May 10, 2021 interview

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』公開記念!映画パーソナリティ&ライターによるラブコメ愛を語る会【第2回】

A A

フランスで大ヒットした『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督と、『エール!』の製作陣が再タッグを組んだ最新作『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』。フランスの権威ある映画サイト「ALLOCINE」の、2010年代のラブコメ映画ランキングで、名作『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』を抑え、堂々の1位を獲得した本作が、5月7日(金)より全国順次公開中だ。

それを記念し、otocotoでは人気の映画パーソナリティ&ライターの女性3人による座談会を実施!本作についてはもちろん、作中でも影響が見て取れるハリウッド名作ラブコメから、最新の映画事情まで、「ラブコメ&ラブストーリー映画愛」をたっぷり全3回にわたって掲載する。第2回となる今回は、公開された本作について、それぞれの感想やキャラクターについて掘り下げ、トークしていく(ネタバレはほぼないものの、冒頭シーンなどに触れるため、気になる方はぜひご鑑賞後にお楽しみください)。

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』公開記念!映画パーソナリティ&ライターによるラブコメ愛を語る会【第1回】


◆出演者
奥浜レイラ(映画・音楽パーソナリティ)

1984年 神奈川県出身。情報番組のレポーターを経て、映画のプレミアなど舞台挨拶、トークイベントの司会やテレビ・ラジオの音楽番組でMCを務める。

赤山恭子(映画ライター/インタビュアー)
エンタメ誌編集、ハリウッドメジャー映画のディストリビューターを経てフリーに。映画監督、俳優など年間延べ300人以上にインタビュー、各媒体で掲載。レギュラーでは、VOGUE GIRLにて最新レコメンドムービーコーナーを担当中。

DIZ(映画ライター/編集者)
主にSNSで映画の素晴らしさを伝える活動をしている映画ライター・編集者。映画とファンをつなぐメディア「uni」(@uni_cinema)にて多数映画イベントを主催。常に幅広いジャンルの映画をチェックしている。


―『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』をご覧になった、率直なご感想を聞かせてください。

DIZ:一年前に試写で観た時と、最近観た時で印象が変わっていて。(※新型コロナウイルスの影響により公開が1年延期された)それは自分の人生が変わったからこの映画の感想も変わったのかなと思っていて。最近フリーランスになって、ありがたいことに仕事を沢山頂いている状態で。もちろんラファエルほどは成功していないですが、彼に感情移入しやすくなっていたんですよ。大切な人を顧みないで仕事に集中してしまうラファエルに、より自分を重ねてしまいました。

赤山:一年前は全然違うようにご覧になっていたんですか?ラファエルの視点ではなく?

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』公開記念!映画パーソナリティ&ライターによるラブコメ愛を語る会【第2回】
DIZ(映画ライター/編集者)

DIZ:そうですね、一年前はそれこそオリヴィアの視点で観ていたと思います。だから観るタイミングとか、自分の人生の段階で受け取り方が変わる作品だなって感じました。

赤山:どっち方がより響きましたか?

DIZ:失っちゃいけないものの大切さを教えてくれる話だと思うので、今の方がやっぱり心に響きましたね。もちろん一年前に観た時も、すごく素敵な話だと思ったけど、今はより自分の物語として観れるというか。

奥浜:深く沁み込んだんですね。

赤山:私は先日初めて拝見したんですが、「お決まりの展開はないけれど、王道のラブストーリー」っていう印象でした。一昔前だったら全然違う終わり方だったはず。最初は、ラファエルに対して「なんて身勝手な男!」っていう印象で観ていたんですが、観終わった後はあんな風に変わって、寄り添えるような男性になったなんて素敵だなって思いました。その移り変わりがとっても自然だから、きっとオリヴィアはまた恋をしたんでしょうね。

ラブセカンドサイト座談会2
赤山恭子(映画ライター/インタビュアー)

あとは、ラファエルとオリヴィアの関係性を見て、「運命」を信じたくなりましたね。<もう一つの世界>に行っても、元の世界からはお互い変わっているのに惹かれてしまう。絆の強さを感じました。冒頭の映像も良かったですね。始まってすぐ二人が結婚して10年過ごすまでの見せ方がとっても好きでした。

