Jun 21, 2022 news

「殺人は労働だ」暴れん坊パワーワードで登場人物4人のゲス野郎紹介 一夜限りの耐久バイオレンス・アクション、映画『炎のデス・ポリス』特別映像公開

A A

ジェラルド・バトラー主演、ジョー・カーナハン監督の最新作、映画『炎のデス・ポリス』が7月15日(金)より全国公開される。この度、本作主要キャラクター4人の魅力をたっぷり詰め込んだキャラクター紹介映像が公開された。

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』のジョー・カーナハン監督の最新作である本作は、砂漠にポツンと立つ警察署を舞台に腹の探り合い騙し合いの果てに、壮絶な大銃撃戦が繰り広げられる一夜限りの耐久バイオレンス・アクション。

主人公・冷酷非情な殺し屋ボブをジェラルド・バトラー、手練れの詐欺師テディを マーベル・シネマティック・ユニバースのブラック・ラムロウ/クロスボーンズ役のフランク・グリロ、そして狂気のサイコパス・アンソニーを『ゴースト・バスターズ』(16)、『ハロウィン』(18)のトビー・ハスが演じる。

「殺人は労働だ」暴れん坊パワーワードで登場人物4人のゲス野郎紹介 一夜限りの耐久バイオレンス・アクション、映画『炎のデス・ポリス』特別映像公開

この3人と対峙する華奢な外見からは想像もつかない圧巻のガンプレイを披露する新米警官・ヴァレリーを若干25歳の若手ながら、『ブラック・パンサー』(18)、「ウォッチメン」(19~/TV)、『トゥモロー・ウォー』(21~/配信)など話題作への登板が続くハリウッドの新鋭アレクシス・ラウダーが演じる。

「殺人は労働だ」暴れん坊パワーワードで登場人物4人のゲス野郎紹介 一夜限りの耐久バイオレンス・アクション、映画『炎のデス・ポリス』特別映像公開

彼らの立ち居振る舞いや発する言葉は、どれもこれも規格外。
この度、公開されたWeb限定特別映像では、彼ら登場人物たちを刺激タップリな魅力をパワーワードで紹介する。

殺し屋・ボブの百戦錬磨っぷりを映画『シャイニング』のジャックさながら強烈なインパクトを与える豪快で狂気じみた笑顔とともに紹介するほか、命の危機に晒されてもなお「俺様が死ぬもんか」と湧き続ける根拠なき自信と口達者な己のスタイルを崩さない詐欺師・テディ。

「殺人は労働だ」暴れん坊パワーワードで登場人物4人のゲス野郎紹介 一夜限りの耐久バイオレンス・アクション、映画『炎のデス・ポリス』特別映像公開

「俺は殺し屋だから殺人は労働だ」という殺し屋という職業に対する誇りがビシビシと伝わってくる(?)名言・迷言を披露するサイコパス・アンソニー。

強すぎる正義感の暴走ゆえに「嬉しい 頭を撃ち抜ける」など本当に警官かと疑いたくなる超過激な言葉とともに銃を構える新米警官・ヴァレリー。

以上ゲス野郎4人のキャラクターをハイテンポ&ハイテンションで紹介する内容となっている。

作品情報
「殺人は労働だ」暴れん坊パワーワードで登場人物4人のゲス野郎紹介 一夜限りの耐久バイオレンス・アクション、映画『炎のデス・ポリス』特別映像公開
映画『炎のデス・ポリス』

ある夜、砂漠地帯にたたずむ警察署に、暴力沙汰を起こした詐欺師テディが連行されてくる。マフィアのボスに命を狙われ避難場所を求めてわざと逮捕されたのだ。しかしマフィアに雇われたスゴ腕の殺し屋ボブが泥酔男に成りすまし留置場のお向かいさんとなったから、さぁ大変。新人警官ヴァレリーの活躍によってボブのテディ抹殺計画は阻止されるが、マフィアが放った新たな刺客、サイコパスのアンソニーが現れて署員を皆殺しにし、小さな警察署はまるで戦場のような大惨事に。孤立無援の危機に陥ったヴァレリーと裏社会に生きる3人の男たちによる壮絶な殺し合いを生き抜き、朝を迎えられるのは誰だ!?

監督:ジョー・カーナハン

出演:ジェラルド・バトラー、フランク・グリロ、アレクシス・ラウダー、トビー・ハス

配給:キノフィルムズ

©2021 CS Movie II LLC. All Rights Reserve

2022年7月15日(金) 全国公開

公式サイト chopshop-movie.jp