Dec 11, 2021 interview

「僕はたけしさんを芸人としてすごく尊敬している」監督・劇団ひとりが『浅草キッド』を語る

A A

もう一度打席に立ちたい

池ノ辺 では、最後に聞かせてください。ひとり監督にとって映画って何ですか?

ひとり 子どもの頃って、ままごととか仮面ライダーごっことかやったじゃないですか。あれを超一流のスタッフと本気で作っている気がしますね。

池ノ辺 時間が経つのも忘れるほど楽しめたってことですね?

ひとり それはもう本当に、めちゃくちゃ楽しかったですよ。人生っていろいろシンドイことあるじゃないですか。人生のシンドさが、全部この手のシンドさだったら良いのになって思えるぐらい。

池ノ辺 じゃあ、まだまだ撮っていきたいということですね。お話をうかがっていると、Netflixで今後も撮ってみたいんじゃないですか?

ひとり やりたいですね。Netflixって今まで他では見たことがないものを見せてくれますからね。『イカゲーム』しかり、最近僕が好きな『メイドの手帖』とか『ストレンジャー・シングス 未知の世界』もそうだし、『クイーンズ・ギャンビット』とかも見ていると、面白い作品を作りたいって言ってきたら、まずやらせてみるような感じがNetflixにはありますね。初打席の作品に対して、思い切りバットを振ってこいって言ってくれるような。

池ノ辺 空振りしたら、どうなるんです?

ひとり もう二度と打席に立たされないだろうって感じがします(笑)。

池ノ辺 そういう緊張感も持ちながら、作っていったわけですね? でも『浅草キッド』は大丈夫です。トップになると思います。

ひとり Netflixって数字が出ないのが、ものすごくありがたいなと思っていたんですよ。視聴率や興行収入も出ないって、こんなありがたいことはないんですよ。プレッシャーも無くて、何の証拠もなく「評判良かったですよ」って言えるでしょ。それは良いなと思っていたら、最近になってNetflixもランキングを出すようになったらしいじゃないですか?

池ノ辺 全世界の視聴者数ランキングが出るようになったんですよ。日本もトップ1から10が出るんです。

ひとり なんちゅう余計なことをしてくれたんだろう(笑)。

「僕はたけしさんを芸人としてすごく尊敬している」監督・劇団ひとりが『浅草キッド』を語る

インタビュー / 池ノ辺直子
構成・文 / 吉田伊知郎
撮影 / 吉田周平

プロフィール
劇団ひとり (げきだん ひとり)

監督 / 脚本

1977年、千葉県生まれ。1993年にコンビとしてデビュー後、2000年より劇団ひとりとして活動をスタート。数々のバラエティ番組で活躍する一方、2006年に初の小説「陰日向に咲く」(幻冬社)を発売。100万部のベストセラーとなり、直木賞、本屋大賞にもノミネートされる。2014年公開、初監督映画『青天の霹靂』で第6回TAMA映画賞・最優秀新人監督賞、第24回東京スポーツ映画大賞新人賞受賞。また2019年にはドラマ「べしゃり暮らし」(EX)全8話の演出を手がける。

作品情報
「僕はたけしさんを芸人としてすごく尊敬している」監督・劇団ひとりが『浅草キッド』を語る
Netflix映画『浅草キッド』

舞台は昭和40年代の浅草。大学を中退し、“ストリップとお笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、東八郎や萩本欽一ら数々の芸人を育ててきた・深見千三郎に弟子入りしたタケシ。舞台の上だけでなく日常生活においても芸人たる心構えを求める深見の元、タケシは芸人としての成功を夢見て“笑い”の修行に励んでいたが、テレビの普及と共に演芸場に足を運ぶ人は減る一方…。お茶の間を席巻した大人気芸人を数々育てながら、自身はテレビに出演することがほぼ無かったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見との日々、個性と才能に溢れる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描いた青春映画。

監督・脚本:劇団ひとり

原作:ビートたけし「浅草キッド」

出演:大泉洋、柳楽優弥、門脇麦、土屋伸之、中島歩、古澤裕介、小牧那凪、大島蓉子、尾上寛之、風間杜夫、鈴木保奈美

配信中

公式サイト netflix.com/jp/title/81317135

池ノ辺直子

映像ディレクター。株式会社バカ・ザ・バッカ代表取締役社長
これまでに手がけた予告篇は、「ボディーガード」「フォレスト・ガンプ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ」「マディソン郡の橋」「トップガン」「羊たちの沈黙」「博士と彼女のセオリー」「シェイプ・オブ・ウォーター」「ノマドランド」「ザ・メニュー」ほか1100本以上。
著書に「映画は予告篇が面白い」(光文社刊)がある。 WOWOWプラス審議委員、 予告編上映カフェ「 Café WASUGAZEN」も運営もしている。
映画が大好きな業界の人たちと語り合う「映画は愛よ!!」記事一覧はこちら