DIZ:テンポが良かったですよね。

赤山:説明台詞じゃないところが今っぽいですよね。「時が経ちました!」って場面転換するのではなく、ちゃんと見せてくれたところが好きでした。

―あの冒頭シーンは、撮影前の準備としてユーゴ・ジェラン監督とラファエル役のフランソワ・シビル、オリヴィア役のジョセフィーヌ・ジャピの三人だけの旅行で、カップルの振りをして撮影された映像が使われているそうです。

赤山:へー!なんか自然でしたね。

DIZ:確かに家の中に手を引いて走ってくるシーンとか、一緒に旅行してるのかなって思うところもありましたね。

奥浜:ウエディングドレスで自転車に乗ってるシーンがかわいかった!

個人的なことなんですが、私は結婚して数年経ってつくづく感じるのは、相手のことを知ったからこそ恋に落ちて、恋愛してるときに知り尽くしたと思ったんですけど、実はそこからがとても大事なんですよね。「違和感を見つけた時にその都度対話をしていかないと、お互いのチューニングが合わなくなっていくことがあるんだな」と身につまされて…。本作でもラファエルが忙しくなって、オリヴィアとすれ違ってしまいますよね。

ラブセカンドサイト座談会2
奥浜レイラ(映画・音楽パーソナリティ)

元の世界では、二人が出会って横並びで座っているシーンがあるんですが、<もう一つの世界>に行ってから、ラファエルは「もっと一人の人間としてオリヴィアを知らないといけないんだな」って気付くんです。そこからのシーンでは、二人は向かい合って座っているんですよね。「そうそう膝をつき合わせて相手を知るってこういうことだよね」と思いました。男と女という関係性ではなくて、一個人として知ろうとするところがすごく沁みて、必要なことだよねと痛感しました。

赤山:ラファエルが元の世界でオリヴィアを知っているからこそ、<もう一つの世界>で用意したものはことごとく上手くいかないんでしょうね。でもちゃんと向き合ったら上手くいくようになる。

奥浜:人として心を通い合わせるって、どの味のマドレーヌが好きか知るような表層的なことだけじゃないですよね。「彼女が何を考えて生きているのか、何を大事に思って生きているのか」っていうのを知った時に、再び恋が始まったんだろうなって感じました。自分の夫婦生活や家庭と重ね合わせて観てしまいました。

―皆さんはそれぞれ、共感したキャラクターや推しキャラクターはいましたか?一般の方向けの試写会アンケートでは、オリヴィアやフェリックスはもちろん、やはり主人公としてラファエルも人気だったようです。

奥浜:そっかそっか、途中で自分本位だったことに気付いて変わる努力をしたから人気なんですね!

赤山:ラブコメにおいてフェリックスのようなキャラクターってとっても重要ですよね。友達が何か動かしてくれるってやっぱりあるもんな…。

奥浜:彼はコメディーの部分も担っていましたよね。

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』公開記念!映画パーソナリティ&ライターによるラブコメ愛を語る会【第2回】
 映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから
主人公ラファエル(右)と親友のフェリックス(左)

―若い頃のビル・マーレイっぽさもありますよね。

奥浜:確かに(笑)。あとやっぱりオリヴィアは本当に魅力的でしたね。そこってすごく重要な要素じゃないですか。いわゆる美人だからってことじゃなくて、チャーミングかどうか。彼女には目を奪われました。

―笑顔がすごくいいですよね。お上品にも笑うんですけど、口を大きく開けて爆笑もする。

奥浜:それでいて非常にインテリジェンスを感じる。眼鏡も似合っていてかわいかったです。

赤山:元の世界でラファエルと出会った頃は、いわゆるモテることを全然意識していない感じですよね。あんなにきれいなのに、ちょっと野暮ったさもあるっていう。自然体ですくすく育って、それが故に人気作家のラファエルに振り回されたりもするけれど、立場が逆転した<もう一つの世界>では、成功者としてのピアニストの姿が嫌味っぽく映らないみたいな。そういうところが共感を呼びますよね。湖に入っていくシーンとか、自分からキスしちゃうところとかかわいかったな。

奥浜:カマルグの別荘に行って、レストランで食事をしている時の酔っぱらい方がめちゃくちゃかわいかった!「これは好きになるわ!」っていう(笑)。知的な女性が気を許している姿っていうのはいいですね…。

