Dec 13, 2022 news

米・有力誌がこぞって年間TOP映画に選出する 映画『別れる決心』作品賞(非英語作品)にノミネート!第80回ゴールデン・グローブ賞

A A

本年度のアカデミー賞国際長編映画賞部門の韓国代表に選出、カンヌ国際映画祭コンペティション部門で監督賞を受賞した、パク・チャヌク監督最新作、映画『別れる決心』。

この度、アカデミー賞の前哨戦としても注目度の高い第80回ゴールデン・グローブ賞にて、作品賞-非英語作品(旧・外国語映画賞)にノミネートされた。

2020年、第77回ゴールデン・グローブ賞にて韓国映画として史上初の「外国語映画賞」を受賞し、アカデミー賞作品賞に輝いた『パラサイト 半地下の家族』や、昨年日本映画として62年ぶりに「作品賞-非英語作品(旧・外国語映画賞)」を獲得し、アカデミー賞国際長編映画賞を受賞した『ドライブ・マイ・カー』に続き、偉業達成となるか、大注目。

本作は、今年5月のカンヌ国際映画祭コンペティション部門での監督賞受賞以来、世界の批評家・映画サイトから絶賛を浴び、本年度アカデミー賞国際長編映画賞部門の韓国代表に選出。韓国では公開後に発売された脚本集がベストセラー1位を獲得、決めセリフがSNSで流行、BTS のメンバーRMも複数回鑑賞するほどハマったと自身のSNSやYouTubeで報告するなど、社会現象ともいえるブームを巻き起こしている。

監督を務めるのはパク・チャヌク。『オールド・ボーイ』(03)で第57回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞。その後『渇き』(09)、『イノセント・ガーデン』(13)、『お嬢さん』(16)など唯一無二の作品で世界中の観客と批評家を唸らせ続けてきた巨匠の6年ぶりの最新作は、サスペンスとロマンスが溶け合う珠玉のドラマ。

主演は『殺人の追憶』(03)、『グエムル ~漢江の怪物~』(06)とポン・ジュノ監督作品への出演で一躍注目を集め、ドラマ、アクション、時代劇などキャリアを通して幅広い分野で活躍しているパク・ヘイルと、アン・リー監督『ラスト、コーション』(07)でヒロインを演じ一躍国際的な女優としての地位を確立、『ブラックハット』(15/マイケル・マン監督)でハリウッドにも進出しているタン・ウェイ。

韓国の“アカデミー賞”とも称される、最も権威ある映画祭、青龍賞で最優秀作品賞・監督賞をはじめ7冠を獲得、先日発表された大鐘賞でも作品賞、脚本賞、主演男優賞の3冠を獲得。他にも〈韓国映画制作家協会賞〉では作品賞・脚本賞をはじめ6冠、〈韓国映画評論家賞〉では最優秀作品賞・監督賞・作家賞・主演女優賞など6冠獲得などと韓国国内の映画賞を軒並み受賞。

その勢いは国内に留まらず、米「ニューヨーク・タイムズ」紙や「ローリングストーン」誌、「インディ・ワイヤー」誌などが選ぶ今年の映画ベスト10にも選出されるなど、国内外から熱い注目を集め世界中を魅了している。

作品情報
米・有力誌がこぞって年間TOP映画に選出する 映画『別れる決心』作品賞(非英語作品)にノミネート!第80回ゴールデン・グローブ賞
映画『別れる決心』

男が山頂から転落死した事件を追う刑事ヘジュンと、被害者の妻ソレは捜査中に出会った。取り調べが進む中で、お互いの視線は交差し、それぞれの胸に言葉にならない感情が湧き上がってくる。いつしか刑事ヘジュンはソレに惹かれ、彼女もまたへジュンに特別な想いを抱き始める。やがて捜査の糸口が見つかり、事件は解決したかに思えた。しかし、それは相手への想いと疑惑が渦巻く“愛の迷路”のはじまりだった‥‥。

監督:パク・チャヌク

出演:パク・ヘイル、タン・ウェイ、イ・ジョンヒョン、コ・ギョンピョ

配給:ハピネットファントム・スタジオ

© 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED

2023年2月17日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国

公式サイト happinet-phantom.com/wakare-movie

SHARE