May 26, 2018 interview

『ONE PIECE』フランキーのモデルは矢尾一樹自身? 原作者・尾田栄一郎との友情から生まれた人気キャラ

A A

矢尾

そうしたらある日、栄一郎から電話がかかってきて、冗談混じりに「どんな役がいい?」って。

平野

あら、うらやましい。なんて応えたの?

矢尾

男っぽくて、無骨な感じが良いよなとか、簡単なリクエストだけしました。あと、もうオカマはいいやって。オカマキャラはボンちゃんで出し切りましたからね。30分ずっと「麦ちゅわーん!!!」って叫び続けるシーンとか、死ぬかと思った(笑)。

平野

何にせよ、フランキーのキャラ作りには、矢尾さんのアイデアも入っているのね。また、結果的には矢尾さんのキャラクターも反映されているんじゃない?

 

 

矢尾

あ、それについて一つどうしても言っておきたいことがあるんですよ。俺、確かに栄一郎とはすごく仲が良くて、お互いの奥さんを連れてWデートとかもよくするほどの仲なんだけど、そこまで付き合いになってもなお、アイツの前でパンイチ(パンツ一丁)になったことはないんです。それなのに、なぜかフランキーはまるで見てきたかのように、ビキニパンツのパンイチで(笑)。いや、確かに自宅ではそんな感じなんですけどね。アイツの観察力というか、想像力は本当にすごい。

平野

そんなフランキー、演じてみてどうだった? お気に入りのシーンはどこ?

矢尾

一番気に入っているのは、栄一郎が気合いを入れて書いてくれた、セニョール・ピンクとの戦いのところですね。あそこは原作サイドからもとことんハードボイルドにやってくれってオーダーが入ってて、とことん渋く演じています。ピンク役の山路和弘さんとはどうしてもスケジュールが合わなくて別録りになってしまったんですが、テストだけは一緒にやらせてもらって、納得できる仕上がりになりました。最後の「いつかまたどこかで会ったら、酒飲みながら……話してくれよ。“ルシアン”って……女の話を」ってセリフはかっこよかったですよね。忘れられないシーンです。

平野

私も最近、マザー・カルメル役で『ONE PIECE』に参加させてもらったんだけど、小山茉美さん演じるビッグ・マムとの絡みは楽しかったわね。若い世代との共演も刺激的ではあるのだけど、彼らとではなかなか叶わない、声優同士の「横の掛け合い」が自然にできるので、それが一番楽しかったですね。やりがいのある現場でした。

 

矢尾一樹はこれからも“舞台”に立ち続ける

 

平野

そして、最後に、矢尾さんの近況も聞かせて。今でも年に1本は舞台に立っているのよね。近いうちにもなにかあるの?

矢尾

5月26日(土)、27日(日)に永島さくらさんという舞台女優さんの舞台生活30周年を記念した公演『「華うたげ」~富貴楼 お倉~』に出演します。これが何と、今どき珍しい大衆演劇。客入れの時にはチンドン屋もやってきて、昔懐かしい雰囲気を味わっていただけるようになっています。

古川

矢尾ちゃんはそこでどんな役をやるの?

矢尾

これがなんと、生まれて初めて、実在の人物を演じます。斎藤弥九郎の長男の斎藤新太郎という、江戸から明治にかけての剣豪役です。刀一筋に生きてきた人が、廃刀令で刀を奪われて、その後どうやって生きていくのだろう、と。これって、声優で言うなら声を奪われるようなものですからね、実際の資料をあたりながら、どう演じるか試行錯誤しています。

平野

この歳になって「初めて」やることがあるってのは良いわよね。そこから何か新しいものが出てくるかしれないってのはワクワクします。

矢尾

さらにそこに、漫才、漫談、マジックといった、伝統芸の人たちも絡んできますからね。それもまたとても新鮮ですよ。

古川

異なるジャンルの人たちとのコラボレーションは得るものも大きくて面白いよね。

平野

やっぱり、矢尾さんは舞台が好きなのね。

矢尾

そうですね! いつまで続けられるか分からないけど、舞台にはできる限り立ち続けたいと思っています。今回の公演はチケットも1枚3000円とお安いので、これまでこういったお芝居を観たことないという人にもおすすめです。ぜひ、お越しください!

 

 

構成・文 / 山下達也
撮影 / 田里弐裸衣

 

プロフィール

 

矢尾一樹(やおかずき)

6月17日生まれ。マックミック所属 特技は剣道二段、剣武道初段。
主な出演作品:【ワンピース】フランキー【超獣機神ダンクーガ】藤原忍【機動戦士ガンダムΖΖ】ジュドー・アーシタ 【燃える!お兄さん】国宝憲一【VS騎士ラムネ&40炎】ダ・サイダー など他多数のアニメ作品に出演。

出演舞台:さくら公演企画第四回公演(5月26日27日)
永島さくら舞台生活30周年記念公演 
「華うたげ」~富貴楼 お倉~
公式サイト
http://nigiwaiza.yafjp.org/perform/archives/15965

 

profile_furukawa

古川登志夫(ふるかわとしお)

7月16日生まれ、栃木県出身。青二プロダクション所属。1970年代から活躍を続け、クールな二枚目から三枚目まで幅広い役を演じこなす。出演している主なアニメーション作品には、TVシリーズ「機動戦士ガンダム」(カイ・シデン役 1979~80年 テレビ朝日)、映画・TVシリーズ「うる星やつら」(諸星あたる役 1981~86年 フジテレビ)、映画・TV「ドラゴンボール」シリーズ(ピッコロ役 1986~ フジテレビ)、映画・OVA・TVシリーズ「機動警察パトレイバー」(篠原遊馬役 1989~90年 日本テレビ)、映画・TV「ONE PIECE」(ポートガス・D・エース役 1999年~)など多数ある。

 

hirano_profile

平野文(ひらのふみ)

1955年東京生まれ。子役から深夜放送『走れ!歌謡曲』のDJを経て、’82年テレビアニメ『うる星やつら』のラム役で声優デビュー。アニメや洋画の吹き替え、テレビ『平成教育委員会』の出題ナレーションやリポーター、ドキュメンタリー番組のナレーション等幅広く活躍。’89年築地魚河岸三代目の小川貢一と見合い結婚。著書『お見合い相手は魚河岸のプリンス』はドラマ『魚河岸のプリンセス』(NHK)の原作にも。

 

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10