノミネートされた映画『花椒(ホアジャオ)の味』は、11月5日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開。

作品情報
三姉妹の癒しと成長の物語 映画『花椒の味』長女役サミー・チェンと監督が語るインタビュー&メイキング映像が公開
映画『花椒(ホアジャオ)の味』

疎遠になっていた父が、突然店で倒れた。ユーシューは、会社から病院に駆けつけるが、もう亡くなった後で話すこともできなかった。久しぶりに店に来て、渡された父の携帯から、自分の名前に似た知らない名前を見つける。葬儀の日、台北からプロのビリヤード選手でクールな次女ルージー、重慶からオレンジの髪色で表情豊かな三女ルーグオが現れ、初めて3人の異母姉妹が顔を合わせる。香港島大坑にある、父が経営していた火鍋店「一家火鍋」の賃貸契約はまだ残っており、解約すれば違約金も発生する。従業員もいる。ユーシューは、父の店を継ぐことを決心する。しかし、誰もレシピを知らないため、常連客の望む“父の麻辣鍋”のスープが作れない。客足は少しずつ遠のく。ルージー、ルーグオも駆けつけ、三姉妹は、なんとか父秘伝の味を再現しようと奮闘する。

脚本・監督:ヘイワード・マック

出演:サミー・チェン、メーガン・ライ、リー・シャオフォン、リウ・ルイチー、ウー・イエンシュー / リッチー・レン、ケニー・ビー / アンディ・ラウ

配給:武蔵野エンタテインメント株式会社

©2019 Dadi Century (Tianjin) Co., Ltd. Beijing Lajin Film Co., Ltd. Emperor Film Production Company Limited Shanghai Yeah! Media Co., Ltd. All Rights Reserved.

2021年11月5日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開

公式サイト fagara.musashino-k.jp