Apr 02, 2019 column

秘かなブーム、“ライブビューイング“という新しいエンタメの楽しみ方

A A

ロンドン・ナショナル・シアターの演劇は字幕がうれしい

オペラやバレエなら、外国の劇場でも言葉の問題はさほど気にならないけれど、演劇となると話は別。言語が理解できないと圧倒的に不利になるため、最初からあきらめてしまいがちだ。近年「演劇の国」を自負するイギリスのロンドン・ナショナル・シアター(LNT)が始めたNTライブは、そんな言葉の壁を字幕で解決し、どんな複雑なせりふ劇でも、安心して観られるようにしてくれた。

たとえばベネディクト・カンバーバッチやイアン・マッケランなど、映画やテレビでしか見たことがなかったイギリスの人気俳優たちが、実は優れた舞台俳優でもある一面を知ることができ、緊迫した舞台空間ならではの深いドラマや、流麗なせりふ術に酔いしれたり、英国演劇の最新の潮流を感じ取れたりするのも魅力になっている。


4月に上映されるのは『リア王』。名優の名をほしいままにするイアン・マッケランが『リア王』に挑むということは、「シェイクスピア俳優」としての頂点を極めようとする意気込みあってのことに相違なく、そんなベテラン俳優の究極の姿を目に焼き付けておく、またとないチャンスが来たということを意味している。

©︎Johan Persson

 

敷居が高い歌舞伎と、入手困難な宝塚歌劇千秋楽中継

歌舞伎が日本を代表する舞台芸術であることはわかっていても、見慣れないので敷居が高いという人は、まずは映画館で体験してみてはどうだろう。歌舞伎座で上演された、いまは亡き名優の代表作や、人気沸騰で入手困難になった作品が「シネマ歌舞伎」として上映されている。


4月5日(金)より公開の『野田版 桜の森の満開の下』は、現代演劇界を牽引する野田秀樹の代表作を、中村勘九郎(NHK大河ドラマ『いだてん』主演中)・七之助の兄弟を始めとする歌舞伎俳優で歌舞伎化し、新たに生まれ変わった話題作だ。演出は野田自身が担い、せりふは現代語のまま、歌舞伎の様式を随所に活かした大らかな古代物の新作歌舞伎が誕生。妻夫木聡や深津絵里が出演した現代演劇版よりわかりやすいと評判になった。

©︎松竹


宝塚歌劇の千秋楽中継は、もちろんライブ配信。つまりスポーツ競技やコンサートのパブリック・ビューイングと同じ要領で、生の臨場感を共有できるお助けイベントといえる。千秋楽なので、この公演をもって退団する生徒のサヨナラショーや挨拶も漏れなく見られる。悔いを残さないための見納めライブと言えるかもしれない。

文/伊達なつめ

 

 

関連作品紹介

 

©︎Richard Termine/Metropolitan Opera

●METライブビューイング

《ワルキューレ》
上映期間:2019年5月10日(金)〜5月16日(木)
指揮:フィリップ・ジョルダン
演出:ロベール・ルパージュ
出演:クリスティーン・ガーキー、エヴァ=マリア・ヴェストブルック、スチュアート・スケルトン、グリア・グリムスリー、ギュンター・グロイスベック、ジェイミー・バートンほか
上映時間:5時間10分(休憩2回)
MET上演日:2019年3月30日
公式サイト:https://www.shochiku.co.jp/met/

 

©Joan Marcus

●松竹ブロードウェイシネマ

『シー・ラヴズ・ミー』
上映期間:4月19日(金)東劇より限定3週間特別公開、5月24日(金)から大阪なんばパークスシネマ&名古屋ミッドランドスクエア シネマにて限定公開
脚本:ジョー・マスタロフ
作曲:ジェリー・ボック
作詞:シェルドン・ハーニック
演出 スコット・エリス
出演:ザッカリー・リーヴァイ ローラ・ベナンティ ジェーン・クラコウスキーほか
上映時間:133分
ブロードウェイ上演:2016年
instagram:https://www.instagram.com/shochikucinema/
Facebook: https://www.facebook.com/ShochikuBroadwayCinema 

 

©Pathe Live

●ボリショイ・バレエin シネマ

『眠れる森の美女』 THE SLEEPING BEAUTY
上映期間:2019 年 4 月24日(水)19:15 開演
音楽:ピョートル・チャイコフスキー
振付:ユーリー・グリゴローヴィチ
台本:イワン・フセヴォロジスキ—、マリウス・プティパ
出演:オリガ・スミルノワ(オーロラ姫)、セミョーン・チュージン(デジレ王子)ほか
上映時間: 170分
ボリショイ劇場上演:2017 年 1 月 22日
公式サイト:http://bolshoi-cinema.jp/

 

©︎Johan Persson / Royal Opera House

●英国ロイヤル・オペラ・ハウス・シネマシーズン

『ドン・キホーテ』
上映期間:2019/5/17(金)〜2019/5/23(木)
音楽:レオン・ミンクス
振付:マリウス・プティパ
追加振付:カルロス・アコスタ
出演:高田茜(キトリ)、アレクサンダー・キャンベル(バジル)ほか
上映時間:3時間19分(予定)ロイヤルオペラハウス上演:2019年2月19日
公式サイト:http://tohotowa.co.jp/roh/

 

©︎Johan Persson

●NTライブ

『リア王』
上映期間:2019/4/19(金)〜4/25(木)
作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:ジョナサン・マンビィ
出演:イアン・マッケラン ほか
上映時間:3 時間 40 分(休憩あり)
デューク・オブ・ヨークス劇場(ロンドン)上演日:2018年9月27日
公式サイト:https://www.ntlive.jp/

 

●シネマ歌舞伎

『野田版 桜の森の満開の下』
上映期間:2019年4月5日(金)〜4月25日(木)
作・演出:野田秀樹(坂口安吾作品集より)
出演:中村勘九郎、市川染五郎(現:松本幸四郎)、中村七之助、中村扇雀ほか
上映時間:133分
歌舞伎座上演:2017年8月
公式サイト:https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

 

●ライブビューイング・ジャパン

宝塚歌劇 月組宝塚大劇場公演
『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』『クルンテープ 天使の都』千秋楽 ライブ中継
2019年4月15日(月)13:00開演
公式サイト:https://liveviewing.jp/contents/mugenmuso/

 

宝塚歌劇 花組東京宝塚劇場公演
『CASANOVA』千秋楽 ライブ中継
2019年4月28日(日)15:30開演
公式サイト:https://liveviewing.jp/contents/casanova-tokyo/

伊達 なつめ

Natsume Date 演劇ジャーナリスト。演劇、ダンス、ミュージカル、古典芸能など、国内外のあらゆるパフォーミングアーツを取材し、『InRed』『CREA』などの一般誌や、『TJAPAN』などのwebメディアに寄稿。東京芸術劇場企画運営委員、文化庁芸術祭審査委員(2017、2018)など歴任。"The Japan Times"に英訳掲載された寄稿記事の日本語オリジナル原稿はこちら

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10