Feb 03, 2022 news

「これ以上のキャストはいない」映画『355』ジェシカ・チャステインが語るインタビュー映像が公開

A A

ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビンなどの実力者が集結し、世界を救うミッションに挑むスパイ・アクション映画『355』。

この度、本作の発起人の一人であり、最強の格闘スキルを誇るCIA女性エージェント・メイスを演じたジェシカ・チャステインのインタビュー映像が公開された。

『ミッション:インポッシブル』『007』シリーズのような本格派のスパイ・アクションをオール女性キャストで作りたい。そんなジェシカのアイデアからすべては始まった。『355』というタイトルは「“355”は初の女性スパイに与えられたコードネームよ。アメリカの独立戦争でワシントン側のスパイだった。彼女の素性は不明で“355”と記録されているだけ。今でも諜報活動を行う女性は誇りを持って“355”と名乗ると聞いているわ。初の女性スパイに対する敬意を表しているの」と、その由来について解説する。 

演じたのは、最強の格闘スキルを誇るCIA女性エージェント・メイス。「彼女は一匹狼でいかにもスパイという感じね。ちょっと陰気で独りで仕事をしたがるタイプ。でもメイスは問題を解決するため、他人と協力することを学ぶのよ。彼女にとって大事な学びだった」と、役柄を分析している。

「これ以上のキャストはいない」映画『355』ジェシカ・チャステインが語るインタビュー映像が公開

メイス同様、本作のプロデューサー業を通してジェシカ自身にとっても多くの学びがあったようで、「今回最も苦労したのは映画を完成させることよ。想像していたよりもずっと大変なことだった。キャストを決めて、脚本を書いてもらい、そして予算を確保する。脚本を詰めるにもお金が発生するわ。さまざまな手配を進めて、たくさんの契約をまとめたわ。とにかく必死になって準備を進めたの。学ぶことも多かった作品よ」と新たな経験による自身の成長を語る。

自らもコミットしたキャスティングについては「これ以上のキャストはいないわ」と断言し「まず私が共演したい人を挙げたの。ペネロペ・クルスとルピタ・ニョンゴとファン・ビンビンとダイアン・クルーガー、とね。全部私のアイデアだから100%大満足よ。最高のキャストで毎日幸せだったわ」と理想的座組の実現に満足げな笑顔を見せる。

「これ以上のキャストはいない」映画『355』ジェシカ・チャステインが語るインタビュー映像が公開

本格派スパイ・アクション映画『355』は、2月4日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

作品情報
「これ以上のキャストはいない」映画『355』ジェシカ・チャステインが語るインタビュー映像が公開
映画『355』

格闘術のスキルが高いCIAのメイス、過去にトラウマを抱えるBND/ドイツ連邦情報局のマリー、最先端のコンピューター・スペシャリストでMI6のハディージャ、コロンビアの諜報組織に所属の優秀な心理学者グラシー、中国政府で働くリン・ミーシェン。あらゆるセキュリティをくぐり抜け、世界中のインフラや金融システムなどを攻撃可能なデジタル・デバイスが南米で開発され、その途方もなく危険なテクノロジーが闇マーケットに流出しようとしている。この非常事態に対処するため、各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成する。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。果たして第3次世界大戦を阻止することはできるのか。

監督:サイモン・キンバーグ

出演:ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー、ルピタ・ニョンゴ、エドガー・ラミレス、セバスチャン・スタン

配給:キノフィルムズ

©2020 UNIVERSAL STUDIOS. ©355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

2022年2月4日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

公式サイト 355-movie.jp