Aug 10, 2022 news

世界初のレストラン開業の秘密、教えます 映画『デリシュ!』本編映像&宮廷料理人の絶品レシピ公開

A A

9月2日(金)より公開される映画『デリッシュ!』。主人公は、世界初のレストランを作った男で、公爵を唸らせる腕前を持つ元宮廷料理人・マンスロン。彼が公爵家の厨房で腕を振るう本編映像が公開された。

本作『デリシュ!』は、美食の国、フランスを舞台に、世界で初めてレストランを作った男の爽快な人間ドラマ。

1789年、フランス革命前夜。宮廷料理人マンスロン(グレゴリー・ガドゥボワ)は、自慢の創作料理「デリシュ」にジャガイモを使ったことが貴族たちの反感を買い、主人である傲慢な公爵(バンジャマン・ラベルネ)に解任される。失意を抱えた彼は、息子(ロレンゾ・ルフェーブル)を連れて実家に帰る。

ある日、料理を学びたいという謎めいた女性ルイーズ(イザベル・カレ)が現れる。彼女の助けと息子の協力を得たマンスロンは料理を作る喜びを再び見出し、世界で初めて一般人のために開かれたレストランを営むとことに。

店はたちまち評判となり、公爵が訪れることに。貴族と庶民が同じ場所で食を共にすることが考えられなかった時代に、世界で初めての「レストラン」はいかにして生まれたのか!? フランス革命と共に訪れる「食の革命」、世界初のレストラン誕生の秘密が今明らかになる。

世界初のレストラン開業の秘密、教えます 映画『デリシュ!』本編映像&宮廷料理人の絶品レシピ公開

今回公開されたのは、宮廷料理人マンスロンが、精魂込めて美味しい料理を作る映像だ。

映像は小麦とバターを合わせ、ミルクと卵を混ぜ合わせて生地を繊細にこねていく描写で幕をあける。生地を円形の型で切り込み、薄くスライスしたジャガイモにトリュフを詰めていく。その上に三日月型の生地を重ね合わせて、仕上げに卵黄を塗る。

実はこの料理、マンスロンが“デリシュ”と名づけた自慢の創作料理なのだ。その出来映えをルーペで覗き込むマンスロン。だが、フライパンを落とすけたたましい音に静寂はかき消される。

カメラは見習いの少年の背中を追って、マンスロンが仕切っている宮廷料理の厨房へと移動していく。鍋を洗う者、野菜を切る姿、器用にフライパンを返す料理人もいる。厨房内を一望したマンスロンが、「バターだ! 精を出せ! バターを使え。惜しみなく」と叫ぶなかで、白い作業着とコック帽の料理人たちがそれぞれに忙しく料理を続けている。

世界初のレストラン開業の秘密、教えます 映画『デリシュ!』本編映像&宮廷料理人の絶品レシピ公開

「魚介には氷を、肉には火を、鳩はレアに、野菜はカリカリに」と、すべての料理に気を配るマンスロンの視点の先には、色とりどりの野菜、氷漬けの新鮮な魚介類、グリルで焼いた肉などの映像が畳みかけられ、見ている誰もが食欲をそそられること間違いなし。

「ただ作るんじゃない。うまい料理を作るんだ。喜ばせろ!」と、公爵の食事会に集った貴族たちに極上の料理を給仕しようとする姿からは、公爵への忠誠心と料理人としてのプライドが垣間見える内容となっている。

くわえて本編冒頭にも登場し、物語のキーとなる創作料理「デリシュ」のレシピも公開。