赤山:ラブコメのヒロインって、性格はちょっときつめっていうか、自己主張や表現が強いキャラクターも多いですよね。特にハリウッドメジャーだと多い気がするんですが、オリヴィアってそういうのが全然ないですよね。ラブコメの型にはまっていないヒロインっぽさがすごく素敵でした。

奥浜:秘めてる感じがしますよね。寂しさとかも。寝姿でそれを表現するシーンもあったり。

DIZ:オリヴィアは、成功しても変わらずにファンの方とかにも謙虚で優しい、ちゃんと一人ひとり名前を覚えたりするところも「全然ラファエルと違うじゃん」、と思いました(笑)。本質が違うのかなという感じがしました。

奥浜:彼女は違う人生をやり直さなくてよい(笑)。

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』公開記念!映画パーソナリティ&ライターによるラブコメ愛を語る会【第2回】
 映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから
ラファエルが一目惚れして結婚したオリヴィア

DIZ:それを感じたんでしょうね、ラファエルも。オリヴィアは成功しても本質は変わらず優しいままっていうところが本当に魅力的でしたね。ラファエルのディスりで終わってしまうので、彼のいいところも話しましょう(笑)。

奥浜:ラファエルは、後半良くなりましたよね。自分の行いや他者の感情への解像度が高くなっていったというか。自分の悪いところを受け入れる態勢が整っていく感じがしましたね。

赤山:「くそ!」とか言いながら頑張れるところは良いなと思いました。男性に限らずプライドが高いと、やり直す時もあんな風に出来ないと思うんですよ。ラファエルで言うと、<もう一つの世界>で彼女が自分を知らなくてサインをするところで、「もういいや」ってなってしまうと思うんです。でも何とか食い付いて、振り向いてもらおうとするわけで。そういうガッツは彼のキュートさなのかなと思いました。

奥浜:彼女へのこだわりや執着だけで終わる人もきっと多いと思うんですよ。振り向いたところでお終いというか。そこで終わっていないのが彼の良さですよね。あと他のキャラクターで言うと、オリヴィアのおばあちゃん役のエディット・スコブがすごく良かったです。

赤山:療養施設がとてもクラシックで素敵な外観ですし、フランスはああいう建物が本当に沢山あるんでしょうね。心温まるようなシーンをあのおばあちゃんが生み出してくださってましたね。

奥浜:本質を見抜くおばあちゃんというのがいいなと思いましたね。助け舟も出してくれるし。

(最終回につづく)


『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』の登場人物における女性陣人気は、まさかの主人公ラファエルでなくその親友フェリックスに集中。ラブコメとはいえ数多くの映画を観てきた彼女たち、登場人物を見る目は甘くない。これから本作をご覧になる方はぜひフェリックスの魅力も味わってきてほしい。

次回で最後になる映画フリークたちの座談会は、本作を監督したユーゴ・ジェランの作品づくりにまでも話は及ぶ。影響を受けたハリウッド往年の名作や近年の話題作との対比など、映画マニア必見の内容となっている。

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』公開記念!映画パーソナリティ&ライターによるラブコメ愛を語る会【第3回】(5月14日頃掲載予定)をお楽しみに!

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』
映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』

高校時代に一目惚れをして結婚した、ラファエルとオリヴィア。結婚10年目を迎え、ベストセラーSF作家として多忙な日々を送るラファエルと小さなピアノ教室を開くオリヴィアは、すれ違いの生活が続いていた。そんなある日、我慢の限界に達したオリヴィアがラファエルに想いをぶつけると大喧嘩に。翌朝、見覚えのない部屋で目覚めたラファエル。そこは、自分がしがない中学教師で、オリヴィアは人気ピアニストとして活躍する、立場が逆転した<もう一つの世界>だった。そして、その世界のオリヴィアはラファエルを知らなかった…

監督:ユーゴ・ジェラン『あしたは最高のはじまり』 キャスト:フランソワ・シビル、ジョセフィーヌ・ジャピ、バンジャマン・ラヴェルネ
配給:シンカ
提供:シンカ、フラッグ、ハピネット
 © 2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS

絶賛上映中!

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10