Oct 27, 2019 interview

染谷将太×戸田恵梨香が語る映画とドラマの違い、俳優としてのルーツと感化された一冊

A A

亡くなった父親の“通夜ぶるまい”として母親が作る料理をきっかけに、家族が過去の思い出を振り返りながら再び絆を取り戻していくさまを描く映画『最初の晩餐』。主人公の麟太郎役に染谷将太、麟太郎の姉・美也子役に戸田恵梨香、兄のシュン役に窪塚洋介、母親のアキコ役に斉藤由貴、そして父親の日登志役に永瀬正敏という豪華キャストが“家族”を演じている。構想から7年を費やして製作された本作で姉弟役に扮した染谷と戸田が、撮影秘話や家族について、さらには影響を受けた人物や本を語ってくれた。

姉弟を演じる鍵となった“お姉さん感”

──本作の台本を読んだ感想から教えてください。

染谷 とても豊かな台本だなと素直に感動しました。料理によっていろんな記憶や家族の思い出が蘇り、それによって物語が動いていく。そういうシンプルさがいいなと思いましたし、素直に感動したのを覚えています。

戸田 私は台本を読んだ時に、ハっとさせられたのを覚えています。ちょうど私自身も、“子どもが知らない親の事情がある”ということがだんだんわかってきた時期にこのお話をいただいて、家族というのは当たり前の存在ではないんだと改めて気づかされたというか。なので、家族についてもっと探ってみたいと、この台本を読んで思いました。

──その“家族”を染谷さんと戸田さん、永瀬正敏さん、斉藤由貴さん、窪塚洋介さんという豪華な方々が演じられています。キャスティングを知った時はどんなことを感じましたか?

戸田 現場はどんな空間になるんだろうとすごく楽しみではあったのですが、個々のパワーが強すぎて「はたして本当の家族に見えるだろうか?」なんて思ったりもしたんです。それぐらい強めな家族ですよね(笑)。

染谷 たしか本読みの時に初めてみなさんで集まって顔合わせしたのですが、すごくおもしろい家族だなと思った記憶があります。ただただみなさんが集まってしゃべっているだけでドラマになるというか。その時に撮影がすごく楽しみになりました。

──姉弟役を演じるにあたり、お二人はどのようにコミュニケーションを深めていかれたのでしょうか?

染谷 戸田さんはもともとすごく“お姉さん感”がありました。

戸田 ほんとに(笑)?

染谷 ほんとです(笑)。リアルに“お姉さん感”が出ていたので、僕がそこに甘えることができたら姉弟として成立するのではないかなと。だからお芝居で戸田さんに甘えることを意識していました。

戸田 そうだったんだ(笑)。私は染谷くんに対して低血圧そうだなというイメージを持っていて(笑)。

染谷 アタリですね(笑)。

戸田 あはははは(笑)! 実際にお会いしても、やっぱり低血圧そうな方だなと思いました(笑)。とくに姉弟役ということは意識せずに現場でお話ししていたような気がします。

染谷 戸田さんは現場にいろんなサプリや薬を持ってきていて、僕がブヨに刺された時には塗り薬を貸してくれたのですが、そういうところにも“お姉さん感”が出ているなと。洋介さんが体調を崩した際には「これを飲んだらよくなりますよ」と薬を渡していて、完全に“ファーマシー恵梨香”でした(笑)。

戸田 “ファーマシー恵梨香”って(笑)!

──いつも現場にはお薬を持参されるのですか?

戸田 持っていきます。今回すごく役に立ってよかったです(笑)。

染谷 すごくありがたかったです。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10