May 20, 2018

インタビュー

大泉洋、小松菜奈に“可愛さ”で張り合う! 『恋は雨上がりのように』爆笑対談

 

2014年から今年の3月まで連載され、各マンガ大賞にランクインした眉月じゅんの「恋は雨上がりのように」を、『帝一の國』(17年)の永井聡がメガホンをとり、小松菜奈と大泉洋の主演で映画化。小松はファミレス店長に片想いする女子高生・橘あきらを、大泉は45歳の冴えない店長・近藤正己を魅力的に演じている。初共演ながら和やかムード満載の二人が、ユーモラスな掛け合いを交えながら、今作の撮影秘話を語ってくれた。

 

役の魅力は「真っ直ぐなところ」(小松)、役との違いは「すぐボヤく」(大泉)ところ?!

 

──最初に、今作の原作を読まれた時の印象をお聞かせいただけますか。

小松 良い意味で懐かしさを感じさせるような絵と色使いがすごく素敵だなと思いました。女子高生と45歳のファミレスの店長のお話というのも面白そうだなと読み進めていったんですけど、“理屈じゃない恋”ってこういうことだなと感じましたし、おじさんと女子高生の恋が爽やかに描かれていたのも好きでした。あきらを演じさせていただいて、さらにこの漫画が大好きになったので、この作品に出合えて良かったなと思います。

 

 

大泉 僕は昔からキュンキュンする漫画が好きだったんですけど…(横で笑っている小松さんを見ながら)、今、気持ち悪いおじさんだなと思ったでしょ?

小松 そんなことないです(笑)。

大泉 「タッチ」や「気まぐれオレンジロード」が大好きで、当時、よくこんな胸キュンなシチュエーションが思い浮かぶなと感心したのを覚えています(笑)。「恋雨」もそういった漫画に近いドキドキ感があって好きでした。恋愛だけじゃなく、陸上という一度は諦めた夢にあきらが向かっていく姿が描かれているところも爽やかで良いですよね。キュンキュンと青春のキラキラしたバランスが非常に良くて、楽しみながら読ませていただきました。

 

 

──原作のあきらちゃんと近藤さんのどんなところに魅力を感じましたか?

小松 あきらちゃんは、人に対して堂々とぶつかっていく真っ直ぐなところが読んでいて気持ちがいいというか、そういう女の子っていいなと思いました。不器用なところも可愛くて守ってあげたくなりますし、表情には出さないですが、いろんな気持ちを抱えている見た目とのギャップも好きです。私もよく学生の頃は「怒ってる?」って聞かれたりしたので、あきらの気持ちが少し分かるんです(笑)。

 

 

大泉 小松さんは原作のあきらに見た目が似てるよね。僕が演じた近藤に関しては、温かくて優しいところがいいなと思いました。私も優しいんですけどね、近藤と比べるとちょっとめんどくさいかもしれない。近藤はそんなにボヤかないと思うけど、僕はすぐボヤきますから(笑)。

 

 

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加