May 07, 2018 interview

白石和彌監督と松坂桃李が“共に勝負”した『孤狼の血』を熱く語り合う

A A

 

編集段階で気づく“的確なアプローチ”、テンションがあがりっぱなしだった舞台裏

 

──松坂さんが演じた日岡に関して、監督はどんな演出をされたのでしょうか?

白石 日岡はキャラクター的に超絶難しくて、ガミさんと行動を共にすることによって徐々に変化していくんですけど、中には初見では気付かないような変化もたくさんあるんです。それをこちらが細かい演出をしなくても、桃李くんが的確なアプローチで演じてくれていたことに驚きました。それは撮ったものを編集しながら気付いていったんですけど、桃李くんのお芝居は不思議とそういうことが多いんです。普通は現場でいろんなことに気付くのに、桃李くんに関しては、編集しながら「あ、なるほど。このアプローチはさすがだな」と思わされるというか。

 

 

松坂 本当ですか?!そんな風に言ってくださったのは白石監督が初めてです。すごく嬉しいです!僕としては、日岡がある出来事の後にいろんな真実を知って変わっていく姿を徐々に見せたかったので、そこはすごく意識して演じていました。後半になっていきなり日岡が変わってしまったら、「なんで?」と、観客の皆さんに違和感を覚えさせてしまうかもしれないと思ったので。

 

 

──今作は、生々しい暴力描写の連続で、アドレナリンが放出されっぱなしでした。お二人が撮影中に一番テンションがあがったシーンを教えていただけますか。

白石 ファーストカットのパチンコ屋に入る直前のガミさんと日岡が歩いているシーンです。支度が終わって外に出てきた二人を見て、一気にこの作品の世界観が見えたというか。このシーンの撮影でカットをかけた瞬間に役所さんが「緊張した~」とおっしゃっていて、役所さんほどのベテラン俳優でも緊張するんだなと思ったことも強く印象に残っています。

松坂 僕は撮影よりも前からテンションがあがっていて、まず日岡を演じることが決まった時、それから衣装合わせの時にもテンションがあがりました。

白石 そんなこと言ったら、僕はもっと遡って企画の段階からテンションがあがってるけどね(笑)。

 

 

松坂 そうですよね(笑)。でも本当にこの映画は徐々にテンションがヒートアップしていって、クランクインが待ち遠しかったんです。撮影でテンションがあがったのは“真珠”を取り出すシーン。これは絶対に使えないだろうなと思っていたんですけど、試写で観たら使われていて驚きました(笑)。あのシーンの撮影はすごく楽しかったです。

 

 

監督、濡れ場シーンで松坂を茶化す?!「妙にハードルを上げてくるんです(笑)」(松坂)

 

──今作で撮影中に監督からの無茶振りはありましたか?

松坂 無茶振りは無かったですけど、濡れ場のシーンの時に茶化すのだけはやめていただきたいです(笑)。なぜか妙に、監督がハードルを上げてくるんですよ(笑)。

──以前、「服を脱がせるシーンは桃李くんの右に出る者はいない」と監督がおっしゃったと聞きました(笑)。

白石 今も桃李くんの右に出る者はいないと思ってますよ(笑)。

松坂 たくさんいますよ(笑)。

 

 

白石 『娼年』(18年)の現場でも、三浦(大輔)監督はあまり演出しなかったでしょ?

松坂 いやいや、『娼年』はかなりリハーサルやりましたし、アドリブじゃないですから(笑)。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10