May 19, 2019 interview

玉森裕太、“財産”と語る『パラレルワールド・ラブストーリー』で得たこと、課題にした監督の言葉

A A

共演者から受けた刺激、“唯一心が穏やかになれた”シーン

――染谷将太さん(親友・智彦役)や吉岡里帆さんと共演してみていかがでしたか?

刺激がたくさんありましたし、盗むところもたくさんありました。役者さんたちだけじゃなく、現場の雰囲気や監督の言葉ひとつひとつも本当に学ぶことが多かったです。

――盗んだことをひとつ教えてください。

染谷くんと向き合ってお芝居していると、やっぱり目力がすごいと感じましたし、目だけで訴えることができるんですよね。

――吉岡さんとはラブシーンもありましたね。

そういうシーンは初めてだったので緊張しましたけど、(役者として)越えなきゃいけない壁だろうなとも思いました。今まで自分になかった考え方が生まれるとか、吸収できることもあるだろうし、自分の中では大きい経験でした。

――これはファンの方は大丈夫なのかなと少し思ってしまいました。

なんか自分でもザワザワしました。これ、親も観るんだろうなぁとか(笑)。玉森裕太として観たらファンの方もきっといろいろ思う人もいるだろうけど、物語として、崇史として観ていただければ、俺は全然構わないと思いました。

――感情を爆発させる演技に対してはいかがでしたか?

そういうシーンでは何度もテイクを重ねて丁寧に撮っていただいたので感じることがたくさんありました。今回、複雑な役をやらせてもらったことも自分の中では財産だし、何も吸収していないわけではないので、また次に活かせたらいいなと思います。

――役者としてもっと欲が出てきたという感じですか?

そうですね。もっといろいろなことやってみたいですし、もっと難しい役はまだまだあるだろうし、そういうことをひとつひとつ自分の中でクリアというか、経験していけたらと思います。

――ご自分の中で一番好きなシーンや、印象に残っているシーンは?

好きというか、唯一心が穏やかになれたのが、麻由子と電車で出会う冒頭のシーン。何も考えることなく、ただ毎週会う、一目惚れした女性を見てキュンとするシーンだったので、日常の好きな一瞬という感じでした。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10