Dec 16, 2022 news

山田裕貴×間宮祥太朗×岡山天音が声優決定!「魂を、音を込めた」と熱く演じる 映画『BLUE GIANT』

A A

2013年に石塚真一が「ビッグコミック」(小学館)で連載を開始した漫画「BLUE GIANT」(シリーズ累計:900万部超)。その圧倒的表現力は多くの読者を魅了し、“漫画から音が聞こえてくる”とも評され、現実のジャズシーンにも影響を与えている。そんな「BLUE GIANT」が、「最大の音量、最高の音質で、本物のジャズを届けたい」というスタッフの想いから、劇場映画化。

この度、声優を務めるキャストが解禁され、あわせて本予告映像&本ビジュアルも公開された。

山田裕貴×間宮祥太朗×岡山天音が声優決定!「魂を、音を込めた」と熱く演じる 映画『BLUE GIANT』

本予告映像は、サックスで世界一を目指す主人公の宮本大と、のちに大が結成するジャズトリオ“JASS”のメンバーになるピアノの沢辺雪祈とドラムの玉田俊二の3人のキャラクターを中心に描かれている。仙台から「世界一のジャズプレーヤーになる」という夢を追った大が上京するところから始まり、凄腕ピアニストの雪祈との出会いや、大の高校の同級生・玉田がドラムへの情熱に目覚める姿、そして3人でステージに挑む姿も。

様々な挫折や葛藤を抱えながらも、夢に向かって熱く生きる若者たちの情熱が、音楽を担当したピアノの上原ひろみ、サックスの馬場智章、ドラムの石若駿の演奏するサウンドに乗せて、こちらにまで響いてくる迫力あるとなっている。

本作で主人公・宮本大の声優に抜擢されたのは、主演映画『夜、鳥たちが啼く』が公開中、今年は『ONEPIECE FILM RED』での声優としての活躍や、2023年はNHK大河ドラマ「どうする家康」の出演も控え、2022年エランドール新・新人賞を受賞などいま最も忙しい俳優の一人である山田裕貴。

山田はかねてより原作の大ファンを公言しており、過去にはSNSで原作の台詞に共感し「ドカンと心打たれて揺るがされる。登場人物たちの言葉も最高」と絶賛していた。その作品の主人公を演じることが決定したことを受けて「音楽の作品に、自分の音‥‥声を入れるわけです。ものすごいプレッシャーでした」とコメントしつつ、アフレコに挑んだ感想について「原作でも映画の台本でもアフレコでも涙する」「魂を、音を込めました。」と本作への熱い思いを語った。

山田裕貴×間宮祥太朗×岡山天音が声優決定!「魂を、音を込めた」と熱く演じる 映画『BLUE GIANT』

また、雪祈を演じたのは、今年『破戒』(22)での主演が話題になったほか、演劇界でも活躍の幅を広げ、日経トレンディ2022年今年の顔に選出された間宮祥太朗。間宮は、素晴らしい原作の映画化に携われる事を嬉しく思うと語り、「ジャズの熱、ジャズに生きる若者達の熱、その熱が人に波状していく様、そういったエネルギーに圧倒される映画になるのでは」と期待のコメントを寄せている。

一方、大の高校の同級生でありドラムの玉田を演じたのは、その演技力と個性で様々な役を演じ分け、今年も『キングダム2』『沈黙のパレード』など多数の映像作品への出演が続く岡山天音。岡山は、「大の生き様は作品の受け手である僕自身の既成概念をも破壊してくれます。それは、大がサックスに向ける視線に魅せられた玉田とも通ずる部分かもしれません」と、自身が演じた役と重ね合わせた。

山田裕貴×間宮祥太朗×岡山天音が声優決定!「魂を、音を込めた」と熱く演じる 映画『BLUE GIANT』
SHARE