Apr 22, 2018 interview

吉沢亮、面倒くさがりだけど好きな人には合わせる? “ママレード”な一面を明かす

A A

 

幸せになれるのは遊よりも銀太?自分の中の“甘くて苦い”部分とは

 

──撮影のオフ時間はどんなことをしていましたか?

仙台での撮影時は、共演していた日奈子ちゃんや(光希の親友・秋月茗子役の優希)美青ちゃん、大樹と食事に行ったり、大樹とは近くにあった銭湯に行ったりしていました。

──銭湯!

大樹が撮影中に見つけてきて、一緒に行ったんです。二人でサウナに入って、くだらない話を延々としていました(笑)。すごく楽しかったです。

 

 

──『ママレード・ボーイ』は、佐藤さんが演じた銀太派と、吉沢さんが演じた遊派で好きなタイプが分かれるんですけど、吉沢さんはどちらをオススメしたいですか?

幸せになれるのは銀太だと思います(笑)。僕の印象では、少女マンガのキラキラした男って銀太みたいなタイプだと思うんです。ちょっと強引だけど元気で明るくて、すごくいいヤツですよね。対する遊は正反対のタイプ。こんな男の子が主人公の少女マンガもあるんだなって驚きました。やっぱり、男としては同性から好かれるタイプがいいですね。

──佐藤さん自身は、大樹と似てましたか?

そのままでしたね。本当に素直でかわいくて、でも兄貴肌な部分もあるんです。本当にいいヤツでした。

 

 

──映画のタイトルにかけて、吉沢さんにはママレードのようにほろ苦い部分はありますか?

僕は…苦いですよ(笑)。小さな嘘はしょっちゅう付いてます(笑)。

──どんな嘘でしょうか?

友達に誘われても面倒な時は「仕事中だから」って断ったり…(笑)。基本的に面倒くさがりなんです。

 

 

──逆に、甘い部分はありますか?

う~ん。好きな人ができたら相手に合わせるタイプかもしれないですね。例えば、普段は絵文字を使わないけど、好きな人が求めるなら、絵文字も頑張って付けると思います。…甘いでしょ(笑)?

──甘いです(笑)!それくらい恋の力はすごいという事を、この映画も教えてくれますよね。

そうなんですよね。この映画でも、光希と遊が、道端の落ち葉を投げ合って笑ったりするんです。そんなこと、人を好きになる相当なパワーがないと出来ないですよね(笑)。心の中で「ちゃんと後片付けしろよ」って思いましたから(笑)。

 

お酒を飲むと真似してしまう?!愛読マンガの決めポーズ

 

──(笑)。さて、「otoCoto-オトコト-」では、皆さんに愛読書を聞いています。吉沢さんのオススメの本を教えてください。

「ドラゴンボール」です。もともと家にあって、もう8周くらい読み返しています。一番好きなキャラクターは、悟飯。大人になるとちょっとダサくなっちゃうんですけど、青年期の悟飯は本当にかっこいいんですよ。悟空と一緒にかめはめ波を打つシーンは何度読んでも泣けます。

──「ドラゴンボール」から何か教わった事はありますか?

“自由”ですね。世界観がすごく流動的だし、でもカッコいいんですよ。かめはめ波には夢がありますしね。今もお酒を飲むと「かめはめ波が出ないかな?」と思いますから(笑)。

──まさか、やっているんですか?!

やってます(笑)。「幽☆遊☆白書」の“霊丸”も、もしかしたら出ないかなと思って、人差し指に集中したりします(笑)。

──実写化の時は楽しみにしています(笑)!

吉沢 あはは(笑)。

取材・文/吉田可奈
撮影/三橋優美子

 

 

プロフィール

 

吉沢亮(よしざわ・りょう)

1994年生まれ、東京都出身。2009年にデビューし、「仮面ライダーフォーゼ」シリーズ(11~12年)の朔田流星役で注目を集める。2017年には『銀魂』など5本の映画に出演し、今最も勢いのある若手俳優の一人である。主な映画の出演作に『オオカミ少女と黒王子』(16年)、『トモダチゲーム』、『斉木楠雄のΨ難』(17年)、『悪と仮面のルール』、『リバーズ・エッジ』、『レオン』(18年)など。今後の待機作に、『猫は抱くもの』(6月23日公開)、『BLEACH』(7月20日公開)、『あのコの、トリコ。』(18年公開)がある。

 

 

作品情報

 

映画『ママレード・ボーイ』

女子高生の小石川光希(桜井日奈子)は、ある日突然、両親から衝撃の告白を受ける。ハワイ旅行で出会った松浦夫妻と意気投合し、母親がその夫、父親がその妻と恋に落ち、パートナーを交換して再婚するというのだ。しかも松浦夫妻の息子で、光希の同じ年の遊(吉沢亮)も含め、皆で一緒に暮らすことになってしまう。光希は戸惑いながらも、クールな中に優しさを秘めた遊に徐々に惹かれていく。同じく遊も光希に惹かれ、両想いになるが、遊はある日、両親たちの秘密を知ってしまう。遊はその秘密を光希には言わず、一方的に別れを告げ、京都の大学に進学することを選ぶのだった…。

映画『ママレード・ボーイ』
原作:「ママレード・ボーイ」吉住渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子 廣木隆一
出演:桜井日奈子 吉沢亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀れい 中山美穂
音楽:世武裕子
主題歌:GReeeeN「恋」(ユニバーサル ミュージック)
配給:ワーナー・ブラザース映画
2018年4月27日(金)公開
©吉住渉/集英社 ©2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
公式サイト:http://marmaladeboy.jp

 

 

 

原作紹介

 

©吉住渉/集英社

「ママレード・ボーイ」吉住渉/りぼん

1992年から1995年まで「りぼん」(集英社)で連載され、1000万部を突破した伝説的コミック。TVアニメ化や、アニメの前日譚にあたる劇場アニメ版が公開されるなど、高い人気を誇った。2013年より「Cocohana」(集英社)で、今作の13年後を舞台に、光希と遊の妹弟である立夏と朔を主人公にした「ママレード・ボーイ little」が連載中。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10