Jun 29, 2019 regular
#01

『トゥルー・ロマンス』:タランティーノとオタクな青春

A A

若林 ゆり

映画・演劇ジャーナリスト。90年代に映画雑誌『PREMIERE(プレミア)日本版』の編集部で濃い5年間を過ごした後、フリーランスに。「ブラピ」の愛称を発明した本人であり、クエンティン・タランティーノとは’93年の初来日時に出会って意気投合、25年以上にわたって親交を温めている。『BRUTUS』2003年11月1日号「タランティーノによるタランティーノ特集号」では、音楽以外ほぼすべてのページを取材・執筆。現在は『週刊女性』、『映画.com』などで映画評やコラムを執筆。映画に負けないくらい演劇も愛し、『映画.com』でコラム「若林ゆり 舞台.com」を連載している。

クエンティン・タランティーノとは何者か? 映画好きなら先刻ご承知だと思うが、頭の先から足の爪先まで、頭の中もハートもすべて、映画への愛でできているような男。自他ともに認める映画オタクである。ただし、ただのオタクじゃない。彼には、彼のような男がいちばん持っているべきもの――、つまり、才能があった。映画を作り出す才能が、たっぷりと。

タランティーノの監督デビュー作は『レザボア・ドッグス』である。この1作で彼は見事に自分の才能を証明したわけだが、才能があるからといって、あっという間に夢を叶えられるほどハリウッドは甘くない。彼の夢みたとおりに行ったなら、タランティーノの監督デビュー作は『レザボア』よりずっと前に書き上げていた『トゥルー・ロマンス』になるはずだった。この脚本は、彼が自分で監督するために、初めてちゃんと完成させた処女作だったのだ。ところがこの脚本、業界ではあまりいい評価を得られなかった。なぜか? それは、彼に実績とおカネがなかったからだ。

「『トゥルー・ロマンス』は、若かったころの俺、俺の青春そのものだよ」と、この映画の公開当時、タランティーノは語ってくれた。「そのころの俺は、混乱していて、純粋無垢で、愚かだった。カネはない、女の子とつきあったこともない、情熱を傾けられる夢はあっても実現できない……。『トゥルー・ロマンス』は、そんな俺が心に描いた世界なんだ」

彼は20歳を過ぎたころからロサンゼルス、サウスベイのマンハッタン・ビーチにあり、自身が常連だったビデオレンタル店〈ビデオ・アーカイヴス〉で働き始めた。「映画オタクのビデオ店員が夢を叶えた」という有名なサクセス・ストーリーは、ここから始まる。このビデオ店がすごいのは、「店員みんなが単なるオタクではなく、クリエイティビティあふれるやつらばっかりだった」こと。『パルプ・フィクション』を共同執筆し、タランティーノより1年遅れて『キリング・ゾーイ』で監督デビューした(『トゥルー・ロマンス』の原案も書いたといわれている)、ロジャー・エイヴァリーもそのひとり。店員たちは仲間であり、ファミリーだった。そこで初めてビデオ漬けになったわけではなく、超人級だった映画の知識量を生かせる仕事に就いたというところだ。

True Romance © 1993 Morgan Creek Productions, Inc. Package Design ©2014 Morgan Creek Productions, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

店員仲間で『キル・ビル』などのグラフィック・デザイナーも担当したジェリー・マルティネスは言う。「クエンティンは映画の知識が店員仲間の中でもピカイチで、客の映画コンシェルジュみたいなこともしていたね。ブロックバスター映画しか観ないような客は、彼が映画についてしゃべる内容に目を丸くしていたよ(笑)。店員仲間の結束は固かった。みんながみんな同じレベルの情熱と芸術への愛、野心を持っていたんだから、いま思えば奇跡みたいだ」

タランティーノは店員仲間の協力を得て2本の自主製作映画を撮ったが、思うような仕上がりを得ることはできずに終わる。しかしながらこの経験は、映画作りの勉強にはなった。そこで、仲間たちに共通する青春のモヤモヤすべてを爆発的に昇華させ、そんなモヤモヤには今度こそ別れを告げてやる決意で書き上げたのが、この『トゥルー・ロマンス』というわけだ。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10